CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年11月 | Main | 2021年01月 »
あきたNPO会議「コロナ禍で市民活動ができること〜新しいNPOのカタチと向き合うために〜」を開催します[2020年12月28日(Mon)]

今年も「まなぶ!つながる!あきたNPO会議2020」を開催します。

テーマは「コロナ禍で市民活動ができること〜新しいNPOのカタチと向き合うために〜」


新型コロナウイルス感染拡大は、市民活動団体等の活動に大きな影響を与えています。

コロナ禍における様々な課題や、活動を継続していく上で工夫していることなどについて情報交換してみませんか。



開催場所

●秋田県北部男女共同参画センター

●秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」

●秋田県南部男女共同参画センター

※当日は3会場をオンラインで中継します。


開催日時 令和3年2月6日(土)13001500


参加費無料


定員

秋田県北部男女共同参画センター :15

秋田県ゆとり生活創造センター「遊学舎」:20

秋田県南部男女共同参画センター:15


主催者 あきたNPO会議実行委員会(NPO法人秋田県北NPO支援センター・NPO法人あきたパートナーシップ・NPO法人秋田県南NPOセンター)


下記URLからチラシをPDFでダウンロードできます。



SKM_C25820122815510_0001.jpg


SKM_C25820122815510_0002.jpg


お問い合わせ先

【県北】 NPO法人 秋田県北NPO支援センター   電話:0186-49-8553

【中央】 NPO法人  あきたパートナーシップ     電話:018-829-5801

【県南】 NPO法人  秋田県南NPOセンター      電話:0182-33-7038

Posted by 南部市民活動サポートセンター at 15:55 | サポセンニュース | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和2年度平鹿地域振興局「元気なふるさと秋田づくり」顕彰事業表彰式[2020年12月23日(Wed)]
令和2年度平鹿地域振興局「元気なふるさと秋田づくり」顕彰事業の表彰式で、地域づくり活動に尽力された「アンサンブル・リベラ」「大沢健康麻雀同好会」「清原紅蓮隊」「南郷共助組合」「りんご染め工房プリティアップル」「んだなぁ〜塾」の6団体が表彰を受けました。おめでとうございます/

全受賞者.JPG

Posted by 南部市民活動サポートセンター at 19:34 | サポセンニュース | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
情報誌ハンサン12月号を発行しました[2020年12月18日(Fri)]

冬本番です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

令和2年も残すところわずかとなりました。

今年も情報誌ハンサンをご愛読いただきありがとうございました。


12月10日に情報誌ハンサン12月号を発行しました。

こちらからPDFデータをダウンロードできます。



 → 情報誌ハンサン12月号.pdf



P1………表紙

アトリエ・リラ「クリスマスリース講座」


………活動ウォッチング

社会福祉法人相和会


………がんばる地域応援隊

南郷共助組合


………秋田県南NPOセンターより

NPOの世代交代を考える 〜何を受け継ぎ、何を変えるのか〜

「NPO事業継承サミット2020」開催レポート ver.2


SKM_C25820121814170.jpg


SKM_C25820122315090_0002.jpg


SKM_C25820122315090_0003.jpg


SKM_C25820122315090_0004.jpg






 「未来につなぐふるさと基金」2021年度 協働団体募集のご案内〜生物多様性の大切さを伝える活動を募集します〜 [2020年12月08日(Tue)]

パブリックリソース財団からのお知らせです。


(以下メールからの引用です)


パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた

「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プロ

グラムを協働で実施する団体を募集しています。


協働団体が実施する市民参加型プログラムを支援するとともに、協働団体

から提供された写真や動画などを、キヤノンホームページ内の生物多様性

サイトから発信します。

以下の目的にご賛同いただき、生物多様性の啓発に共に取り組んでいただ

けるみなさまのご応募をお待ちしています。


募集案内特設ページはこちら:https://www.info.public.or.jp/furusato


------------------------------------------------------------------□■

● 「未来につなぐふるさとプロジェクト」の目的


1)生物多様性の保全

協働団体が実施する市民参加型プログラムを通じて、生物多様性の保全を

目指します。

2)プログラム参加者に向けた啓発

市民参加型プログラムを通じて、参加者に向けた啓発に取り組みます。

3)社会に向けた啓発

協働団体から提供される生物多様性に関する情報発信用コンテンツ

(写真・動画・解説文など)をキヤノンホームページ内の生物多様性サイト

に掲載します。また、様々な情報発信媒体を通じて、社会に向け生物多様性の

啓発に取り組みます。


------------------------------------------------------------------□■

● 対象となるプログラム

生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに該当する

市民参加型プログラムを対象とします


1)【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、

農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動


2)【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する

活動


3)【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動


4)【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動


5)【えらぶ】エコラベル等が付いた、環境にやさしい商品を選んで購入するなどの行動に結びつくような活動


------------------------------------------------------------------□■

● 支援内容


(1)助成金:1団体あたり50万円

(2)上記助成金に加え、助成金以外の支援を提供致します。

  ・専門性や組織運営力、広報力などを向上させるための支援

  ・「生物多様性をテーマとした写真教室」実施援助

  ・報告会等でのノウハウ共有


------------------------------------------------------------------□■

● 対象団体

  NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体

------------------------------------------------------------------□■

● 募集団体数

  5団体

------------------------------------------------------------------□■

● 応募条件

1)支援期間中に、市民参加型プログラムを年3回以上企画・実施できること

2)うち1回は「生物多様性をテーマとした写真教室」を組入れて実施すること

3)一般の方や社会への生物多様性の啓発、自団体の組織力強化に意欲的であること

4)協働団体の役割を果たすことが可能であること

(「役割」の詳しい内容については、応募案内をご参照ください)

                                 

------------------------------------------------------------------□■

● 応募方法

以下の応募書類をご準備いただき、募集案内特設ページ(https://www.info.public.or.jp/furusato

下部にある「応募フォームはこちら」よりオンラインでご応募ください。


・応募申請用入力項目一覧(ご参考)

・事業収支内訳テンプレート(※ ページ下部の「ダウンロードとお問合せ」からダウンロードできます)

・直近年度の決算書類(PDF

直近年度の事業報告書(PDF


------------------------------------------------------------------□■

● 選考方法

選考基準に基づき、外部有識者、学識経験者などで構成される審査委員会

にて、厳正に選考・決定します。


※前回の選考結果はこちらをご覧ください。

http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_03/2020_result/


------------------------------------------------------------------□■


詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。

https://www.info.public.or.jp/furusato



□ 問い合わせ先

104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202

公益財団法人 パブリックリソース財団

未来につなぐふるさと基金 事務局(担当:松本)

メール:furusato@public.or.jp

Posted by 南部市民活動サポートセンター at 14:40 | 補助金・助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「赤い羽根福祉基金」2021年度助成事業公募のご案内(中央共同募金会)[2020年12月08日(Tue)]

社会福祉法人 中央共同募金会が実施する「赤い羽根福祉基金」では、公的制度やサービスでは対応できない福祉課題の解決に向けて、先駆的、モデル的で、今後全国または広域的な広がりが期待できる事業・活動に助成を行っています。

2021年度助成事業の募集についてご案内します。【1/18締切】


(以下メールより転記)


【助成金額】    年間助成上限額 1,000万円


【助成対象期間】  最大3年間


【助成内容】

生活上の困難に直面する人々、権利を侵害されている人々、何らかの生きづらさを抱えている人々を支援することを目的とする次の事業や活動が対象です。

・直接的な支援事業・活動

・支援事業・活動の基盤づくり、ネットワークづくり

・支援事業・活動を充実・発展させるための調査・研究事業


【説 明 会】

2021年度助成事業の募集にあたり、公募説明会をオンラインで開催します。

・第1回 20201217日(木)11時〜12

・第2回 202118日(金)13時〜14

  ※いずれも同じ内容で実施。下記のサイトよりお申込みください。


【助成応募締切】2021118日(月)必着(web応募フォームから)


【応募方法】web応募フォームのみで応募を受付けます。他の方法では応募できませんのでご注意ください。


【詳細・応募要項・応募フォーム等】中央共同募金会の下記サイトをご覧ください。

https://www.akaihane.or.jp/news/kikin/15942/


【問合せ先】

社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部(赤い羽根福祉基金担当)

