CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年03月23日

令和3年3月23日火曜

タイ人女性44歳、胸が苦しい時があると来院。よく聞くと数年前からときどき同じような症状があり、昨年のはじめに一時帰国したときには胸部CTまで撮ってもらったが、なんでもないと言われ、鎮痛剤を処方されたとのことだった。今回は主に心臓疾患ではないかと心配しているようだった。血圧は全くの正常範囲内、脈拍も異状なし、念のために胸部レントゲン写真と心電図を撮ってみたが、いずれも異常所見がなかった。本人も腑に落ちないようだったので問診を続けていくと、体位を変換すると痛みが増強したり、なくなってしまうこともあるということがわかった。内臓疾患というよりは筋肉とか筋膜とか・・そういうところの疾患ではないかと考え、念のために痛い時に温めてみたらどうか?と提案し、内服薬の処方はしないつもりだったが・・・「寝られない」のだそうで、以前に処方したことがある睡眠導入剤であるZolpidem10mgを処方した。帰り際に新型コロナの予防接種はいつから始まるのか?と質問された。住所が市内なので、4月中旬以後、暫時、年齢順に市役所からクーポン券が必ず送られてくるから、手元に着いたら、連絡をくれるように話しておいた。彼女が診察室を出て行ってからよくよく考えてみたら、市内で商いをしている彼女にとってもコロナの影響は相当にあるのだろう。症状から最後の質問まで、もしかしたら「コロナが心配」というフレーズでつながっていたのかもしれない。一番聞きたかったことはワクチンがいつ接種できるのか、外国人である自分が接種順番を抜かされたり、忘れ去られたりしないだろうかということだったのではないかと思った。
posted by AMDAcenter at 08:19 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック