CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 地域づくりコーディネート | Main
秋田県SDGsパートナー登録制度がはじまります[2021年09月16日(Thu)]
秋田県SDGsパートナー登録制度がはじまります。
詳細はチラシまたは美の国あきたネットをご覧ください。

SKM_C25821091517500_0002.jpg
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 23:11 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「秋田県SDGsキックオフセミナー 〜未来につなぐ 持続可能な秋田〜」のお知らせ(10/13)[2021年09月15日(Wed)]
「秋田県SDGsキックオフセミナー 〜未来につなぐ 持続可能な秋田〜」のお知らせです。
オンラインでも参加することができます。

主 催:秋田県、損害保険ジャパン株式会社、株式会社秋田銀行
日 時:令和3年10月13日(水) 14:00〜16:00(開場13:30)
場 所:秋田ホテル(秋田市中通二丁目6−1)
   (お車でお越しの方には秋田市公営駐車場をご案内しています。料金はご利用者様負担をお願いします。)
対 象:企業、教育・研究機関、NPO法人、地方公共団体その他の団体、個人事業主 など
形 態:「会場での参加」・「オンラインでの参加」を選択
定 員:会場の定員は先着70名(別途オンライン参加が可能)
参加費:無料
※新型コロナウイルス感染症の状況により、オンラインのみでの開催となる場合があります。
※会場へお越しの方は、マスク着用の上、ご来場ください。
※微熱や感冒症状のある方はご来場をお控えください。
※県で開設したLINE公式アカウント【秋田県版新型コロナ安心システム】への登録をお願いします。

《内 容》
講  演  1:SDGsからの地方創生 
     【SOMPOリスクマネジメント株式会社 顧問 佐野 郁夫】(オンライン)
講  演  2:秋田県としてのSDGsの推進について 【秋田県理事 陶山 さなえ】
パネルディスカッション:誰一人取り残さない、持続可能な秋田をつくるために
      パネリスト:損害保険ジャパン株式会社秋田支店 支店長 中條 美恵子
            株式会社秋田銀行 取締役常務執行役員経営企画部長 芦田 晃輔
            秋田県理事 陶山 さなえ
説 明:秋田県SDGsパートナー登録制度について
    【秋田県あきた未来創造部あきた未来戦略課】
<司会>フリーアナウンサー(元秋田放送アナウンサー) 椿田 恵理子

参加申し込みは美の国あきたネットの「参加申し込みフォーム」を利用ください。
https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/59599
(アクセスして下の方にスクロールしてください)



SKM_C25821091517500_0001.jpg


秋田県SDGsパートナー登録制度がはじまります。
SKM_C25821091517500_0002.jpg



Posted by 南部市民活動サポートセンター at 17:38 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
秋田県が損保ジャパンと包括協定[2021年08月03日(Tue)]
秋田県は8月2日、損害保険ジャパンと地方創生、国連が提唱するSDGs(持続可能な開発目標)を推進するため、包括連携協定を結びました。


(一部引用)
1.背景・経緯 損保ジャパンは、全国に拠点を有する損害保険会社として、社会的責任を果たし、保険会社の持つ ノウハウを活かして地方創生に貢献するため、地方自治体等との連携に積極的に取り組んでいます。 損保ジャパンは、秋田県におけるトップシェアの損害保険会社として、安心・安全・健康に資する 商品・サービスを提供することで、持続可能な社会を目指して取り組んでおり、秋田県に対して本協定 を提案し、このたび締結に至りました。

2.協定の目的 秋田県と損保ジャパンは、緊密な相互連携と協働による活動を推進し、地域のニーズに迅速かつ適切 に対応し、地方創生及びSDGsを推進することを目的とします。

3.協定の主な内容 損保ジャパンと秋田県は、以下の項目において業務連携を行います。
(1) 誰もが活躍できる社会の実現に関すること
(2) 結婚・子育て支援に関すること
(3) 安全・安心なまちづくりに関すること
(4) 地域社会の活性化に関すること
(5) その他、地方創生やSDGsに関すること

4.今後について 損保ジャパンは、今後も秋田県と連携し、女性活躍推進やLGBTに関する取組みをはじめ、 SDGsなどの社会的課題の解決に取り組むことで、より暮らしやすいサステナブルな地域社会を創生 することに貢献していきます。

(引用ここまで)

今後は女性活躍に向けた企業交流会やセミナーを開くほか、LGBT(性的少数者)への理解を促す研修やセミナーの開催を支援していきます。
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 15:10 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
あきた元気ムラ!秋田県のがんばる農山漁村集落応援サイト[2021年06月30日(Wed)]
あきた元気ムラ!秋田県のがんばる農山漁村集落応援サイトのご紹介です。

横手市増田の女性たちが作る、プリティアップルの「りんご染め」
https://common3.pref.akita.lg.jp/genkimura/blog/?p=62613


SKM_C25821063016230.jpgSKM_C258210630162302.jpg


Posted by 南部市民活動サポートセンター at 16:29 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NPO法人、市民活動団体向け 消費税の「インボイス制度」について[2021年06月30日(Wed)]
秋田県よりNPO法人 市民活動団体 向けに 消費税の「インボイス制度」について発信がありました。
★事業所から売り上げがある団体(現在、申告が有る無しに関わらず)は、早めの情報収集と検討が必要です。
★場合によっては、取り引きに影響がある(最悪継続してもらえない)ことが想定されます。


美の国あきたネット(秋田県公式サイト)
消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)の導入について

【以下引用】
消費税の軽減税率制度の実施に伴い、令和5年10月から消費税の適格請求書等保存方式(いわゆるインボイス制度)が導入されます。

インボイス制度においては、消費税の仕入税額控除のために適格請求書(インボイス)の保存が必要になり、その交付を行うためには令和3年10月1日に開始される税務署への「適格請求書発行事業者(注)」としての登録申請が必要となるといった、現行制度からの変更点があります。また、円滑な移行のため、免税事業者からの仕入れについても、制度導入後の3年間は仕入税額の80%、その後の3年間は仕入税額の50%を控除できる経過措置が設けられています。

(注)適格請求書(インボイス)を交付できる事業者として税務署の登録を受けた事業者のことを指し、課税事業者がこうした登録を受けられることになっています。

当該制度を理解していただき準備や対応を行っていただくに当たり、内閣府から周知依頼がありましたのでお知らせいたします。

国税庁ホームページにおいて、インボイス制度に関するパンフレットやQ&Aのほか、国税庁動画チャンネル(YouTube)が公表されています。


また、インボイス制度に関する一般的なご質問やご相談は、以下で受け付けています。
『軽減・インボイスコールセンター 0120-205-553(無料)』 【受付時間】9時00分〜17時00分(土日祝除く)
【引用終わり】

※登録申請書の提出が可能となるのは、令和3年10月1日(金)以降です。

SKM_C25821063015480_0001.jpg

SKM_C25821063015480_0002.jpg
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 13:57 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度「環境あきた県民塾」の受講生を募集中です(秋田県) [2021年06月22日(Tue)]
秋田県では、様々な環境問題について身近なものから地球規模のものまで学び、体験していただく「環境あきた県民塾」を開講しています。今年度は、再生可能エネルギーに関する講座や、リサイクル関連施設へ見学に行く体験講座などを取り揃え、大館市を主会場として7月から11月までに全9回(9単位:1回が1単位となります)開講します。

また、所定の単位(6単位以上)を取得された方は、県の「あきたエコマイスター(※)」として登録することができます。
高校生以上の方はどなたでも無料で受講が可能です(9回全部に出席しなくても構いません)。

※「あきたエコマイスター」とは?
 環境問題全般の知識を習得し、地域の環境保全活動のリーダーとして活躍されている方々のことです。

詳細は、以下チラシ及びお問合せ先ウェブサイトでご確認ください。

認定NPO法人 環境あきた県民フォーラムのウェブサイト

SKM_C25821062210020_0001.jpg

SKM_C25821062210020_0002.jpg


Posted by 南部市民活動サポートセンター at 10:10 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【参加者募集中】令和3年度「若者と地域をつなぐプロジェクト事業〜国語・算数・理科・デザイン!〜」について[2021年06月21日(Mon)]
 秋田県では、高校生等の若者が企画する地域活性化に向けた取組の実現を後押しする「若者と地域をつなぐプロジェクト事業」を、令和元年度から実施しています。 
 今年度のテーマも、昨年度に引き続き、「国語・算数・理科・デザイン!」。現在、事業の概要や審査課題を説明する事前説明会(7/11・日)への参加者を募集しています。

自分が住む地域について考えたことがなかったという方も、日ごろから地域を元気にしたいと思っている方も、もう一度地域を見つめなおしてみませんか?