電話 03-3581-3846 E-mail kikin-oubo@c.akaihane.or.jp


Posted by 南部市民活動サポートセンター at 13:08 | 補助金・助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウィルス感染症拡大防止対策の影響により日常生活に困難を抱える子どもと家族への緊急支援活動を応援[2020年12月07日(Mon)]
秋田県共同募金会からの「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」のご案内です。

秋田県共同募金会では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、日常生活に困難を抱える子どもと家族等への緊急支援活動を応援しています。
 詳しくは、実施要項をご覧ください。

〔寄付金の募集〕  ※令和2年9月30日をもって終了しました。
 〇 9/30現在の寄付金額3,937,028円(中央共同募金会扱い分含む)


〔助成の対象期間〕
 令和2年5月15日〜令和3年3月末日
 ※助成財源がなくなり次第、受付を終了する場合がありますので、予めご了承ください。

〔助成の対象事業〕 (※実施要項で確認してください。)
(1)〜(3)に該当する事業を対象とします。
 (1)新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、社会的に孤立することが懸念される子どもや家族等を支援する活動
   【例】・子どもたちに食事を提供する食堂の運営
      ・ひとり親家庭・生活困窮者等への食糧を届ける活動
      ・ひとり暮らし高齢者・障がい者等の見守りや買い物支援
      ・引きこもりや不登校など子どもや若者の居場所づくり、学習支援 など
 (2)支援活動の効果や緊急性が高く、活動に伴う経費の必要性が認められる事業
 (3)営利を目的としない事業

〔助成の対象外事業〕
 団体が行っている通常活動の範囲内での活動は対象外とします。

〔助 成 額〕
 1団体あたり30万円まで
      ※同一団体で2回まで助成を受けることができるものとします。ただし、助成事業の実施期間が異なるものに限ります。

〔助成の対象団体〕
 NPO法人、ボランティア団体、住民活動団体、市町村社会福祉協議会、社会福祉法人等、地域において子どもや家族等に対する支援活動を現在展開している非営利団体を対象とします。(法人格の有無は問いません。)
◆上記の他、対象経費、助成の手順等の詳細は、「赤い羽根 子どもと家族の緊急支援 全国キャンペーン」実施要項 で確認してください。応募申請書は こちら からダウンロードしてお使いください。

助成事業完了後の手続き等は「秋田県共同募金会」のホームページをご覧ください。
http://www.akaihane-akita.or.jp/pages/page/page_824

Posted by 南部市民活動サポートセンター at 17:58 | 補助金・助成金情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年度 経済的困難を抱える子どもの学び支援活動助成(ベネッセこども基金)[2020年12月01日(Tue)]
日本全国の地域において、経済的な困難を抱える子どもたちを取り巻く社会課題は、ますます多様化・複雑化しています。それらの課題解決に取り組む団体に対して、自立的な事業継続や新たな事業へのチャレンジに中長期で取り組む事業に、複数年(最大3か年)の助成を行います。(公益財団ベネッセこども基金 以下引用)


助成対象事業
経済的な困難により学びに課題を抱える子どもたちの意欲を高め、学びに取り組む手助けとなる事業において、中長期視点で自立的な事業継続・発展を目指す取り組みを支援します。

※「経済的困難」には、さまざまな要因で生じる経済的な困窮に付随する子どもの複合的な困難も含みます。


助成対象団体
上記助成テーマで活動を行っている非営利団体
特定非営利活動法人(NPO)、財団法人、社団法人、社会福祉法人など


助成対象となる活動期間
2021年4月1日から2024年3月31日まで (最大3年間)


助成金額
1団体あたり、最大3か年で総額900万円以内


受付期間
2020年11月20日(金)〜2021年1月8日(金)必着







公益財団ベネッセこども基金公式サイトもご覧ください
https://benesse-kodomokikin.or.jp/subsidy/

スクリーンショット 2020-12-01 092936.png


スクリーンショット 2020-12-01 093000.png




続きを読む...
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 09:31 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
プロフィール

秋田県南NPOセンターさんの画像
最新記事
リンク集
月別アーカイブ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/akita-south-sc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/akita-south-sc/index2_0.xml
QRコード