CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年12月22日

令和2年12月22日火曜

昨日も帰国のためにPCR検査と英文書類を求めて訪れた外国人が5人、国籍はパキスタン人、タンザニア人、インドネシア人、タイ人、ペル―人。彼らにどうして僕のクリニックにやってきたのかを尋ねてみた。すると、5人中5人が友達、知り合いに聞いてやってきたとのこと。その友達、知り合いというのも全員、日本人ではなく、同国人だった。各国の大使館では搭乗と入国のためのPCR検査と英文書類を書く医療機関を指定していて、中国やハワイ州のように独自に指定している国、地域もあるが、それ以外はもともとは日本渡航医学会が認定した医療機関、ビジネス渡航が始まってからは前者を中心に経産省が認定した医療機関となっている。その医療機関リストは経産省TeCOTを見ればわかる。僕のクリニックもその一つである。経産省TeCOTに掲載されていない医療機関でPCR検査を受けて、たとえ定められたフォームの書類を作成してもそれでは飛行機の搭乗することができない。僕が知りたかったのは上記の5人がこういう事情を知ったうえで、僕のクリニックを訪れたのかどうかということなのだが・・・・結論から言うとそうではなかった。ただ日ごろ、外国人を受け入れているからとか、友達に聞いたからということでやってきたのだ。たまたまTeCOTに掲載されている医療機関だからよかったが、そういうことは調べないでやってくるのだろうか? 僕のリスク管理からは考えにくいが。困ったことに、各国大使館が求める条件や内容が突然変更になり、依頼者からの情報提供や大使館ホームページや日本渡航医学会のメーリングリストなどまめに見ていなければ気がつかずに、3万円近くの費用をいだきながら、依頼者が空港で搭乗できずに立往生することにもなりかねず、神経をすり減らす。たとえばカンボジアに入国するカンボジア国籍の人はPCR検査は不要で、搭乗72時間以内に作成した英文書類は医師のサイン以外はプリントしたものでなければならない。カンボジアに入国する外国籍の人については搭乗72時間以内のPCR検査が必要で、英文書類は医師のサイン以外はプリントしたものでなければいけない。タイに入国するタイ人は搭乗72時間以内に作成した英文健康診断書が必要でPCR検査は不要、医師のサイン以外はプリントされたものでなければだめ。タイに入国する外国籍の人は搭乗72時間以内におこなったPCR検査の結果を含めた英文書類を作成、それは定められたフォームに手書きでもかまわない。さらに入国後14日間隔離されるホテルを英文で記載した用紙も必要とされている。韓国は韓国籍および韓国に居住している外国籍の人が入国するに際してはPCR検査は必要なく、入国72時間以内に作成された既定のフォームの英文の書類だけでOK、韓国に居住していない外国籍の人が入国するには入国72時間以内のPCR検査の結果について検査から24時間以内に発行された英文診断書と英文文書を48時間以内に大使館または領事館に届け、それから航空券が手配できるしくみに、つい数日前に変更になった。こういう変更がある日突然行われ、即日施行される国もある。ついていくのが大変だ。多くの人は自分が目指す国の入国条件について調べてきてくれるが、電話での問い合わせについてはあなたまかせで、逆にこちらから情報を聞きたいという人もいて苦労する。
posted by AMDAcenter at 08:39 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック