CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月30日

令和2年11月30日月曜

土曜のブログに書いた帰国のためのPCR検査を行ったスリランカ人男性、検査を行ったのが金曜の午後だったか・・・結果は土曜のブログを書いた直後に手元に届いた。というより検査会社から電話があった。うっすらと陽性が出ているという。再度、提出してくれたらもう少しはっきりすると言われたが、飛行機に乗るのが日曜の朝、結果を見てからでは間に合わない。それだけではない。再度、検体採取して検査を行うと費用も再度請求しなければならない。時間的に手っ取り早い方法はクリニックの内部で抗原検査を行うことだ。結果は15分ではっきりする。しかし、抗原検査とPCR検査の正確度など考慮するとそこまでして再検査をする意義があるのかどうかは疑問だ。本人の健康や感染の広がりを防ぐという観点からは陽性と判断して今回の帰国は取りやめるべきと最終的に判断し、本人に電話をかけた。本人とは英語で話したが、かなり呆然としている印象を受けた。後で地域の保健福祉事務所から指示があるから待機するようにと話したが、その際に言語の壁はないのだろうか? 指示がはっきりと理解されなければ混乱をきたすし、感染の広がりを許すことにもなりかねない。PCR検査が陰性になるには長ければ3週間はかかるだろう。感染して10日もすれば他人に移す感染力はすでにないと言われているが、感染していた「残骸」が体内にあるとPCR検査は陽性に出てしまう。こういう状態でもPCR検査が陽性なら、英文診断書に陽性と書かざるを得ないので、飛行機には乗れないということになるわけだ。気の毒には思うが、やむをえない。この一週間でPCR検査陽性者が3人、そのうち彼とフィリピン人女性は無症状の感染者。これからも帰国や海外出張のためのPCR検査を行わねばならないだろうが、今回のようなケースも考え、発熱者に対する対応と同じ対応をしなければならないだろう。
posted by AMDAcenter at 09:24 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック