CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2021年01月21日

令和3年1月21日木曜

アメリカ人女性、精神疾患有り、内服治療中。朝から気持ちが悪く吐いたとのこと、こちらの治療のことかと思ったが、そうではなかった。以前と同じ血圧の薬が欲しいと言う。ときどき160ぐらいになるとのこと。血圧測定してみると132/80、まったく正常。降圧剤を処方していて血圧が下がり、中止。この4カ月ぐらい、内服していない。測定値を知らせ、降圧剤は必要ないと伝えたところ、泣き出してしまい、こちらの言うことに耳を貸してくれるような状態ではなくなってしまった。以前と同じ薬といえば、アムロジピン5mgとビソプロロール5mgの併用だ。降圧効果は相当に強いはず。再開すれば、以前、中止したときと同じようにめまいが出現する可能性が高い。この点を説明するが、自分の主張をして泣くばかりで話が進まない。とうとう根負けしてアムロジピンの2.5mgだけ処方した。最初に通院しはじめたときのように興奮し、目をむいて怒りの感情を爆発させるというようなことはなくなったが、時間はかかるし、こちらが怒ってはいけないし・・やりにくい。
posted by AMDAcenter at 09:20 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック