CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年05月31日

令和3年5月31日月曜

29日の土曜日の診療。2カ月ほど名古屋に出張していたが、その間に血圧が上昇したと言う。たしかに170/110ぐらい、2カ月前に処方していた薬は毎日欠かさず内服していたそうだ。やむをえず、処方薬を変えて、もう少し強く降圧効果が得られるようにしてみた。インドシナ難民として定住目的で日本政府に受け入れられたカンボジア人女性70歳、住んでいるところの役所の新型コロナワクチン接種コールセンターに何度電話してもかからないとのこと。ときどきやってくるご主人ともども僕のクリニックで接種してもらえないかという相談。彼女はおよそ1カ月に1回通院してきてくれるので、「だいじょうぶ、ここで受けられますよ」と言うと、よほど意外に感じたのか、すごく喜んでくれた。隣のY市在住なのでこの場で予約リストに加えてあげてもいいのだが、次の予約開始が6月1日の朝と決めているので、ほかの人たち同様、当日の朝、直接クリニックに来るか、あるいは電話で予約を取ってもらうことにした。午後1時に診療を終えてから引き続き、2ラインで36人のワクチン接種を開始。80代の人が圧倒的に多いので、付き添いの人は外で待ってもらった。小児科と外科の待合室に座っていただいて、医師2名が 接種を受ける人のところに行って接種する方法 を選択したので、前半の18人については15分程度で終了、しばらく休んでいただいて後半の18人と交代、やはり15分程度で終了した。この中にインドシナ難民として定住目的で日本政府に受け入れられたベトナム人のご夫婦の姿があった。奥様は認知が進んで最近はクリニックに来てくれないが、久しぶりに目があったが、お子さんに手を引かれたその目はうつろで、僕を認識しているようではなかった。ご主人ともども無事に接種を終了。30日の日曜日の朝、前日にPCR検査を受けた人達にいち早く結果を知らせてあげようとクリニックにやってきた。幸い、陽性者はゼロ、検査を受けたうちの一人、ベトナム系タイ人に電話をして結果が陰性だと教えてあげた。喜んでくれた。電話を切ろうとすると「ちょっと待って」と言う。続けて自分のワクチン接種について、いつごろできるかと質問してきた。市内在住で年齢は55歳、本人が言うにはすでに本人宛に役所から予診票と接種券が入った黄色い封筒が送られて来たという。たしか、55歳の人の予診票の配布は7月中旬以後と役所から聞いていた記憶があるので、「それはちがうものだろう」と言うと、「いや、これに間違いない」との返事。今日の月曜日、その封筒をクリニックに持ってきてくれるように頼んだ。中味の確認のため。あとで知り合いの市の職員に電話して訊ねたら、「それはありえない」という返事だった。
posted by AMDAcenter at 09:01 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック