CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
農業経営って何ですか?女子大生の質問に答える vol.4 [2010年10月26日(Tue)]
こんにちは、agreen事務局です。

太田黒公園の近くに柿の木があるのですが、
天候のせいでしょうか実は初夏を思わせる
鮮やかな青々さにびっくりします。

柿といえば、晩秋を表す季語です。
加藤楸邨の、柿色の 日本の日暮 柿食へば
には、程遠いですね。



さて、農業経営って何ですか?
シリーズも第4回目、今回で、いよいよ最終編です。
前回までの続きはこちらから。



しかしながら、農業経営を志す人を混乱させたかもしれないが
実は経営者として成功した人には福音が待っている。
それは”事業家”としてのキャリアパスだ。

商売を覚え、経営を覚えたら、次は事業を覚えることができる。

”じ、事業って何だ?・・・”って声が聞こえてくるかもしれないが
そう、経営者としてある程度成功した人には、
事業家にチャレンジできる道がある。

恐らく、農業経営に興味がある人は、この事業家を
目指しているんじゃないかな?

事業とは社会的課題を経済合理性で解決するアプローチのこと

素人がボランティア精神でチャレンジし成功できる程甘くない。
商売を覚え、経営を覚えた者だけが事業にチャレンジできる。
まあこの話はまたの機会に。

次回は、おけら牧場、あるいはゲリラマルシェです!


Posted by agreen at 09:12
農業経営って何ですか?女子大生の質問に答える vol.3 [2010年10月22日(Fri)]
こんにちは、agreen事務局です。
前回登場したリヤカーで露地野菜を港区白金地区で販売(ゲリラマルシェ)をしている
女子大生からの質問、「農業経営って何ですか?」に答える、第3弾!

(文字が多いので、これまでサイズの問題でアップできなかった
色々な写真を間にはさみながら)



前回は、"経営”を語る前に”商売”を覚えたほうがイイという話をした。
今回は、農業をやる上で、どこで経営が必要になってくるかを説明します。

教科書には、”リソースの最適配分により、利益を最大化する・・・”
なんてことが面倒な表現で書かれていると思うけど、

そのレベルの概念を理解したからといって(農業を行う)大自然の前では無力。



経営の主なテーマは”継続”だと以前に述べたけど、
正直イマイチ、ピンとこないのではないだろうか。

経営に関してポイントになるのは、何を継続するかだけれども
それはスバリ、”商売”そのものだ。

”商売=儲けの仕組み”を継続させるのが経営で、
農業の主要素である”耕作”の継続に知恵を絞ることは
経営ではない。



”耕作地を維持する。”や”雇用を維持する。”は
経営判断の重要な要素だが、残念ながら経営の目的ではない。
なぜなら経営の目的は”儲け”を継続することだから。

社会調和を最優先し、
献身的に破産覚悟で耕作を継続するのは
経営では無い。

それは

儲かることをやり、儲からないことをやめるのが経営で、
一次産業の枠をはみ出す決断をするのも
経営かも知れない。

また”儲けの仕組み”を継続させる為に、
事業領域から耕作を除外することを決断するのも
経営かも知れない。



農業経営の結末が、
発展途上国に生産させて先進国に輸出し、
日本に空洞化を招いていた事実もある。

耕作放棄地の問題を何とかしたくて、農業経営にチャレンジしたのに、
結果的に日本の一次産業の空洞化に加担していたなんて、
本末転倒である。


続きます!


寒くなってきました、体調を崩されないよう皆様良い週末をお過ごし下さいませ!

Posted by agreen at 05:57
農業経営って何ですか?女子大生の質問に答える vol.2 [2010年10月07日(Thu)]
- 前回まで -

女子大生

「営農って農業を経営するですよね。要は、農作物をちゃんと作って、
ちゃんと売るって事なんですかね?なんか良く分からないんです。
農業サークルの友達も同じように悩んでるんですよね。」


と言う疑問に

agreenは、

商売の主なテーマは、”どのように儲けるか?”
経営の主なテーマは、”どのように継続するか?”


と、なんとなく分かっている「つもり」の言葉をまず定義しました。

それでは続きです。

-----

前回、農業経営を目指す人達に、経営と商売は違うということを述べた。
なぜ最初にこの事から述べたかと言うと、

当然過ぎて、誰もが忘れてしまいがち。


更に付け加えるならば、
素人がイキナリ経営者になるのは、ちょっと無理があると思う。


農業経営を目指す人達は、まず商売を覚えてから参入しないと、
早晩農業から退場することになる。


商売とは、”どのように儲けるか?”が主なテーマで、
どのように生産するかは主なテーマじゃない。


”いつ、何を、どのくらい、どのように作って、どこに売れば、どのくらい儲かるのか?”
が農業を商売として考えた時に重要な論点となる。


無農薬や有機農法などの生産方式だけが、農業の重要な論点ではない。


無農薬や有機農法などの夢や情熱は、新規就農への重要な要素だけど、
商売として農業を考えた場合、悲しいかな商品差別化の
一要素でしかない。


”生産者のコダワリは、消費者のコダワリでは無い。”
という事実は、農業を持続していく上で重要だ。



なぜなら、生産者のコダワリは、とんでもない生産コストになる可能性がある。
また大切に育てた農作物を二束三文で買い叩かれる危険性は多分にあり、
結果的に大好きな農業から早々に退場するハメになるからだ。


本日のポイント:


農業経営は”market-in(消費者視点)”という事実から成立する。


続きます。

が、その前に次回は、東北出張日記? それとも今回登場した女子大生の登場かも?

Posted by agreen at 16:52
農業経営って何ですか?女子大生の質問に答える vol.1 [2010年10月07日(Thu)]
こんにちは、agreen事務局です。


「営農って農業を経営するですよね。要は、農作物をちゃんと作って、
ちゃんと売るって事なんですかね?
なんか良く分からないんです。
農業サークルの友達も同じように悩んでるんですよね。」


将来、地元で営農を考えている女子大生から質問がありました。
彼女は、農作物の生産・販売両方に精通したくて、まず販売を覚えるために
有機野菜のオンライン販売・宅配を行う会社に就職を決めました。

さて、彼女からの質問ですが
確かに経営と言われると「何をすればいいのか」と
具体的にイメージが沸きません。

経験豊富なagreenメンバーがお答えします!


-----


”農業経営”は難しいと多くの人が口を揃える。
一般的に、農業に限らず”経営”と名のつくモノは概ね難しい。

”経営”という言葉を聞いたら、小難しい話をする人たちは沢山いる。
書店に行けば分厚い本やMBA等の本が溢れている。

だから、農業に興味はあるけれど、
経営にはハードル高いなあと、難易度を感じて
躊躇しちゃう若い人も多いのではないだろうか。

農業に興味がある人が、最低限マスターしとかないといけない
経営の道理をコンパクトに紹介できれば。

若い人ができるだけ農業に注力し、
経営に頭を悩ませないで済むようになれば担い手も増えていい。

できるだけ実践的な視点で、単純に表現するので、
農業参入への障壁が少しでも低くなれば嬉しい。


さて


まず経営についてだけれども
理解しなければいけないのは、”経営”と”商売”は違うということだ。

商売の主なテーマは、”どのように儲けるか?”
経営の主なテーマは、”どのように継続するか?”


このあたりの入口の概念を混同して、
立ち往生している経営者も案外多いので、重要な考え方だ。


続きます!

Posted by agreen at 11:16