• もっと見る

2022年08月09日

令和4年8月9日火曜

気のせいではないだろうが、検査を受けに来る方、問い合わせの電話もほんの少し、減少したような気がした昨日、帰宅してテレビで全国の新規発生患者数を見ると13万人か14万人程度。20から25万人程度の発生者数であった先週、先々週と比較すると、第7波もピークをやや超えたのかと思う。それにしても・・・今までの波とちがうところは・・・外国人のクラスターが止まらない。昨日の外国人患者総数は22人、そのうち、新型コロナの感染が抗原検査により明らかになった人は9人にものぼり、さらに1人がPCR検査の結果待ちとなっている。9人のうちの8人がフィリピン人。彼らの家庭内感染もしばらく続きそうだ。朝、発熱患者がクリニックの外に並んでいるのが「普通」の光景になりつつある。シャッターをあけて、院内に入る人たちと外に待機する人たちと・・・・この外に待機して検査を待つ中にフィリピン人女性が数人、そして抗原検査を施行するためにそばに行くと・・彼女が立っている横の壁にもたれかかって笑っている男性がいた。二日前の6日土曜日にPCRで陽性と判定した彼女のフィリピン人のご主人だ。「外に出ちゃ、行けないと話したでしょ」と注意すると照れ笑いのようなしぐさ。これでは感染は広がるばかりだ。彼の次の言葉で彼の誤解が理解できた。「会社、行ってないよ」。先週の木曜からフィリピン人スタッフが休養中。それで看護師が日本語で説明したからなのか・・自宅療養を「〇〇日までは会社に行ってはいけない」とやさしい日本語で話すと、「会社は行ってはいけないらしいが、ほかならいいのか」という理解をしたらしい。看護師も外に出てはいけないと話しているのだが・・・奥さんも陽性。再度、厳しく自宅療養について話した。
posted by AMDAcenter at 13:35 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック