CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
air結婚応援部と集落経営研究所の活動を紹介します
air結婚応援部の上部組織air集落経営研究所

« 2020年06月 | Main

<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
コロナ過でon-line、リモート会議で使えるツールを今更紹介します[2020年07月09日(Thu)]
コロナ過でリモート会議やオンライン化が進む中で、zoomなどの会議ツールが増えていますが、ほぼ身内で会議などをすると言う場合有料ソフトを使うより無料ソフトを使うほうが効率も良い上に何かと便利です
そこで今回はディスコードと言う配信者界隈で人気のある会議ソフトと、配信ソフトのOBSを使いこなして、会議やワークショップの質を上げていきましょう

公式HP
OS別でDLできるのでどの端末を使われていても大丈夫です
使い方はネットにかなりの量がでているのでここでは説明しませんがDiscord Tagでフレンド登録をすることが出来ます 
テストサーバーを置いていますので興味のある方こちらでテストしてみてください

次に配信ソフトですが、一般的に配信ソフトとして定番なのは、OBS Studio(以下OBS)と、XSplit Brodcaster(以下XSplit)の2種類です。OBSには派生ソフトがああります。
OBSはオープンソースソフトウェアであるため、改変や配布が認められています。そこで、OBSをベースにした派生ソフトが開発されました。それがStremlabs OBS(以下SLOBS)です。
ここでも詳しい説明は省きますが、OBSは動画配信をされてる方のほとんどがこのソフトを使われていると言う事ですなのでネット上に設定の仕方から使い方まで多くが存在します大手動画配信会社にもアップロードされているので、いくらでも手に入る状態なの多くの説明をここでは省きます その次にXsplitですが、こちらは有料ソフトになりますが無料でも使えます当然有料ソフトですので無料版は制限が掛かりますが、会議程度で使うにはもしかするとこちらの方が使いやすいと思われる方も多いかもしれません。 ライブ配信や、動画をアップロードしようと思う方ならOBS系の方が使いやすいと思われると思います。
コロナ過で活動を制限せざる負えない状態の団体においてはIT化オンライン化を進めていくうえで必要なスキルになると思われます 動画配信においても顔出しが恥ずかしいなどあると思いますが現在ではVtuberとかバーチャルYouTuber呼ばれる配信者もいますので顔を出さずに配信できるアプリのバーチャルキャラクター導入も併せてすると活動の幅がひろがると思います

IT化支援も当団体ではしていますのでご相談もいただけます

Posted by air結婚応援部 at 11:51 | お知らせ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

air結婚応援部さんの画像
https://blog.canpan.info/airohen/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/airohen/index2_0.xml