CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年11月24日

令和2年11月24日火曜

11月5日にやってきて医師の前で用件を話すと事務で話していた某国の男性、診察室で話を聞くと性交渉による感染症と肝機能などを心配していたのでHIV 、梅毒、クラミジアそして肝機能について調べておくべきと勧めたら、HIVはすでに調べてきて陰性だったと言う。梅毒と肝機能について調べてほしいと話すので、クラミジアも検査しておくべきと説得して採血した。12日に正式な結果が検査会社から返ってきたが、TPHAもRPRも陰性、s-GPT、γ-GPTも正常、ただしクラミジアの抗体はIgMもIgGも陽性だった。たしか14日の土曜にやってくると話していたことを思い出したが、念のためにフィリピン人スタッフから必ずやってくるように電話を入れてもらった。それから10日以上経過した今日現在、彼は姿を見せない。あんなに心配していたのは何だったのか?といぶかしく思う。診察室で話をすると、まず医師として医療の専門家である私の言うことに耳を傾ける気配がない、医学的にはつじつまの合わない自分の主張を繰り広げる、精神的不安要素が強いように見える、こんな感じであった。このような人は日本人にももちろんいる。30分でHIVの即日検査結果がわかるというのに、結果を知るのが怖いからとクリニックから出て行ってしまった人やクラミジア感染症を心配して検査を受けに来て、IgM抗体が陽性なのでとりあえずカルテに記載した携帯電話番号に電話したところ、つながらず、その後も来院していない人など。いずれにしてもこのような状態で性行為を繰り返すと感染を広げかねない。今日、再度、電話をして来院を促そうと思う。
posted by AMDAcenter at 09:04 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック