CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2006年01月04日

新税制

2006年がスタートし、パラグアイでも新たな税制が適用されたようだ。

主に所得税に変化があるこの新税制は、変化が多く国民に混乱を招いているようだ。私が日本に来る前に、この税制を読んだ時はまだ法案の時点で、様々な議論が交わされていた。

何が問題かって、複雑なんです。分かりにくい。国に騙されているんじゃないかって気分になる。投資した分(消費税)を所得税から差し引くとか、そんな払い戻しみたいなことまで盛り込まれているものだから、国民が賢くならなければならない。まだ識字率の低い国において、煩雑な手続きが必要な税制は搾取にも思えるが。

最終的な法律はさすがに完璧だろうけれど、上院で審議されていた時点では法律に誤字・脱字が目立った。コピー&ペーストでやっているのだろうか、とんちんかんな文章も多かった。今は修正されたのだろうか。気にはなるけど、ちょっと読む気にはならない怠け者な私すいません

適用されたとはいえ、問題があれば早急に見直し・改正するような柔軟な姿勢がほしいものです。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック

格差・多文化社会における災害復興
Excerpt: 以前、カタリナ台風被害に呼応してBrad Pitt=ブラッド・ピットが主宰する建築設計コンペを紹介しましたが、ニューオーリンズ現地において、災害復興の中心的な役割を果たしているNPOの一つ、Commo..
Weblog: 海外NPO/NGO/QUANGOサイトひろいよみ
Tracked: 2006-05-23 10:52