CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月30日

令和3年3月30日火曜

海外渡航のために受診する外国人も併せて昨日は22人の外国人患者。日本人を併せた患者総計が90人なので24.4%ぐらい。フィリピン人女性52歳女性、血圧が上がり、胸が苦しいと来院。3カ月前までは定期的に降圧剤を内服していたのに・・・よくなったと思ってやめたそうだ。毎回毎回、口を酸っぱくして「やめたらまた上がるよ、薬で下げているだけなのだから・・」と話している僕の努力が虚しく、がっかりする。いつも不思議なのは、こういうケース、医師である僕ががっかりしているのに、患者であるフィリピンの人たちはにこにこして「ごめんね、ドク」と言う。それだけ、僕と彼らの間が近いと考えればそれはそれでうれしいのだが・・・そういうときはその昔、クリニックに通ってきていたフィリピン人女性の話をする。北隣のS市に住んでいた40台のRさん。通院は気が向いたとき、すなわち何か症状があってがまんできないとき。そして日中は事務員として働いていて、夜は少し遠方のフィリピンパブで深夜までダブルワーク。おまけにお酒好き。そんなことをしていると死んでしまうよと注意しても、「それならフィリピンにいる家族にお金送れない、先生、お金くれる?」と冗談交じりに言う。聞けば、毎月30万円も送っていたそうだ。フィリピンの家族はこれでは働く必要がないだろう。しかも、お金を送るのが少しでも遅くなると、催促の電話がかかってくるという。この手の話はほぼ全てのフィリピン人患者に共通している。そしてある日の朝、日本人のご主人がベッドで亡くなっている彼女を見つけた。こうなっては遅いのだ。そしてこうなったらフィリピンの家族にも仕送りができなくなってしまう。だから健康でいてね、慢性疾患の薬はきちんと飲んでねというところに話は落ち着くのだが・・こういうケースが後を絶たない。なぜ?かいつも考える。お金の問題?たしかにみな、お金には苦労している。でも少数だが、きちんと通院してくれる人もいる。要するにいい加減なのだと気がついた。憎めないいい加減さ。
posted by AMDAcenter at 08:54 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック