CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
人材の地産地消と中国産業局の取り組み [2011年09月08日(Thu)]
こんにちは、agreen事務局です。

朝晩は随分と涼しくなりましたが
週末はまた蒸し暑さが復活するとの事。
皆さん体調管理にはご注意を。

さて

朝日新聞(8月31日)の記事に気になる単語がありました。

それは『人材の地産地消』

記事によると

「人材の地産地消を実現したい」

埼玉労働局の安藤よし子局長は30日の定例会見で、
仕事を探す大学生への支援を強める狙いをこう表現した。

新卒学生の採用に苦労する地元企業が多い一方、
県外の大企業ばかりに目を向け、
なかなか就職できない大学生も目立つ。

両者を結びつけ、
地域経済の活性化にもつなげる考えだ。

別のブログにも、こんな事が書いてありました。

人材にも地産地消が必要である。
地域に愛着を持つ若い人が、その地域に仕事を見つけ、
未来の地域のために貢献できるような仕組みをどう作るか。

建設業が衰退し、農業が後継者難に喘ぐ今、
とりあえずは公共セクターが若者の活躍の場を
提供するしかない。

さて

確かにコンセプトとし地域の人材の地産地消は興味深いですが
そのために必要なものが「働く場」の創出・確保。

一解決方法として中国地方で面白い取り組みがあります。

第3回地域産業の担い手育成研修』参加者募集について
(中国経済産業局)

■内容

 中国地域では、全国を上回る人口減少や高齢化が進展するなか、地域の自立化・活性化に向けて、地域固有の資源を活用した商品・サービスづくり等による地域産業の創出が求められているところですが、地域を支える産業の担い手や支援人材の不足が懸念されています。

 こうした中、当局では、これらの地域の課題を解決するため、平成21年度より、中山間地域における食分野の地域資源発掘から商品開発、ブランド化までを担う次世代の担い手人材育成を目的として、企業及び自治体、産業支援機関等を対象に「地域産業の担い手の及び支援人材育成研修」を実施しております。

 この度、第3回目となる研修を以下のとおり、開催いたしますので、関係される皆様のご参加をお待ちしております。

■日程

<第1回> 平成23年11月30日(水)〜12月1日(木)
<第2回> 平成23年12月7日(水)〜12月8日(木)
※1泊2日(2回シリーズ)

■場所 山口県セミナーパーク (山口県山口市秋穂二島1062)

■講師陣

中澤さかな氏 (山口県 道の駅 萩しーまーと)
白田典子氏 (有限会社良品工房)
大坪素久氏 (株式会社紀ノ国屋)
吉長成恭氏 (広島国際大学)

ご興味ある方は是非参加してみてください。

Posted by agreen at 16:29
地域映画『商店街な人』のご紹介 [2011年09月07日(Wed)]
こんにちは、agreen事務局です。

今日は地域映画「商店街な人
古きよき時代の地域コミュニティの復興と銭湯浴場内で
映画上映と物産交流のご紹介です。

転載

特定非営利活動法人ワップフィルム(所在地:東京都大田区 理事長 高橋和勧、神奈川県藤沢市在住)は、地域映画「商店街な人」上映イベントを9月27日、はすぬま温泉(所在地 東京都大田区 店主近藤和幸氏)にて行う。江戸文化より、銭湯は生活の一部であり、上下の別なく、裸の付き合いができる庶民のいこいの場だった。情報交換、物々交換するなど地域交流の場。映画と銭湯のつながりも深く、昭和30年代には銭湯の脱衣所に映画のポスターが貼られ、番台で割引券などを配布されていた。はすぬま温泉のある蒲田地区は松竹映画の発祥の地でもある。それらを新しい形で再現しようとするのが、今回の上映イベント。浴場内での背景画を利用した映画上映は前代見門の挑戦。

上映前から大田区の姉妹都市である秋田県美郷町やこの映画事業に後援をしている地方観光都市(神奈川県横須賀市、、愛媛県松山市)等の特産品紹介、子どものためのコーナーなどを設け、映画上映後にライブトークを行う。銭湯で映画を見た記憶が子どもたちの潜在脳に残り、古き良き地域文化が次世代に受け継がれることが狙い。銭湯内でのつながりが、地域コミュニティに波及し更に特産品交換を通して地方都市連携のきっかけとしていきたい考え。



■イベント詳細

日時: 2011年9月27日(火)  19時〜 (特産品紹介は16時から開始)
場所: 大田区はすぬま温泉(大田区西蒲田6-16-11 03-3734-0081 )
内容:

1、映画上映&ライブトーク(男湯) 銭湯から次世代へ 親から子へ繋ぐ、古き良き文化と共通体験 
2、特産品紹介(女湯)  
3、子どもコーナー(女湯) 地域の人による折り紙教室など
  参加費:500円(小学生以下無料) ※小学生以下の子ども先着30名に仁手古六郷サイダープレゼント

■ワップフィルムの目指す 地域映画(リージョンフィルム)
映画制作は多様な人々が関わる「ものづくり」の作業であり、地域映画はその製作過程で地域を軸に、歴史文化、埋もれている地域資源(人材含む)を掘り起こすことである。映像をアーカイブし保存する。
地域の課題を盛り込むことによって地域を考えるきっかけをつくる。

■ワップフィルム 上映イベントのこだわり
単に映画を上映するのでなく、地域特性の掘り起こしや課題の解決、及び活性化のため、テーマを設定しモデレーターを招き、参加者を巻き込んだライブトークを実施。市民が一体となり映画を通した、地域コミュニティの再興を目指す。

■今後の活動
地域の方々と共にリージョンフィルム(地域映画)を作り上げることを目的として「リージョンフィルムディレクタープロジェクト」を展開。歴史や文化、自然との共生などの地域資源を、そこに住む人と共に探しだし、脚本・撮影・演出などを担う人材育成を行う。大田区を舞台にしたリージョンフィルム第2弾の撮影に入る(24年度)。また、商店街の空き店舗を活用し「映像を通した地域交流、情報発信、地方連携の拠点」である「映画物産館」(仮称)を計画し、各地の地域映画を収集、特産品の直販にもつなげる。市民主体の新しいまちづくりを具現化していく。


【お問合せ事務局/担当:菊地】 
TEL:03-3573-5692 携帯:090-1509-4112 FAX:03-3571-7663
E-メール:wup.film@gmail.com ウェブサイト: http://wupfilm.jimdo.com/ 

(転送終わり)

なかなか面白そうです!
管理人も参加してみたいと思います。

Posted by agreen at 11:35
神田駅で発見、地域活性を応援する飲食店! [2011年09月01日(Thu)]
こんにちは、agreen事務局です。

台風が接近しているためでしょうか?
蒸し暑いというよりは、「粘着質」のべっとりとした
「何」かが体にまとわり付く感じの都内です。

さて

神田にオフィス引越し後、最近では
スタッフと連れ立って神田駅周辺の商店街の
地域がらみのお店探しを楽しみにしています。

先日入ったお店では、青森県十和田の牛を
使用した日替わり定食(そのお店夜は、ビールが
とんでもない格安!)など、色々なお店発見が新鮮です。



今日は、「なみへい」のご紹介!

『東京から故郷おこし』をコンセプトに

東京在住の故郷出身者が故郷を想い、同郷の人とつながる場にしたい。
故郷をもたない人にとっても、第2の故郷ができる出会いのきっかけにしたい。
調理も出来て、飲食も出来て、交流も出来て、物販も出来る場に!(HPから抜粋)

興味深いのがA〜Cコースの内容(HPから引用)

●A:おまかせコース 
3,200円

おまかせコース6〜7品の中に地方の特産品3〜4品
※今月の特産品は以下のページをご覧ください。

●B:特産3品プレート+単品メニュー
たくさん食べられない人や、選んで食べたい方のために、
特産3品プレート(1500円)

●C:産直シェフ&1日シェフ プラン

「地域食材を都会で試してみたい」「素人だけど腕自慢してみたい」など、
実際に調理&交流し、直接お客さまの感想を聞いてみたい
という要望にお応えしてできた単発シェフ企画

場所は、神田駅から徒歩3分です。

Posted by agreen at 11:43