CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年12月28日

令和3年12月28日火曜

熱傷で2か月半ぐらい、包帯交換を繰り返しているフィリピン人女性47歳、年末にさしかかって明日から一週間の年末年始の休診・・・この間をどうしようかと思ってきたが、ここに来て加速度的に皮膚がはってきた。熱傷の場合、治癒傾向が出るまでに時間がかかる。それは褥瘡の治療と同じでこんな治療をしていて大丈夫なのかと患者が思うぐらいに長く時間がかかる。そしてひとたび治癒傾向が見え始めると一日一日、こんなにちがうのかと目を見張るぐらいよくなっていく。彼女の場合も2か月半を経過してようやくここにたどりついたという感じだ。この分なら1月5日の新年最初の診察日には治癒しているかもしれない。朝、久しぶりにカンボジア人のご夫婦が来院。タイのカンボジア国境に近いサケオ県にあったカオイダンのカンボジア難民キャンプから、彼らが定住目的でインドシナ難民大和定住促進センターに入所したときからのつきあいだからもう34年ぐらいになるだろうか。奥様は慢性疾患でずっと通院してくれている。ご主人はヘリコバクター・ピロリの除菌療法のあとの呼気テストのための来院。もう患者と医師という関係ではなく、気の知れた友人同士という関係だ。彼らと話をしながらリラックスしている自分がいる。夜、インターネットニュースを見ていたら1月1日から台湾への入国が厳しくなるとの見出しがあった。こういうところの記事は略していたり、自らの解釈を加えたりとあてにはできないので、台湾の在日大使館に相当する機関のホームページをのぞいてみた。すると「1月1日よりPCR検査は搭乗日を除いた2日前までのものとする」とあった。気をつけないときっと搭乗日を除く48時間以内でなくてはだめとか、勝手な解釈をする空港関係者が現れかねない。よく読むと現行については「搭乗日の3日前まで」と書いてあって「72時間以内」とは書いてない。だから現行、「72時間以内でなければだめ」というのも「勝手な解釈」なのだ。勝手な解釈で搭乗許可をするとかしないとか、あるいは旅行代理店が客に言うのはやめてほしい。僕の言うことより当然だが、旅行関係者の話したことを信用するからだ。さて、「3日以内」が「搭乗日を除く2日以内」となって何が違うのか、しばらく考えてしまった。何がちがうのだろう?
posted by AMDAcenter at 10:09 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック