CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月27日

令和3年2月27日土曜

ガーナ人男性52歳、日ごろは高血圧で「ときどき」やってくる。どのように内服しているのか、不明。たぶん自分で具合が悪いと思ったときだけ、処方した降圧剤を内服しているのだろう。昨日は発熱しているからと電話があっての来院。クリニックの外に待機してもらい、問診票に記載してもらった。発熱のほかに朝からトイレに何回も行くと書いてある。外に出て行って彼と会話。急性腸炎ととっさに推測したので、「下痢はあるか?」と尋ねると「ない」という。「でも朝からトイレに何回もいったのでしょう」と尋ねると「そう」という返事。質問を変えて「じゃ、トイレに何回もいったのはなぜ? うんちが柔らかいから?」と聞いてみた。すると「そう」と答える。どんな便か詳しく尋ねると「水みたい」と聞こえた。日ごろから英語が上手なので不覚を取った。彼は「diarrhea」という単語を知らなかっただけなのだ。こちらの思い込みによるトラブル。スリランカ人男性45歳、帰国のためのPCR検査と英文書類作成のために来院。体温を測る段になり、何度測っても38度近く。1月には海外渡航のためにPCR検査を行った外国人6人がPCR検査陽性だった。厚着をしているからと処理してしまってよいものか、こういうケースは悩む。だからといって海外渡航の人をすべてクリニックの外で待ってもらうというのも乱暴な話。フェイスシールドにゴム手袋はいつもつけて診察しているが、一抹の不安が残った。彼にはドアの外に待機してもらい、しばらくして計測すると36.2度だった。
posted by AMDAcenter at 16:49 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック