CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
犬山aiエネルギー株式会社(アイエネ)は、愛知県犬山市を拠点に、市民出資により地域に自然エネルギーを普及することを目的として、2014年に設立した会社です。(TEL 0568-62-0222)

« 犬山市立城東中学の生徒を事務所にお迎えしました | Main | 自然エネルギーと経済効果 お金には責任がある »

会社概要

犬山aiエネルギー(株)さんの画像
犬山aiエネルギー(株)
会社概要の詳細
What's new
コンテンツ カテゴリ
リンク集
「5000円で犬山の夢を買いませんか」事業の募集終了![2015年11月01日(Sun)]
2015年7月より募集を開始しました、【5000円で犬山の夢を買いませんか】の27年度の販売を終了いたします。来年度以降の募集は現在未定ですが、類似の事業は必ず行まっていく予定です。
この事業は、太陽光発電パネルを1枚5,000円で販売し、3年間のパネルのオーナーになってもらう事業です。ふるさと納税の民間事業版のようなものです。
事業の詳細についてはこちら
後日追加があり、最終は以下となりました。(12月1日時点)
結果は、34名の方に、合計67枚、335,000円 の販売ができました。
ご参加いただきました方には、誠にありがとうございました。
1人あたりには、平均1万円売れたことになります。
名もない新設の一企業に対し、これだけの応募をいたけたことが、感謝でなりません。
これ自体が夢のようであり、夢を現実にしていく第一歩と確信しました。

先日、日本の弁護士が監督している「日本と原発」の上映会に参加してきましたが、
■原発全停止していても、3.6兆円の追加化石燃料で十分エネルギーは足りてしまうこと。
■「原子力むら」という原子力を中心とした利権構造は、日本の総生産の6割近くの額を動かす巨大利権組織として固まっている。
■民主主義国家で暴走したものに対して正当な権利を発言できる貴重な機会が裁判所。
■世界最大規模の地震国で、唯一原発を多く持っているのが日本。それを他の地震国
販売しようとしている。当然日本に燃料の永久処分可能場所は存在しない。




IMG_5826.JPG


間違っていることは誰がなんと言おうと間違っています。時が来て自滅するか、先に取り戻すことができるか、どちらの未来を日本はつかめるでしょうか。


Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 22:13 | 事業紹介 | この記事のURL

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aiene/archive/39