CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
化学物質過敏症の患者会です。
おもに愛知県を中心に活動しています。


化学物質過敏症は、香料をはじめとした揮発性有機化合物によりひきおこされる自律神経調節障害です。社会的認知度は低く、診断・治療を行う医療機関は全国的にわずかです。そのため、回復のないまま社会的にも孤立し、つらい生活を送るひとが多くいます。
 
あいちReの会は
@化学物質過敏症や「香害」やその他の類似する病気などで悩む方が、安心して生活が出来るよう食事や生活スタイル・環境の改善を提案します。
A社会的孤立に陥らないための相互支援を基軸として、社会との連携を目指し衆知活動を行います
 
 

連絡先
E-mail : cs.aichi.renokai@gmail.com


当会に相談される場合は以下のシートにご記入の上、連絡願います。(茶色文字をクリック)

CS生活状況シート2021-2PDF.pdf


化学物質過敏症のリーフレット(茶色文字をクリック)
リーフ表.pdf
リーフ内.pdf
化学物質過敏症の病態について [2021年08月12日(Thu)]
2018年にシステマティック・レビュー*が出されてから
化学物質過敏症は中枢性感作症候群として病態が位置づけられました
     * https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30088144/
      厚労省研究成果
      https://mhlw-grants.niph.go.jp/project/147508/1

中枢性感作症候群
環境過敏(化学物質過敏症CS、電磁場過敏ES等)においては、持続性あるいは進行性の化学物質、電磁場等の刺激に対する知覚認識の障害と定義可能とされた多彩な症状群を包括する概念である。複数の感覚系の状態を基礎とした特異な性格傾向を伴い、訴えの多くが自覚症状で、取扱う臨床医が少なく、 不安が症状を悪化させるという、慢性疼痛と類似の構造を有する。


学術的でわかりにくい説明なのでかみ砕くと

香りを初めとした揮発性有機化合物、粒子状物質など「化学物質過敏症の原因とされる物質」は、多くは「原因」ではなく「トリガー(きっかけ)」である

身体症状の多くは、患者が「原因物質」と称する物質の毒性等によるものではなく、脳の刺激閾値の低下による過剰な反応による。


今苦しんでいる患者の体感では、「香料は毒」としか認識できません。
それが自身の脳の暴走によるとは簡単には納得できないであろう事も理解できます。

しかし、システマティック・レビューは医学論文の中でも科学的信頼度が極めて高くバイアス(間違い)の発生がきわめて低いものなので、これににより国内でも中枢性感作症候群として学会での研究や治療の方向が定まってきました。日本でも既にこの方向での治療が一部ですが始まりつつあります。


しかしながら
他の中枢感作性症候群と異なり、化学物質過敏症は他人が使用する物により症状の悪化をきたします。個人の環境整備だけでは追いつかない点もあります。
化学物質に高感受性を持つ人は人口の4.4〜7.5%との調査があります(東,Skorvbjerg)
それだけの人が社会参加ができないのは、社会としても大きな損失です。周囲の人や社会に対して適切な協力を仰ぐことは患者の権利です。



あいちReの会へ相談を希望されるかたは「生活状況シート」にご記入の上お願いします。
トップページから入手できます。

スクリーンショット 2021-08-12 7.54.44.png
スクリーンショット 2021-08-12 7.54.36.png
Posted by 藤井 at 08:35 | この記事のURL
cs患者のワクチン接種 [2021年07月18日(Sun)]
コロナワクチン接種については、CS患者さんは悩んでいらっしゃると思います。
SNSでは何人か方が接種済みで経過を書いてくださっています。
1回目はさしたる副反応はなし。2回目は発熱と割とあたりまえな反応のようです。
当会の代表の藤井も1回目の接種が終わりました。
以下、Facebookに掲載した記録です。

_________________________________________


ワクチン1回目打ってきました。
ファイザーでした。
化学物質過敏症の患者さんはワクチン接種について不安に思っている方もいらっしゃると思います。
個人差もあるとは思いますが、経過を詳し目に書いておきますので、参考になさってください。
実は、わたしはインフルエンザの予防接種で腕がひどく腫れたことがあります。なので、副反応についてはちょっと神経質になっていました。また、今回のワクチンには関係ないそうですが、食物アレルギーや自己免疫系の疾患もあります。

▷注射自体は全く痛くないですが、10分ほどしたら打ったところが違和感というかごく軽い熱感というか、重い感じ?
打った方の腕を動かすといいと何かで読んだので、手を回したり腕を回したりして、シャワー浴びたらちょっとスッキリ。
他は何もありません。
以下参考。
https://www.asahi.com/relife/article/14377026

▷12時間経ちました。
なんか少し腕がだるい、挙げづらい。

▷〜24時間後
生理の時のような倦怠感があって、以前から傷めている右肩・左膝がいつもよりは痛いかも(注射した右肩より傷めているところの方が痛い)
しかしそれも家事は普通にできる程度の痛み。

▷48時間後
すっかり元通り。


1回目は想像を遥かに下回る反応で、拍子抜けでした。
ワクチン2回目も報告しますね。どうなるかな️
Posted by 藤井 at 19:55 | この記事のURL
婦人科経膣検診プローブカバー・コンドームについて [2021年07月05日(Mon)]
問い合わせがあったのでまとめました。
コンドームには潤滑剤が添加されています。
おおよその成分はサガミ「99%潤滑ゼリー」を参考にして下さい。ポリウレタン製・合成ゴム製はほとんどは無香料ですが、詳しく知りたい方はメーカーに問い合わせをお勧めします。
(下記の茶色文字をクリック またはタップしてください)
コンドーム2021.pdf
Posted by 藤井 at 18:58 | この記事のURL
化学物質過敏症に関する名古屋市議会議会質問 [2021年06月25日(Fri)]
6月25日午後、名古屋市議会本会議で久田邦博議員が「化学物質過敏症に対する普及啓発について」個人質問で取り上げます。
下記サイトから視聴できます
また録画は29日以降に視聴できます。
https://nagoya.gijiroku.com/index.asp
Posted by 藤井 at 11:12 | この記事のURL
化学物質過敏症児童対応の学習塾 [2021年05月17日(Mon)]
シックハウス症候群や化学物質過敏症のお子さんに対応している愛知県あま市の学習塾です。

https://peraichi.com/landing_pages/view/suidousansueigo

化学物質過敏症のお子さんは教室には入れず、通学も困難になります。
そう言ったお子さんの学習の不安やおくれを解消するためにも、安心して通える塾や学習サポートがどんどんできてきてほしいものです。
Posted by 藤井 at 13:23 | この記事のURL
 <お知らせ> [2021年04月18日(Sun)]
新形コロナ感染症蔓延のため、現在交流会を中止しております。

相談は随時受け付けております


 E-mail : cs.aichi.renokai@gmail.com
         代表者 藤井淑枝
QR コードからメールフォームが起動します

QR_703292.png
Posted by 藤井 at 08:49 | この記事のURL
あけましておめでとうございます [2021年01月01日(Fri)]
年賀Reの会2011のコピー.png
Posted by 藤井 at 07:41 | この記事のURL
交流会について [2020年12月19日(Sat)]
本年2月より新型コロナ感染症が拡大しております。

・3月22日に予定しておりました交流会は中止致しました

・5月2日に会員のみでリモート交流会を行いました

・6月28日には換気を十分にとり、夢茶やとリモートとで、会員のみでの交流会を行いました。
  
・その後も感染再拡大のため、会員限定でリモートの交流会を行っています


状況が落ち着き次第、会員外の方への案内も再開しますが、当面は相談等はメールでお願いいたします。


ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

今年もまもなく終わりますが、来年こそは穏やかな年になることを祈っております。
Posted by 藤井 at 17:33 | この記事のURL
CSにもおすすめのエクササイズ [2020年04月06日(Mon)]
CSで急に体重の落ちた経験のある人は、筋肉量(筋繊維の一本一本の太さや筋繊維量)が減っているので、ちょっと負荷を掛けすぎると、痛みが強く出て、ますます動けなくなります。
そうなると、繊維筋痛症か?とますます運動から遠ざかり、悪循環・・・そんなCSさんは多いのでは?
また、無理をしたあげく、膝や靱帯を傷める人もいます。
ほんの数年前までは高齢者向けの筋トレなどの情報が少なかったのですが、最近はいろいろ充実していてCS対策としてに参考になるものも多くあります。
筋肉量が増えると、身体の痛みが少なくなり、気持ちもポジティブになります。
いろいろ反応しにくくなりますよ!
ウォーキングより確実に効果が上がります!

高齢者向け筋トレ
https://youtu.be/pe2Q8LGdm2c

膝がいたい人向けスクワット(正しいスクワット)
https://youtu.be/h8wPr0dpnWw

初めは机に手を置いて行ってください
様々ありますが、これ以上に体力の落ちている人は
添付のフレイル予防のエクササイズからはじめてください。

フレイル予防.png

「何回行う」などの記載は気にせず、ちょっとしんどかったら、やめる。
続けていれば自然にもうちょっとやろう、と思えてきます。

消毒については、
CS対策に通じるところがあります。
アルコールが使えない方も多いと思いますが、参考にはなります。
https://youtu.be/dSNfcQdMvII
Posted by 藤井 at 09:01 | この記事のURL
交流会中止のお知らせ [2020年03月02日(Mon)]
3月22日(日)に予定しておりました交流会は中止します。
次回は、COVID−19(新型コロナウィルス)感染症の流行状況を見て決定します。
Posted by 藤井 at 09:33 | この記事のURL
| 次へ