CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«行った国マップ | Main | トンマッコルへようこそ!»
プロフィール

アキラさんの画像
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
ラテン日系留学生ブログメンバーです!!! ブログパーツ探すならココ!
リンク集
日系ポータル!日系留学生サイト
最新コメント
最新トラックバック
https://blog.canpan.info/akira/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/akira/index2_0.xml
にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 日系人・日系社会へ
深大寺とペットの死 [2006年11月17日(Fri)]
論文から生じた疲労を和らげるため、深大寺周辺に行ってきました。
前に一回行ったことがあったのですが駅から30分もかかる。
今回は初めて自転車で行ってみたところ、僕の家からなんと!
10分で行けたのです。今まで損をしたような気分。(−o−;)



それはさておき、まず最初に深大寺の隣にある神代植物公園を散策しました。ちょうどバラがたくさん咲いていていい香りが園を囲んでいた。
その後、深大寺に向かったのだけどたくさんの緑色の旗が目に止まった。



なんだろう。
旗には人の名前とペットの名前が書いてあった。
ここは深大寺動物霊園だったのです。
霊園の中央には細長い塔がありそこでペットたちが祭られている。
名前は万霊塔、そのまわりにはたくさんのお墓があり
一つ一つに温かいメッセージが刻んであった。



ん〜。友達のエルナンのブログに書いてあったとおり、動物をおもちゃの
ように扱う人もいれば、家族の一人として接する人もいる。
僕としてはどちらの線も越えてはいけないのだと思う。
クローンにしてまで生き帰したり、何十万もする服を買ったりするのは
どうかと思います。その半分を海外支援に使えたらいろんなことが出来るのにな。

今回の動物霊園を見てきて人の温かさを感じた。
ここまで動物を愛して、かわいがって、ちゃんと死をも見届ける心に
感動した。
そば饅頭とお茶を飲んで帰りました。まら論文に向き合わないと...




このクリスマスは論文とデートかな。苦笑
ブログランキングにチャレンジ中!!!この記事がよかったと思ったらクリックをお願いします。m(_ _)m にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ 南米・中南米在住の日本人によるブログ
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
おおお〜
深大寺動物霊園ね〜

>動物をおもちゃのように扱う人もいれば、家族の一人として接する人もいる。
>僕としてはどちらの線も越えてはいけないのだと思う。

その通りだと思うよ、動物は動物であって、人間ではないから、「人間が幸せ」と感じていることは動物にとって一番いいことではないこともある。。。このことについて大学のときからたくさん考えてきたよ〜。
どれだけの人間は、動物の本当の「幸せ」を気にかけているだろうかね〜。
Posted by: Kitsutani Hernan  at 2006年11月20日(Mon) 21:36

すごぉいこのブログ!
どうやったらこんなに充実させられるんですか??
深大寺にそんなところがあったとは知らなかった〜あたし近くなのになぁw
論文頑張ってくださいね!
あたしもテスト頑張らないと><
Posted by: non  at 2006年11月18日(Sat) 21:59

きのう、論文も疲労された。
アキラ君と疲労しないです。
きょうアキラ君で、疲労しなかった。
ロンは深大寺へアキラ君は疲労しなかった?
Posted by: BlogPetのロン  at 2006年11月18日(Sat) 15:22