 詳しくは美の国あきたネット(秋田県公式サイト)をご覧ください。

SKM_C25821062116060_0001.jpg

SKM_C25821062116060_0002.jpg

 昨年度は、8つのチームが通学路の観察から得られた発見をもとに、地域活性化に向けた様々な取組を企画・実践することで、自分と地域とのつながりを実感するきっかけとすることができました。
 昨年度の取組については、次のURLからご確認ください。「最終成果BOOK」や成果報告会の様子(Youtube)がご覧いただけます。⇒https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/56699
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 16:10 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
令和3年度若者活躍プラットフォーム構築事業「あなたラボ」の参加者募集中[2021年06月09日(Wed)]
「自分たちの手で地域をもっと元気にしたい! 」、「地域で一緒に活動する仲間をみつけたい!」 若者活躍プラットフォーム構築事業「あなたラボ」は、そんな一人ひとりの想いやアイデアをカタチにするためのプラットフォームです。現在参加者を募集中です。

1 対象者
  原則、秋田県内在住の18歳以上39歳以下の若者(高校生は除く)

2 開催概要
  交流会の開催(全4回)、及びSNSを活用した交流プラットフォームの運営等
  ※詳しくは、本事業の特設サイト→「あなたラボ」 または、ダウンロードファイルをご覧ください。

3 募集人数
  全県で50名程度(申込多数の場合は、選考の上決定します)

4 参加費
  無料(ただし、フィールドワークなどの任意活動に限り、自己負担が発生する場合があります)

5 申込期限
  令和3年6月18日(金)午後5時

6 お申込み先
  上記特設サイト内に設置している専用の申込フォームからお申し込みください。
特設サイトのURLはこちらです。

美の国あきたネット

SKM_C25821060918380_0001.jpg

SKM_C25821060918380_0002.jpg

Posted by 南部市民活動サポートセンター at 18:40 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NO!コロナ差別[2021年05月21日(Fri)]
【感染防止を徹底しようとして、知らない間に他人を傷付けていませんか?】
(秋田県公式HP 美の国あきたネットより)

■感染者の詮索をしていませんか?
「あそこで感染者が出たらしい。」
「感染した人の職場は?学校は?」
「〇〇さんには近寄らないほうがいい。」

■医療従事者の子どもだけ特別な対策をさせていませんか?
「〇〇ちゃんのお母さんは病院勤めだから、マスクだけじゃ足りない、フェイスシールドもしてね。」

■県外ナンバーの車や来県された方、県外との往来歴のある方を非難していませんか?
「他県から県内にウイルスを運んできて。なんで秋田に来るんだろう。」
「あなたが触ったところは全部消毒して!」

■発生を公表した施設・病院・学校に対して、心ない言葉を浴びせていませんか?
「感染者を出して迷惑だ!」
「あの施設には出入りしたくない。」
「あそこの職員が行くスーパーには行きたくない。」

■全く根拠のないデマやうわさ話を広めていませんか?
「あの人は感染して引っ越したらしい。」
「会社を辞めたらしいよ。」
「あのお店が感染源らしいから行かない方がいい。」


※ SNSは自分の名前を伏せて自由な発言ができるため、厳しい言葉を書き連ねる事案が発生しております。これを目にしたご本人、ご家族がどんな気持ちになるか想像してみましょう。
※ 感染の可能性はみんなにあります。明日は我が身かもしれません。お互いをいたわる心を忘れずに。

NO!コロナ差別 (秋田県公式 美の国あきたネット)
〜感染した方々にはやさしさを ウイルスと闘うすべての方々に感謝を〜

kageguchi_uwasa.png
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 09:26 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【新型コロナ】相談窓口・支援制度などのお知らせ【秋田県】[2021年05月18日(Tue)]
◆あきた新型コロナ受診相談センター(コールセンター)
県と秋田市で設置している新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口について

電話番号 018-866-7050
受付時間 24時間(毎日)

電話番号 018-895-9176
受付時間 8時から17時まで(毎日)

電話番号 0570-011-567
受付時間 8時から17時まで(毎日)


◆聴覚障害者向けファックス相談
 秋田県聴覚障害者支援センターでは、聴覚に障害がある方からファックスによる相談を受け付け、あきた新型コロナ相談センターへの仲介を行っています。



◆県民相談窓口
 県民生活に関する相談(感染や予防、健康管理に関することを除く)や商工関係の相談(企業の資金繰り等に関する情報窓口の紹介等)を受け付けています。

<設置場所>
県内8地域振興局・地域企画課内 月曜日〜金曜日 8時30分から17時15分まで(祝日・年末年始を除く)



◆生活費の支援(生活福祉資金、子育て世帯生活支援特別給付金等)
 休業や失業で収入が減り、生活に不安を抱えている方や、ひとり親世帯の方向けの支援制度・相談窓口について、ご案内します。



◆その他秋田県の新型コロナウイルス関連の各種ご相談窓口はこちらで確認してください。
美の国あきたネット(秋田県公式HP)
Posted by 南部市民活動サポートセンター at 09:41 | 秋田県の情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
プロフィール

秋田県南NPOセンターさんの画像
最新記事
リンク集
月別アーカイブ
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
https://blog.canpan.info/akita-south-sc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/akita-south-sc/index2_0.xml
QRコード