CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
犬山aiエネルギー株式会社(アイエネ)は、愛知県犬山市を拠点に、市民出資により地域に自然エネルギーを普及することを目的として、2014年に設立した会社です。(TEL 0568-62-0222)
会社概要

犬山aiエネルギー(株)さんの画像
犬山aiエネルギー(株)
会社概要の詳細
What's new
コンテンツ カテゴリ
リンク集
2020年2月15日 犬山まちづくりエネルギービジョンシンポジウム開催![2020年01月09日(Thu)]
皆さま、2020年もよろしくお願いいたします。

当社は、犬山再生可能エネルギー勉強会の世話人として、犬山の様々なプレーヤーとかかわりながら犬山全体のエネルギービジョンについて議論し、協力しあい、形にしていく、すなわち「まちづくり」をしていくことができるように尽力してまいります。

2020年のスタートとして、2月15日、日本の再生可能エネルギー業界のトップランナーのお一方でいらっしゃる、京都大学大学院の経済学者でもあり地球環境学堂の教授でもいらっしゃる諸富徹先生をお招きして、世界における日本の再エネの現状や、日本の進むべき道、その具体例などをお話しいただきます。
その後、犬山市のエネルギー政策を担ってきた犬山市や犬山まちづくり社長(元商工会頭)、犬山ガス社長、当社代表の谷口彰も登壇し、犬山の今後のまちづくりエネルギービジョンについてパネルディスカッションを行ないます。
このような場が開催できることを心より感謝しますし、ここからが大きなスタートとなれる機会と思っています。ぜひご参加ください。
tirasi-omote.png


tirasi-ura.png





Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 23:19 | イベント告知 | この記事のURL

12/24現役フォレスター 小森胤樹 氏に森のこと聞けます[2019年12月09日(Mon)]
12月24日に、午前午後にかけて一日講演会を実施します。
犬山市の今井森林愛護会にて、森林勉強会を開催します。
山づくりを語るのに共通言語が必要!? どうしたら計画的で監理された森林に保てるか、
現役フォレスターの小森さん(郡上エネルギー代表)が1日講義として伝えて下さいます。

170218剪定枝.jpg


主催は、今年7月に設立しました、一般社団法人今井森林愛護会です。犬山再生可能エネルギー勉強会も共催します。

日 時  令和元年12月24日(火)9時半から12時 及び 13時から16時
場 所  今井ふれあいセンター 多目的室 1
講 師  小森胤樹氏(一般社団法人ぎふフォレスター協会代表理事)
内 容  午前 森の見方 共通言語を持とう(森についての基本知識)
     午後 日本の森林のおかれている現状 森林行政についても知っておこう
参 加  誰でも無料で参加できます。(今井森林愛護会のお問合せよりご連絡ください

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 10:16 | イベント告知 | この記事のURL

11/11 名古屋経済大学で授業のお手伝いをさせていただきました[2019年11月19日(Tue)]
11/11は、令和1年11月11日でなかなかキリの良い日でした。
この日、犬山市にある唯一の大学、名古屋経済大学の経済学部准教授 本巣芽美先生にお声がけをいただき、2時限目の授業のお手伝いをさせていただきました。
名経大は、以前いらっしゃった槇平先生や、特任教授の岡田先生、経済学部の岸野先生などや
学生の皆さんに名経祭や犬山環境まつりなどでお世話になってきています。


タイトルは、『地域主導型の再生可能エネルギーを増やす意義と仕組みづくり』でした。

75543700_2777472002285965_6379081995787436032_n.jpg


経済・経営学部の方や、法学部の方が多く、また留学生の方も多くいらっしゃることがわかりました。
リアクションペーパー(略称リアペ)や、出席はIDカードをタッチするシステム、など、大学の空気を感じることができました。
リアペの中では、太陽光は家庭につけて元がとれる状況なのか、などいくつか質問もいただきました。
最後に問題を出しましたが、太陽光発電は家庭につけると、10年で元がとれるように余剰の買取制度が組み立てられています。したがって、値段が高すぎなければとれると考えてよいと思います。
しかし、これに蓄電池をつけると倍近い金額となり、まだ10年ではとても回収できない状況です。蓄電池の寿命が各社15年で精いっぱいなので、単に採算性でいくとまだ厳しいですが、日進月歩で技術が進歩し価格競争も進んできていますので、2020年度あたりには採算性も成り立つようになってくるかもしれません。
いずれにしても、非常時での電源確保や、自給など、あらゆる観点から、地域に再エネが増えることの価値を考え、どの立場にいる方でもできることを考えていけるとよいと思います。

本巣先生、このような機会をありがとうございました。
これを機に、学生からのインターンシップや、共同事業など、さらに色々な取り組みができれば幸いです。




Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 12:34 | 情報提供 | この記事のURL

11/2(月)岡山での市民発電全国フォーラムに登壇してきました[2019年11月19日(Tue)]
11/2(土)市民・地域共同発電所全国フォーラムin岡山の2日目の分科会にて、
「テーマ:再エネ事業のためのお金の作り方、回し方」のディスカッションに登壇させていただきました。
飛騨信用組合の方と龍谷大学の先生という素晴らしいパネリストの方々と共に、市民共同発電の実践者として僭越ながら事例発表及び発言をいたしました。
イベント概要はこちら
https://www.facebook.com/events/502315470519506/

この分科会もそうでしたが、全体としてはやはり、太陽光が固定価格買取制度でなかなか進めていきにくくなってきた中で、どのように資金を調達して再エネを増やしていくか、が大きな焦点になっていました。分科会の中では具体的な事業モデルなども考えながら、金融機関の役割や行政の役割と共に市民ができることを分担して考えていく、協働で取り組む、ということの大切さを認識しました。また、金融機関も過渡期にあって地域事業への融資先を作りたい中にいかに食い込んでいくかというところにも焦点があったかと思います。

74157538_1189937797883789_1106296044016107520_n.jpg

74209241_1186806954837318_6988037968141221888_n.jpg


こういった機会を通して日頃の悩みや苦労を共有でき、新しい視点や広い視点をもてることは大変有意義と感じます。多くの仲間をさらに全国で増やしていきたいと思いました。
また、去年は長野県飯田市で開催しましたが、事務局として関わらせていただき、多くの方にご来場いただきありがとうございました。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 12:15 | 情報提供 | この記事のURL

犬山市長がまちづくりの投稿 一般財団法人 環境イノベーション情報機構[2019年10月28日(Mon)]
一般財団法人 環境イノベーション情報機構では、『首長に聞く!』というホームページの企画で、地域の特徴や環境保全について首長に語っていただくというコーナーがあります。

2019年10月21日付けの記事では、第5回として、山田拓郎市長がインタビューをされています。信頼を築き、「逃げない、隠さない、ごまかさない」市政を目指されています。

第5回 愛知県犬山市・山田拓郎市長が語る、“犬山には日本がある”
http://www.eic.or.jp/library/mayor/005/

特徴として3つのポイントをあげられています。
■市全体が地域資源の宝庫という点。
■交通アクセスが非常にいいという点。
■地域コミュニティと言ってもいいと思いますが、地域の人のつながりがとてもしっかりしていること。

そして、環境政策についてもふれられています。
■人の幅広いネットワーク再構築による、環境基本計画やSDGsの実行
■再生可能エネルギーの活用
■クオリティを落とさずに儲かる省エネ
■可燃ゴミの広域処理の実現
■豊かな自然環境への観光の面を含めた計画 “都会に近い田舎”

最後に、自治区を越えて協力して、ともに新しい価値を創造する「共創」をなしていくことをふれられています。

これらのご意見に大変賛同します。地域資源に含まれる観光資源、自然の資源を大いに活用しながら、リスクある省エネ再エネ事業への市民活動の一端を担う当非営利会社も、市民共同事業を実施していけるよう邁進していきます。

あらたに立ち上がりました一般社団法人今井森林愛護会とも連携して、森林資源の活用へも道筋を入れていきたいと願っています。

hayashi1.jpg

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 15:08 | 情報提供 | この記事のURL

8月23日 (一社)今井森林愛護会 設立総会[2019年07月25日(Thu)]
8月23日 一般社団法人今井森林愛護会 設立総会がありました。
当社代表の谷口彰も選任いただき、共同代表となりましたので、お知らせいたします。

この今井森林愛護会は、犬山市今井における里山の保全を目的とした、非営利活動の法人です。
ホームページはこちら。
https://imaishinrin.jimdofree.com/

S__30523395.jpg


もう1人の共同代表である西尾晴孝さんは、犬山再生可能エネルギー勉強会の代表であり、今井出身の方です。共に今井の里山森林を間伐し、木材のバイオマス利用、付加価値利用を目指していきます。
犬山再生可能エネルギー勉強会のホームページはこちら。
https://inuyama-re-meeting.jimdosite.com/

勉強会で再生可能エネルギー全般の啓発や研究を続け、その実動として今井の方々と今井森林愛護会が立ち上がりました。持続可能な地域活動として、犬山、そして日本の再エネを盛り上げていけるよう尽力していきます。

また、今回ご協力いただけるようになった、株式会社郡上割り箸郡上エネルギー株式会社の小森胤樹氏のご協力が大きいです。森林総合監理士であり、森林への多くの知識を持ち、多くのアドバイスをいただいています。

これからも、多くの方々と共に進めていけるよう、ご協力・ご声援をよろしくお願いいたします。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 17:24 | リリース | この記事のURL

犬山市主催「犬山市の環境について考えよう」に参加しました[2019年06月18日(Tue)]
6月16日日曜日、犬山市主催の犬山市環境基本計画に向けた「犬山市の環境について考えよう」の会議に参加しました。犬山市役所にて開催されました。
https://www.city.inuyama.aichi.jp/kurashi/gomi/1005043/1005871/1005875/1005878.html

スクリーンショット (719).png

(犬山市のHPより)

3月2日に犬山市役所で実施されました、「タウンミーティング」の続編になっています。
前回のワークショップでは、5つの環境分野(環境保全活動、生活環境、循環型社会、温暖化対策、自然環境)に関して自分たちでできることのアイデアや意見を出しました。
こちらに出された意見の一覧資料があります。
https://www.city.inuyama.aichi.jp/kurashi/gomi/1005043/1005871/1005875/1005877.html
前回は冒頭に山田拓郎市長の環境先進都市を目指すことへの熱いメッセージがありましたが、今回も市長が来られ、廃棄プラスチック、食品ロス、今年度から森林環境譲与税が犬山市にも200万程度目的税として入ること、など話されました。
また、環境基本計画策定の委託先である、知識経営研究所の田中氏より、他の都市でも一番の問題はトップランナー以外の多くの人をどう巻き込むかの内容が大切だということを述べられました。

市会議員の方も、積極的に参加されていました。
新規の長谷川泰彦氏(環境系企業 有限会社アパス代表)吉田鋭夫氏(国民民主党)柴山一生氏水野正光氏(日本共産党)、などが出席されていました。

残念ながら、ワークショップの時間は3月2日の資料を殆どの人がその場で見て、前回挙げられている意見の意味がわからないまま、5つの環境分野についてさらに意見を出す、という漠然で方向性のない時間に呆れて過ごすこととなりました。
前回の環境基本計画が切れて放置され数年、前回の環境基本計画を振り返りもせず、バックキャスト(10年後の目標からの逆算)か、積上げによる達成目標か、意見発散なのか集約なのか、方針を決めねば集まっても時間の浪費となります。積上げるとしたらせめて前回の意見と合わせて上位項目を決めずに類似項目だけ集めておいて、中項目を整理する時間、としなければいけません。
少なくとも前回の意見を多少なりともまとめて話していただく時間が必要でした。

たとえば、こういうのはどうでしょうか。残り3回の中で、5分野なら5分野で意見を出したいグループを自主的に決めて参加してもらい、人数偏りは市の方で当日最初に調整して、分野を絞って集約か発散かをする時間にするのはどうでしょうか。30分〜1時間では1分野で到底精一杯です。

今後は9月、12月、2月の3回があり、次回は9月29日(日)10時から犬山市役所で開催とのこと。ぜひ議論のマトをはっきりさせた時間にしていただき、多くの方で議論し、横の繋がりも広げていきたいと思います。

今回の会議は、6月18日にケーブルテレビにて放映されるそうです。

また、犬山再生可能エネルギー勉強会のHPができました。よろしければご閲覧ください。
https://inuyama-re-meeting.jimdosite.com/

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 11:08 | 情報提供 | この記事のURL

岐阜県郡上市の森林で活躍する小森胤樹氏講演会[2019年04月18日(Thu)]
直前の連絡となりましたが、4月20日の土曜日、
小森胤樹氏の講演会と犬山再生可能エネルギー勉強会総会が開催されます。

日 時:2019-4-20(土)13:30〜16:00
場 所:市民健康館 さらさくら 2F研修室
1、13:30〜14:30 犬山再生可能エネルギー勉強会 総会
2、14:30〜講演 小森 胤樹氏 「犬山の森林資源活用を考える」

komori.png

株式会社郡上割り箸 HPより参照
http://gujowaribashi.com/

小森氏は、日本の林業に携わるべく岐阜県郡上市にIターンし(関西の都市部から移住)、チェンソーをもって山に入る現場作業員から始めて林業に本腰を入れて携わられ、森林総合監理士になられています。また、地産地消と地方創生を実現する新電力会社も立ち上げています。
ぜひお越しください。


Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 11:52 | イベント告知 | この記事のURL

3月2日(土)コープあいちの環境勉強会と、犬山市のタウンミーティング[2019年03月01日(Fri)]
3月2日(土)朝10時より、コープあいち主催の環境勉強会が開催されます。
こちらは金山駅となりにある、名古屋都市センターです。
http://coopaichi.adrev.jp/topics_detail31/id=602

カンキョーズという漫才師による「おもしろなるほど新エネルギー」(仮)
というお話があるそうです。代表の谷口も出席して意見交換します。


また、同じく3月2日(土)の午後1時30分 から 午後3時30分 まで
犬山市役所2階 205会議室にて、犬山市の環境政策やSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みについての
タウンミーティングがあります。ぜひ犬山市の方、ご参加ください。
https://www.city.inuyama.aichi.jp/event/1005555.html

多くの方とともに、地域が環境をより良くしていける方法を話し合いたいです。
それは即ち、地域の豊かさと住み良さに繋がっていきます。

Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 09:59 | イベント告知 | この記事のURL

木質バイオマス熱事業も本腰を入れて進めていきます[2019年01月23日(Wed)]
2019年もよろしくお願いいたします。
平成最後の年となりますが、年の瀬には新しい元号になっていることや、消費税が10%になっていることなどを想うと、今年も様々な変貌をとげる一年になることでしょう。
当社としても、5年目となる節目、時代の潮流だけに流されず、確実な一歩を進め、犬山を中心に地域への貢献をしっかりとできるよう、努力していきます。

山田拓郎市長も2期目のスタートとなりましたが、愛知県知事選も2月3日となります。
不在者投票は実施中です。皆さん選挙に足を運びましょう。
市政も県政も新たなスタートとなる今年、当社は、木質バイオマス事業により力が入る今年となりそうです。
太陽光発電は10kW以上が売電単価14円+税となる見込みで、すでに高圧受電施設への直接売電よりも安い価格となりそうです。日本としてはグリッドバリティ(投資と回収単価の均衡)が実現できているか微妙なところです。おそらく投資目的の大規模なものは相当開発が減るでしょう。
売りに出るもの等のセカンダリ市場は伸びるかもしれません。いずれにしても、太陽光は次のステージに入り、導入価格はある程度下がり自給自足、ローン回収の一助として初期導入必至の方向で展開して自然増となるでしょう。
そして、地域に増やしていくべきは、地域資源を利用したその他のエネルギーを、その地域の方といかに協力連携して利用していくかということです。
エネルギーは必要であり、その地域に潜在する。あとはどう連携して効率よく利用していくか、ここにかかっています。
当社は福祉施設にて2機のMOKI木質燃料ボイラを利用して、熱供給事業を実施しています。
利用2年に入り、実績も安定しているため、地域内への横展開を今年実施できるよう、準備していきます。
また、地域のCO2削減についても、省エネ等含め協力していけるよう尽力します。
DSC_0705.jpg

KIMG0566.jpg



Posted by 犬山aiエネルギー(株) at 14:10 | 事業紹介 | この記事のURL

| 次へ