CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年02月15日

令和3年2月15日月曜

土曜日13日の朝、診療を初めてすぐ、9時になってスタッフに休憩室でテレビを見ていてもらった。前日取材を受けたNHKの土曜の朝9時から放映の週間まるわかりニュースで、どのように取り上げられたかをチェックさせてもらうためだ。長い時間ではなかったが、およそ言いたかったことがそのまま流れていてほっとした。13日の外国人患者は27名、イタリア人男性43歳に内視鏡検査を施行。喉の麻酔だけであっというまに検査は終了、ほっとした。大きな病気もなく、安堵してくれた。カンボジア人男性34歳、カンボジアに帰国するためのPCR検査と書類の作成を依頼されたが・・・・パスポートがない、不法滞在ではないと言うし、よくわからず。なくしたのだと言う。なくしたならカンボジア大使館に行き、あらたなパスポートか一時的にそれに代わるものを発行してもらわなければ出国できないだろう。後から取り出した紙を見ると、難民申請を認めないという東京入管の返答だった。たぶん、もっと日本にいたいということで難民申請を出したが、認められなかったのだろう。在留カードの在留期限まであと数日になっていた。とても政治的背景があるとは思えないので当然だろう。こちらは高い費用を支払って空港で搭乗できないとあっては気の毒なので、求めに応じて検査を行い、英文書類をしたためたが、果たして搭乗できたかどうか・・たしか昨日14日に搭乗予定だったと記憶している。
posted by AMDAcenter at 08:55 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック