CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新しい活動様式〜活動再開に向けて〜 | Main | 「いずみ環境くらぶ」令和2年度活動予定»
災害ボランティア情報(2020/7/22更新) [2020年07月22日(Wed)]
全社協 被災地支援・災害ボランティア情報より http://saigaivc.com

このたびの大雨により犠牲になられた方に謹んでお悔やみを申し上げると共に、被害を受けられたみなさま及びご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

本来、災害ボランティア活動は、個人個人の自由な意思に基づいた活動であることが原則です。
しかし、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで、感染を広めてしまう恐れがあります。
とくに今回の被災地域は、人口に占める高齢者の割合も高く、感染の広がりが被災地の住民の命を脅かす事態を生じさせかねません。

そのため、今回の災害における今後のボランティア活動については、県及び被災市町村の意向をふまえ、被災地の状況や情報をよく確認のうえ参加するようにしてください。

ひらめき2020(令和2)年豪雨災害 特設ページができました!

ひらめき ボランティア保険がWEBより加入できるようになりました

ただし、現在設置されている、(社協)災害ボランティアセンターの活動に参加する場合に限ります。
また、支払いはクレジットカードのみで、キャンセル及び保険料の払い戻しはできません。


【災害救助法適用自治体】 ※7月8日現在
【長野県】7月8日付・14市町村松本市、飯田市、伊那市、安曇野市、宮田村、阿南町、阿智村、下條村、売木村、上松町、南木曽町、王滝村、大桑村、木曽町
【福岡県】7月6日付・4市
大牟田市、八女市、みやま市、久留米市
【熊本県】 7月4日付・16市町村
八代市、人吉市、水俣市、上天草市、天草市、芦北町、津奈木町、錦町、多良木町、湯前町、水上村、相良村、五木村、山江村、球磨村、あさぎり町
【鹿児島県】 7月4日付・7市町
阿久根市、出水市、伊佐市、長島町、鹿屋市、曽於市、志布志市

ひらめき 感染症対策(消毒の知識)を付けてから行きましょう!
自分が感染したり、他人に感染させないためには、ひとりひとりの基本的な
感染症対策が必要です。

ひらめき「ボラサポ・令和2年7月豪雨」受付スタート!
中央共同募金会では「令和2年7月3日からの大雨」において、被災者支援を行うNPO・ボランティアグループなどの活動に役立てていただくための支援金募集を行っています。


【ボランティアをお考えの方へ】

被災地支援のボランティア活動は、支援を求める被災地の方がたのニーズと、支援をしたいという方がたの熱い思いによって成り立っています。このお互いの思いがすれ違うことがないよう、活動に行く前に下記ホームページをご一読ください。
saigaivol.png
saigaivol2.png
























また、お出掛けになる前に、今一度、自分とも向き合ってみてください。衝動だけで動くのではなく、くれぐれも二次災害にならないように注意事項などをよく読み返してから向かってください。


右斜め下活動に参加される方は、被災地に行く前に、今一度お読みください!

災害ボランティア活動の基本的な注意事項
vol15minutes.jpg



ひらめき 活動にあたっての


ひらめき 2班で15分交代(しっかり休憩!元気に活動!)


災害ボランティア活動には大きな期待が寄せられる一方で、ボランティア活動が被災地の人々や他のボランティアの負担や迷惑にならないよう、ボランティア一人ひとりが自分自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。

  • 1. 災害ボランティア活動は、ボランティア本人の自発的な意思と責任により被災地での活動に参加・行動することが基本です。
  • 2. まずは、自分自身で被災地の情報を収集し、現地に行くか、行かないかを判断することです。家族の理解も大切です。
  • 3. 被災地での活動は、危険がともなうことや重労働となる場合があります。安全や健康についてボランティアが自分自身で管理することであることを理解したうえで参加してください。
  • 4. 被災地で活動する際の宿所は、ボランティア自身が事前に被災地の状況を確認し、手配してください。水、食料、その他身の回りのものについてもボランティア自身が事前に用意し、携行のうえ被災地でのボランティア活動を開始してください。
  • 5. 被災地における緊急連絡先・連絡網を必ず確認するとともに、地理や気候等周辺環境を把握したうえで活動してください。
  • 6. 個人で参加される方は、被災地に到着した後、必ず災害ボランティアセンターを訪れ、ボランティア活動の登録を行ってください。
  • 7. また、現地の受け入れ機関の指示に従って活動してください。単独行動はできるだけ避けてください。組織的に活動することで、より大きな力となることができます。
  • 8. 被災地では、被災した方々の気持ちやプライバシーに十分配慮し、マナーある行動と言葉づかいでボランティア活動に参加してください。
  • 9. 自分にできる範囲の活動を行ってください。休憩を心がけましょう。無理な活動は、思わぬ事故につながり、かえって被災地の人々の負担となってしまいます。
  • 10. 備えとして、ボランティア活動保険に加入しましょう。その際、極力出発地で加入手続きを行い、被災地に負担をかけないよう配慮しましょう。

ひらめき 感染症対策(消毒の知識)を付けてから行きましょう!
自分が感染したり、他人に感染させないためには、ひとりひとりの基本的な
感染症対策が必要です。

Posted by アイ・あいロビー at 20:00 | 災害・復興・募金関連 | この記事のURL