• もっと見る
【JALSAみやぎ発信】ALS青春記!?『ちっちゃな幸せ、み〜つけた!!』
このブログは、毎日のほんのささいな出来事からALSを取り巻く諸問題まで、その時々のテーマに添って話させていただきながら、日本ALS協会宮城県支部(JALSAみやぎ)の活動とALSという難病を、より多くの皆様に知っていただくために、会員や支援をしてくださる皆様、そしてALSという存在に耳を傾けてくださる皆様との交流の場として、気軽に情報の共有や意見交換ができるよう開設されました。
« 感謝状 | Main | プロ野球観戦記 »
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
第2弾!! 「気管カニューレ内の痰の状態??」について!![2014年06月29日(Sun)]

こんにちは!!

大変 ご無沙汰しておりまして!!

だいぶ 更新が遅くなっちゃいました!!

すいませ〜ん!!


つ!つ!ついに!!……

ブラジル・ワールドカップ!!

始まりましたね!!


第1戦目……

その日は だいじな支部総会の日!!

なぜか 前日から気もそぞろ?!

どっちつかずで 集中できましぇ〜ん!!

まんず まんず 困ったもんでがす!!


2戦目 3戦目も……

朝もはよから 目ん玉こすって応援したけど……

ね!!みなさ〜ん!!結果はご存じのとおり……

でもさ 最後まで 希望を捨てず……

日本を代表として 全力で戦った選手たちに……

感動をありがとう!!

そして お疲れ様!!


ごめんなさ〜い!!

総会については 次回ご報告!!

遅くなってすいません!!



さあ 今回はこんな写真からどうぞ?!


カンパニュラ.jpg

これは カンパニュラといいます!!

なかなか かわいいでしょ?! 八重咲なんですよ!!

うちのベランダで 背伸びしながら「見て!! 見て!!」

なぜか どや顔してて ハイ!!ポーズ?!

そんな感じに見えませんか?!


え〜っと?!花言葉は……??

オッ!! 「感謝と誠実」

まさに 「誠実」なんて わたしにピッタリ?? ユ〜ヨネ〜!!



さて さて

大変お待たせしました!!

第2弾!! 「気管カニューレ内の痰の状態??」

について お話していきましょう!!


わたしは このALSという病気になって……

痰という存在に恐怖を感じ 眠れない日々を経験しました!!

「寝たら最後 痰がつまって呼吸ができず 死んでしまうのでは??」

なんてね?! 不安が頭を支配してました!!

手には パソコン!! 足には ナースコール!!

これがわたしの 眠れぬ夜の必須うアイテム?!


ピコピコピコ…… ピンポン… ピンポン……


そんな眠れない時に考えてたのが……

「のど中で何が起こっているのだろう??」

「痰は どこからわいてくるんだろう?!」

なんて いろんなこと!!

ああでもない こうでもない ってね?!

今だから言える ALSの初期の「は・な・し」


じゃあ 調べてみようか!!

ちゅうことで……


まずは こんな図を見てちょうだいね!!


気管9.png

これは 気管カニューレ挿入時の気管内部の想像図?!

自分で作ってみちゃいました!!

まだまだ 想像の域をだっしてないけどね?!

こんな感じなのかなって??

間違ってたらごめんなさい!!


気管の直径は 平均約2cmぐらい

気管の長さは 約10〜12cmぐらい

気切は のど仏の下から……

気管支分岐までの長さは 気切から約8〜10cmぐらい

気管カニューレの長さは 挿入部分から約7〜9cm

気管カニューレの先端から気管支分岐までの長さは 平均約1cmぐらい

気管カニューレの内径は 約7〜9mm


これは ホントにおおまかな数値です?!

個人差もあるし 気管カニューレの種類もあるから……


この図を見て 理解してもらいたいのは……

とにかく カニューレが気管内を占領しているということ!!

これがいちばんかな!!


いくらALSで人工呼吸器が必要だからって 気管をこんな異物に占領

されるなんて!!

こんなのがだよ!!


気管4.png


ね!! ね!! わかるでしょ!!

全然おとなしくしてないし!! ガオガオ!! 突然 吠えやがる?!

首に ひもやベルトで固定されてるだけだから……

まんず 安定性 悪いこた!! 即!!レッドカードで一発退場!!

わたしたちには 「取扱注意!!」

という最悪な存在なのかもしれませんね?!

やさし〜く! やさし〜く!! あつかってね!!!

それが ALS患者全員からの 切なるお願いです!!


痰は 体調や加湿によって 粘性が変化します?!

通常 気管の内部では 鼻から加湿された空気が送り込まれ 常に

粘膜を保湿し 痰がスムーズに排出されるようになってます

1に加湿!! 2に加湿!! 3に防御!!

と言われるぐらいに加湿は大切なことなんだね!!


しかし わたしたちは カニューレが挿入されることにより 鼻か

らの加湿は寸断され 人工的に加湿してもらうことに……


これがまた めんどくさいのですよ!! ね!ホントに!!

水滴の溜まること! 溜まること!! お金ならいいのにね?!……

季節によっても違うしね?!

ホント 安定した加湿って 難しいすよね?!


そしこでわたしたちは……

「きょうは痰がかた〜い!!」 なんて言いながら 悪戦苦闘するわけ!!

そして 日にちがたつと……

カニューレを2週間でリフレッシュ・タイム ってわけ!!

これは カニューレに痰がへばりついちゃうからなんだね!!

これも実感!! ナットク〜!!


でもね 「痰がでる」ということは……

わたしたちが生きようとしてる 「証(あかし)」

みたいなもの?!

これからも 上手に付きあっていきましょうね!!



さあ 続いては

気管カニューレ挿入時の痰の溜まり方?!

まずは こんな図から?!


気管2.png


これは 気管カニューレ挿入時の痰の溜まり方(想像図)?!

水色の丸印は サイドに溜まる痰を……

青色の丸印は 気管支分岐からカフの下部までにたまる痰を……

を表しました

痰の表現は わかりやすくするために 大きく書いときました


では 痰の流れからご説明!!

まず 気管内で出来上がった痰は 体調や加湿の状態で 粘性を増減し

ながら ゆっくりと線毛運動や内臓の収縮 呼吸や重力などで カニュ

ーレ先端付近まで運ばれてきます


そして カフ上部できた痰も サイドから別に吸引されますが カフ圧

の減少により 仕切られた部分から 気管内に少しずつ漏れ出してきま




こうして集まってきた痰は 一気に流れ込まないように 一定量溜まり

カフの高さを超えると カニューレ内に流れ込むようになっています

これは 空気の通り道を確保するためには必要なこと!!


しかし この先のカニューレ内には線毛などの 痰を外に運び出す仕

組みはありません!!


ここからは 呼吸におまかせ 風まかせ?!

押し込まれたり?? 吸い込まれたり??

カニューレの入り口付近を行ったり来たり?!

スースー?? ゴォ〜ゴォ〜??

こんな音の おまけ付き?! 困ったもんですよね!! 


まあ こんな感じかな??

なんとなく おわかりいただけましたでしょうか?!



続いては

痰んの状態と吸引?? 

これはあくまでも 自分の体感にもとずいたお話ですが……

いま こんな感じで痰はたまってるのかな??

どういう吸引がいいのかな??

吸引されてる時の体感は??

とかおりまぜて……


そして 大きく分けて

3つのパターンにしてみました?!


1つ目は

粘性が弱く流動性がある痰の吸引?!

この痰は 粘性が弱い水っぽいタイプ?!

気管内にはある一定量溜まらないとカニューレ内に流れ込んでこない

感じ?!

だから 「ゴォーゴォー」と音がして吸引してみると 結構な量が引

ける気がします?!

まあ 気管内でできる痰の量や状態は 様々な組み合わせがあると思い

ますが……

そこは 見たことのない わたしの体感の世界なものでご容赦を……


さて 痰を見つけたらカテーテルを指で小さく回すように隅々まで……

深さは 10cm+1cm


カテーテルを持つ指への手ごたえは 弱い吸着感ととぎれのない一定

の振動って感じかな?!


吸引されてる時の体感は 吸着力で引っ張れる感覚はなく カニュー

レの中に流れ込んだ水を 吸引されてる感じかな?!


痰の取れぐあいは 音のわりには 意外とスッキリしないかもね??

それは 1回目の吸引で取り残すと 2回目は見つけにくいから?!

なんせ 粘性が弱いため つながって吸い取ることが難しいから?!

これは カフとの段差部分に痰が切れて落ちてしまい カニューレ

内に残りずらいため?!

カニューレ内の痰を掃除機のように空気の流れに引き込んで吸い

寄せることが出来る距離がごくわずかなんだね!!


そんな時は 無理をせず時間をおいて 上がってくるのを待ちましょ

うね!!

無理をすることで 最悪なのは……

痰を見つけられずに 肺の空気を抜いてしまうこと!!

痰を見つけられないときは 15秒 10秒といわず 早めに吸引をやめまし

ょうね!!


優しく早い吸引とは

少しの流量で痰を探り出し 素早く吸い取る

これが吸引の理想だそうです!!



ちょっと 【豆知識】

吸引カテーテルの選び方

さてさて みなさんは カテーテル選びはどうされてましたか??

なにげなく 吸引してるカテーテル……

ちょっとだけ 興味を持ってみませんか??


まずは カテーテルを選ぶうえで 何を基準にすれば……

それは カニューレの内径なんですって!!


カテーテルは 細くなるほど管の中の抵抗が大きくなり 痰を吸い取

るのが困難で時間を要するようになります

そして 太くなるほどカニューレとカテーテルの隙間がなくなり 気

管の中に外部からの空気を取り入れにくくなります

また カテーテルが太いために吸引される流量が増えるため 肺内ガ

スを吸引し 気道の奥に陰圧をかけてしまいます

これでは 低酸素血症 肺胞の虚脱 無気肺になってしまいます

よって カテーテルの太さは カニューレの内径の2分の1以下とさ

れているわけですね



では 計算式で求めてみましょう!!

まず 吸引カテーテルの太の単位は 1Fr(フレンチ)は 1/3mmになります

カニューレの内径(mm)×3÷2=吸引カテーテルの太さ(Fr)

7mm⇒10.5Fr (市販のサイズ10Fr)3.33mm

7.5mm⇒11.2Fr (市販のサイズ11Fr)3.66mm

8mm⇒12Fr (市販のサイズ12Fr) 4mm

8.5mm⇒12.75Fr (市販のサイズ13Fr)4.33mm

9mm⇒13.5Fr (市販のサイズ14Fr)4.66mm

となります

カニューレは 0.5mm単位で大きくなります

ご参考まで!!



2つ目は

まずは こちらの図を見てください!!


気管3.png


これは

粘性がややあり ひとかたまりになりやすい痰の吸引?!

の想像図です


この痰は 粘性がややあるため 比較的ひとかたまりになりやすいタ

イプ?!


吸引は 痰を見つけたらカテーテルを 回すというよりは かたまりを突

き崩すイメージで上下に……

そして 吸い込み始めたら動かさず 手ごたえと音を頼りに一気に吸引し

てしまう?!


カテーテルを持つ指への手ごたえは 痰に粘性がややあるため なくなる

まで 痰に引っ張られるような抵抗感がある?!


吸引されてる時の体感は 痰の吸着と共にカニューレの奥から痰を引っ張

り出される感じで スッキリと痰が取れた感じ?! 


あっそうそう?!

吸引の時 痰のかたまりがカテーテルの先端にぶら下がって上がって

くることがありませんか??

我が家では これを「一本釣り」と言っています!!

ヨッ!!大物釣り!!

これも ひとかたまりなった痰が引きずられるように取れれる 典型

的なパターンですよね!!


痰の様々な状態で起きる共鳴音は 量の増減や粘性の強弱によって

高音⇒低音へと変化していきますが 痰の量が増えるよりは 粘性

が強くなり内面での流動性が悪くなる方が あとあと様々なトラブ

ルを引き起こす原因になりそうです?!

放置して 時間がたちすぎると カニューレへの粘着も始まります!!

この時点で 加湿不足か水分不足が考えられるので 呼吸器の回路

の水滴をこまめに捨てたり 水分補給をした方がいいかもしれません

ね!!


また 痰をためないように日頃からしっかり出すように心がけましょう

普段から痰の性状(1 日の量 痰の色 大きさ 粘り気など)を観察し

いつもと違った状態をすぐに捉えられるようにしましょう


ちなみに 痰の色は……

正常なものは 透明ないし白っぽい色 緑膿菌では薄緑色 肺炎球菌で

は黄色  菌やウィルスの死骸によって膿(うみ)様の痰 赤い痰は急

性気管支炎などで、気管支に傷がついて出血があるときに出ます

ちょっと覚えておくといいかもしれませんね!!

そうすることで感染症の早期発見につなげることができます



3つ目は

粘性が強く カニューレ内にへばりつくような痰の吸引?!


まずは この図を見てくださいね!!


気管8.png


わたしたちにとってこの痰の状態は 一番苦しく大きな危険を伴うパタ

ーンかもしれません!!

わたしも 何度も経験があります!!

ただ 患者本人にも自覚がないのがほとんどで 吸引して初めてわかる

ことが多いようです


では 吸引時にどのようになるか説明していきましょう!!


この痰は粘性が強く 加湿不足と時間がたったためか カニューレの内

面にへばりついた状態だと考えてください


この状態では まだ空気の流れはあるので普通に呼吸はできています


しかし この痰の状態で吸引をしようとすると 吸着した時点で 粘性

の強さにより カテーテルの先端が ねづまりを起こしてしまいます

そして ねづまりした状態で カテーテルを動かそうとすると 痰のう

わっつらだけを引っ張って カニューレ内に「やま型」を作ってしまい

ます(図参照)

すると カニューレ内は 空気の通り道をふさがれた状態になり 呼吸

困難になるわけです


ここでは 自発呼吸でこじ開けるか アンビューバックで強制的に空気

を送って 空気の通り道を確保してあげるしかないかもしれませんね?!

わたしは 苦しいながらも 何とか自発呼吸で乗り切りましたが 自発

の少ない患者さんには 大変危険な状態となるはずです


とにかく早くカニューレ内に空気の通り道を確保し 空気を送ってあげ

ること!!


そのためにも 常にアンビューバックは使えるよう 手の届く場所にそ

なえつけて置きましょうね!!

また 緊急時のために アンビューバックの練習をしましょうね!!

蘇生開始までの時間んを1分以内とか30秒以内とか 区切ってやって

やってみるのもいいかもしれませんね!!


また 日頃からの予防対策も必要です!!

排痰効果あるものには ネブライザーやカフアシストマシーンなどもあ

り かかりつけの病院で処方してもらうことができます

聞いてみてくださいね!!

安心して生活ができるよう 活用できるものは活用していきましょう!!


では 最後に……

ここで ちょっと【豆知識】

みなさんは 吸引器の吸引圧はどれぐらいに設定されていますか??

よく言われるのは −20kP(キロパスカル)とかー25kP以下でなん

て聞きますよね?!

これは ちなみに吸着しても粘膜を破損しない限度ということらし

いです


しかし 我が家では −35kPなんですけどね!!


では −20kPとはどれくらいの吸引圧なんでしょうね??

わかりやすい例をあげてみましょう!!


若かれしころの思い出?! キスマーク!! ブチュ〜!!

誰だ?! 歯形までつけたのは?? なんてね?!

実はこれが意外や意外?? −15kPもあるんですね!!

あとは 布団圧縮袋をペッチャンコにするときに使う掃除機……

ちょうど ー20kPぐらいなんだそうですよ!!

そして 粘りの王様自然薯は −50kPで釣り上げられるそ

うです!!

イメージわいてきました??


さてさて いろいろと想像の世界を書いてしまいました!!

なんだか 書きたいことがいっぱいありすぎて……

まとまらなくてすいません!!

ちょっとでも お役にたてれば光栄です!!

長々とお付き合いありがとうございました

では また!!!
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

日本ALS協会宮城県支部さんの画像
https://blog.canpan.info/alsmiyagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/alsmiyagi/index2_0.xml