CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2022年01月31日

令和4年1月31日月曜

29日土曜日の外国人患者は18人。タイ人男性64歳は前日の内視鏡検査での十二指腸潰瘍の説明とピロリ菌について、そして除菌療法の意義とその後の検査についての説明を土曜日にやってくるタイ人スタッフからタイ語で話してもらうために来てもらったもの。僕がタイ人スタッフに日本語で話し、それを横にいるタイ人患者に通訳して話してもらうのだが・・・途中でタイ語に訳が僕の話していることと少しちがうところがあることに気がついて、あらためてタイ語の通訳に指摘した。もし、僕がタイ語がまったくわからなければ見過ごしていただろう。いつも思うことは、今は雨後のたけのこのようにあちらこちらである有料の電話医療通訳だが、同じようなことはないだろうか?と強く感じた。帰国のためのPCR検査と英文書類を求めてやってきたのはブラジル人男性とガーナ人男性。昨日、日曜に判明したPCR検査の結果は陰性であった。S市からやってきたフィリピン人男性、発熱が主訴、クリニックの外でPCR検査を行った。結果は陽性だった。前日にPCR検査を行って陽性と判定されたベルー人男性の奥さんであるベルー人と同居の父親の2人に対してもPCR検査を施行。二人とも予防接種を2回終えていて、奥さんは咳が少し、父親は無症状であった。昨日、判明した結果は奥さんが陽性で父親は陰性。ほかはいつもやってくるフィリピン人が多かった。
 一昨日から神奈川県モデルとして始まった新型コロナの管理システムであるが、医療機関を通さないでの自宅療養でよいということであれば、すでに新型コロナはインフルエンザと同じ5類感染症のような扱いということだろう。7万を超える新たな感染者が国内にいるというのに、厳しい入国制限を行って100人台の感染者を見つける意味が理解できない。1年前の現実と現在の現実は全く異なる。1年前の現実に合わせた対策はすでに建前に近くなっている。建前を現実に合わせて、再度、新たな対応策を考えるときがもうとっくに来ている。建前を変えること、過去の自分の発言を守ることに終始すれば日本の経済、ひいては個々の家庭の経済が破綻してしまうだろう。
posted by AMDAcenter at 14:49 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック