CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年10月31日

令和2年10月31日土曜

ここ数年、毎月やってくる高血圧で受診している日系アルゼンチン人男性59歳、いつも通りに夜勤明けにやってきたのかと思ったが・・・今回は薬を2カ月分欲しいと言う。理由を聞いて驚いた。いまは栃木県で働いているそうで・・きょうは家に久しぶりに帰ったこともあってやってきたと教えてくれた。その直後に日系フィリピン人男性65歳、来院。彼も高血圧で毎月やってくる。今回だけ3カ月分の薬が欲しいと言う。理由を聞いたら、不況で千葉県の「奥の方」で仕事しているからと答えてくれた。コロナの不況はやはり弱い立場の人を直撃しているのかと改めて思った。帰国するためのPCR検査と英文診断書を求めてやってきたガーナ人女性40歳、パスポートを忘れてきたとのこと、なぜ?と尋ねると、予約を取ったのが同国出身のご主人で、そんな話は聞いていないという。パスポートは必ず持ってきてくれるよう話したとスタッフが言う。その通りと思うが証拠がない。面倒だが、明日書類を渡すときに持ってきてもらって書類に書き込みすることにした。時間がかかるがやむをえない。すると今度は受付でなにかトラブルになっているようで、話を聞いてみると・・・お金が足りないとのこと。やはりご主人から費用を具体的に聞いていなかったという。ご主人に電話すると、費用は聞いていないと答えるが、そんなことはありえない。「おまけ」をするわけにはいかず、結局、近くのATMで下してくるのを待つことになった。フィリピン人女性65歳、診察室に入るなり、喉が痛く、痰があり、昨晩は頭が痛かったと訴える。体温を計測すると36.9度。頭が痛かった昨晩は37度を超えていた可能性が高い。問診を書いてもらうわけだが、それをチェックしたスタッフに注意、あわてて彼女が座っていたあたりも消毒、こちらもフェイス マスクに手袋という姿でPCR検査のための検体採取を行い、その直後にクリニックの外に出てもらい、今日の早朝に判明する検査結果が陰性であってから治療を考えることにした。
posted by AMDAcenter at 08:50 | TrackBack(0) | (カテゴリーなし)
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック