CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
人材の地産地消と中国産業局の取り組み [2011年09月08日(Thu)]
こんにちは、agreen事務局です。

朝晩は随分と涼しくなりましたが
週末はまた蒸し暑さが復活するとの事。
皆さん体調管理にはご注意を。

さて

朝日新聞(8月31日)の記事に気になる単語がありました。

それは『人材の地産地消』

記事によると

「人材の地産地消を実現したい」

埼玉労働局の安藤よし子局長は30日の定例会見で、
仕事を探す大学生への支援を強める狙いをこう表現した。

新卒学生の採用に苦労する地元企業が多い一方、
県外の大企業ばかりに目を向け、
なかなか就職できない大学生も目立つ。

両者を結びつけ、
地域経済の活性化にもつなげる考えだ。

別のブログにも、こんな事が書いてありました。

人材にも地産地消が必要である。
地域に愛着を持つ若い人が、その地域に仕事を見つけ、
未来の地域のために貢献できるような仕組みをどう作るか。

建設業が衰退し、農業が後継者難に喘ぐ今、
とりあえずは公共セクターが若者の活躍の場を
提供するしかない。

さて

確かにコンセプトとし地域の人材の地産地消は興味深いですが
そのために必要なものが「働く場」の創出・確保。

一解決方法として中国地方で面白い取り組みがあります。

第3回地域産業の担い手育成研修』参加者募集について
(中国経済産業局)

■内容

 中国地域では、全国を上回る人口減少や高齢化が進展するなか、地域の自立化・活性化に向けて、地域固有の資源を活用した商品・サービスづくり等による地域産業の創出が求められているところですが、地域を支える産業の担い手や支援人材の不足が懸念されています。

 こうした中、当局では、これらの地域の課題を解決するため、平成21年度より、中山間地域における食分野の地域資源発掘から商品開発、ブランド化までを担う次世代の担い手人材育成を目的として、企業及び自治体、産業支援機関等を対象に「地域産業の担い手の及び支援人材育成研修」を実施しております。

 この度、第3回目となる研修を以下のとおり、開催いたしますので、関係される皆様のご参加をお待ちしております。

■日程

<第1回> 平成23年11月30日(水)〜12月1日(木)
<第2回> 平成23年12月7日(水)〜12月8日(木)
※1泊2日(2回シリーズ)

■場所 山口県セミナーパーク (山口県山口市秋穂二島1062)

■講師陣

中澤さかな氏 (山口県 道の駅 萩しーまーと)
白田典子氏 (有限会社良品工房)
大坪素久氏 (株式会社紀ノ国屋)
吉長成恭氏 (広島国際大学)

ご興味ある方は是非参加してみてください。

Posted by agreen at 16:29
神田駅で発見、地域活性を応援する飲食店! [2011年09月01日(Thu)]
こんにちは、agreen事務局です。

台風が接近しているためでしょうか?
蒸し暑いというよりは、「粘着質」のべっとりとした
「何」かが体にまとわり付く感じの都内です。

さて

神田にオフィス引越し後、最近では
スタッフと連れ立って神田駅周辺の商店街の
地域がらみのお店探しを楽しみにしています。

先日入ったお店では、青森県十和田の牛を
使用した日替わり定食(そのお店夜は、ビールが
とんでもない格安!)など、色々なお店発見が新鮮です。



今日は、「なみへい」のご紹介!

『東京から故郷おこし』をコンセプトに

東京在住の故郷出身者が故郷を想い、同郷の人とつながる場にしたい。
故郷をもたない人にとっても、第2の故郷ができる出会いのきっかけにしたい。
調理も出来て、飲食も出来て、交流も出来て、物販も出来る場に!(HPから抜粋)

興味深いのがA〜Cコースの内容(HPから引用)

●A:おまかせコース 
3,200円

おまかせコース6〜7品の中に地方の特産品3〜4品
※今月の特産品は以下のページをご覧ください。

●B:特産3品プレート+単品メニュー
たくさん食べられない人や、選んで食べたい方のために、
特産3品プレート(1500円)

●C:産直シェフ&1日シェフ プラン

「地域食材を都会で試してみたい」「素人だけど腕自慢してみたい」など、
実際に調理&交流し、直接お客さまの感想を聞いてみたい
という要望にお応えしてできた単発シェフ企画

場所は、神田駅から徒歩3分です。

Posted by agreen at 11:43
逆襲の○○!変り種の地域活性読み物のご紹介 [2011年08月29日(Mon)]
こんにちは、agreen事務局です。

涼しくなったな〜とiphoneのカレンダーを見ると
2学期は来週から、そうか、夏休みも終わりですね。
あ〜この時期・・・管理人は宿題に追い込まれていました。

さて

読書の秋には少し早いのですが
ちょっと変り種の地域活性本のご紹介。

■ 逆襲本

題名青森の逆襲
内容

笑う地域活性化本!
新幹線が開通しても、やっぱり青森は地の果て、
辺境、遅れた土地なのでしょうか。

たしかに不便なことは多々あります。



しかし、都市がとうの昔になくしてしまった自然があります。
独自の歴史・文化もあります。
人材も豊富です。

イベントは桜と「ねぶた」だけではありません。
各地で競い合って町おこしも始まっています。
過去・現在・未来から「青森の幸せ力」を探ります。
(amazon.co.jpより)

■ 噂の行政マン

題名高校生レストランの奇跡
内容

連続ドラマのモデルになった高校生レストラン「まごの店」。

営業日は、常に満席・即完売の大盛況!
しかし、設立までの道のりは困難の連続だった。
前例のない町おこしの事業に全力でぶつかっていく。

噂の役場職員の奮闘記。
(amazon.co.jpより)



涼しくなった朝晩、論文や硬い事例集ではない
読み物として楽しめる地域活性本
手にとって見ませんか?



Posted by agreen at 09:24
あなたの出身地をちょっと良くする140文字のアイディア! [2011年08月16日(Tue)]
こんにちは、agreen事務局です。

お盆休みは皆さん如何おすごしでしたか?
朝夕、立秋を過ぎ少し風がひんやりとしてきたかなと、
しかし日中は35度越える毎日、ご自愛下さいませ。



さて、現在agreenでは事業計画を作成中。
2010年度の活動をメンバー間で振り返りを行い
地域開拓を含め、実際の課題や展望の議論を深化

「地域での事業創造」と「官民パートナーシップ」
agreenの強みであるこの2つを軸に昨年度以上に
地域に貢献できるスキーム、内容を策定中です。



とは言え、
さすがに2〜3時間のMTGを繰り返していると
煮詰まりドンヨリとした空気になってきます。

気分転換に、何か面白いものないかな〜と
探していましたら個人的にヒットする面白いサイトがありました。

題して 『自分の出身地をちょっとよくするアイディアを140文字で投稿しよう!

コンテスト形式をとっており、twitterで投稿します。
色々とアイディアが出ていますがなかなか興味深いものが多く
「つぶやき」から、量が期待でき、参加ハードルが低いのが魅力ですね。



静岡県の某牧場にてハンモックに揺られながら
今日からブログも通常更新です!

Posted by agreen at 05:50
限界集落温泉 [2011年08月04日(Thu)]
こんにちは、agreen事務局です。

昨日は、陽射しもそこそこ、いきなりの土砂降り。
ところで、agreenは現在オフィス引越し中。
後日また改めてご披露を。

さて

限界集落温泉』という漫画を最近知りました。



作者後書きによると

伊豆(作者の故郷)に訪れた限界集落という現実…。

年末(当時)の派遣村のニュース画像をヒントに、どうせなら
一癖あるために社会からはじかれた連中を集めてみたら…
フィクションですけど、ベースはとてもリアルです。

現実の社会がそうであるように、このマンガも一歩先がわかりません。
願わくば彼らと限界集落に明るい未来を!(2010年2月)

現在第3巻まで販売中です。

今は収監中ですが、堀江氏からのコメントもあり
ビジネス要素が満載で、下手なビジネス本を読むよりも
リアリティが伝わり参考になるとの事。

管理人も読んでみましたが非常に面白いです。

Posted by agreen at 08:12
「東京へゆくな  ふるさとを創れ(谷川雁詩集)」より [2011年07月26日(Tue)]
こんにちは、agreen事務局です。

蒸し暑い夏が戻ってきました。
昨日の夜、総武線が止まってしまった影響で
中央線にも遅れが。

そこで、三鷹→吉祥寺、荻窪へと徒歩で。
さすがに汗だくになりましたが、途中、成蹊の
クラブ帰り学生と徒歩競争していました。

さて

谷川雁という詩人がいます。
彼のセレクション集「工作者の論理と背任」の中に
『大地の商人』という詩があります。

その中でも特に有名な一節

あさはこわれやすいがらすだから 東京へゆくな 
ふるさとを創れ(詩集「大地の商人」)

彼は、自分の現郷を軸に、新たな地域作り(サークル活動)を進めます。

今では彼の著作はほとんど読まれる事はありませんが、
ある書評にあるように大型スーパーが立ち並び、
便利ではあるがどこも似た風景が〈原郷〉

そんな現代人が行う地域作りは何だ?
と、問いかけてきます。

その心は、彼の言葉を通じて理解するには

「段々降りてゆく」よりほかないのだ。
飛躍は主観的には生まれない。

下部へ、下部へ、根へ根へ、
花咲かぬ処(ところ)へ、
暗黒のみちるところへ、

そこに万有の母がある。
存在の原点がある。

という箇所は、
地域作りに携る人間に
グッと迫ってくるものがあります。

Posted by agreen at 09:16
メシがうまい社会を目指して、他論文合計2本ご紹介 [2011年07月15日(Fri)]
こんにちは、agreen事務局です。

昨日、昼食を求めてPRONTOに入りました。
「あ!窓際の席空いている」と思い、座ったものの
外からの強い日差しにジリジリと・・・完全に座り間違えました。

強烈な日差しです、男性でも日傘をさしているかたを見ますが
気持ちは非常によく分かります。

さて、今日は論文を2本ご紹介

● Voice8月号
『「TPP不参加で農業を守れる」は幻想だ』 浅川芳裕氏(雑誌:農業経営者副編集長)

● 中央公論8月号
『「メシがうまい」社会を目指して』 神門善久(明治学院大学教授)

最近、これまでのTPP反対論一辺倒とは異なり、TPPのメリット・デメリットを
論じた中立的な論文もぽつぽつ出てきましたね。

Posted by agreen at 11:15
トコロテン、英語で何ていいますか? [2011年07月13日(Wed)]
こんにちは、agreen事務局です。

7月9日〜10日まで京都同志社大学で行われた
コミュニティ政策学会に出席をしていました。

ちょっと時間があり御苑(京都)をうろうろしていると
トコロテンを提供しているお店があり、納涼感溢れる
そのイメージにちょっと蒸し暑さを忘れる事が出来ました。

さて

先日、はじめて日本に赴任したアメリカからの友人は
いたく「ところてん」がお気に入りで、「ヘルシー」を連発しながら
スナック感覚で食しており、いちいち電話で報告してきます。



アップルビネガーに、少し黒糖(黒蜜)を加え、冷やして
食べるのがお気に入りみたいです。

南部(テキサス州)出身の彼女が、
是非両親にトコロテンを紹介・説明したいけれど
そもそも、トコロテンって英語でなんていうの?

即座に

「Jelly NOODLE !!!」

と答えておきました。
Jelly Beansの従兄弟みたいですがイメージは悪いですが
結局スナック感覚で食べてましたから・・・。





正式?には、gelidium jellyというみたいですが・・・
さっぱりイメージが沸きません。

管理人10年近くアメリカにいましたがjelly noodleという表現
アジア系のエスニックタウンで2〜3回しかみたことがありません。
そして、トコロテンを意味してなかったと思います。

まあいいでしょう、暑いときです。
分かりにくい小難しい表現は避けたいものです。
皆様、熱中症にはお気をつけ下さい。


Posted by agreen at 09:55
果子狸、再び現る!拡大する鳥獣被害・・・。 [2011年07月06日(Wed)]
こんにちは、agreen事務局です。

桃が美味しい時期になってきました。
昨年桃狩りでお邪魔した釈迦堂東口園さんの
「かたい桃」で有名な、ひめなつこ、黄金桃が大好きです。

さて

桃園、ブドウ園のみならず収穫期を目の前に
農家のみなさんの悩みの種といえば・・・
「鳥獣被害」。

昨日、自宅で頂いたマンゴスチンを食べていたら
やっぱりきました、こいつ、今回はばっちり
写真を撮ることに成功。

名前は、果子狸



そう、文字通り好物は果物というハクビシンです。
杉並区には多いのでしょうか・・・。

ハクビシンによる鳥獣被害も
報告されています。



農水省が発表している
最新の「鳥獣被害の現状と対策について(平成23年6月)」によると

・ 野生鳥獣による農作物被害額は平成 21年度において
213億円で 前年度に比べ14億円の増加。

・被害のうち、全体の7割がイノシシ、シカ、サルによるもの。
特に、シカの被害の増加が北海道等で顕著。

・シカ等による森林被害、トド、カワウ等による水産被害、
クマによる人身被害も深刻。

・鳥獣被害は収穫時に被害を受けることによる営農意欲の減退
耕作放棄地の増加等をもたらし被害額として耕作放棄地の増加等をもたらし
被害額として数字に現れる以上に農山漁村に深刻な影響

と指摘しています。

以前、栃木県茂木町の職員の方が
仰っていました。

「鳥獣被害、イノシシでも鹿でも今の半分の被害にできる
装置なり仕組みがサービス化されたら、本当に
農業のノーベル賞ものですよ」

Posted by agreen at 06:31
TPPは、徹底的にパッパラパーの略なのか? [2011年07月04日(Mon)]
こんにちは、agreen事務局です。

毎夜々々、自部屋のベランダで大運動会をするハクビシン
管理人、杉並区におりますが、犬猫はもちろん、タヌキ
そしてハクビシン、生物多様性社会です。



一見、猫のようですが中央にいるハクビシン
撮影できましたが次回は正面から撮ってみたいと思います。



TPPは徹(T)底的(T)にパ(P)ッパラパーだ

なんて声が、週末にいた某居酒屋の2つ隣から
酒も入っているのでしょう、非常に語呂・リズム共に
耳心地よく聞こえてきました。

TPP(Trans-Pacific Partnership)
日本語では、環太平洋戦略的経済連携協定(な、長い・・・)
賛否両論、議論が真っ二つに。

今日は、いくつか議論の参考になりそうな書籍、資料を。

一般生活者におけるTPP賛成/反対態度の根底にある意識構造の解明(中央酪農会議)

TPP賛成層はTPP反対そうに比べて「日本/日本人の内向性」に対する
否定の意識が強く「日本/日本人のグローバル化」に対して肯定的。
その一方で、TPP反対層はTPP賛成層に比べて「われを忘れて、外国に対する
追随すること」に対する否定の意識が強く、現状がまかり通る意味での
「グローバル化」に対しては否定的。

(なかなか生々しいデータがあがっている。調査をした団体の
性格上反対論をどう醸成するかという戦略の下での調査なので
言葉使い等や意味合い抽出はある程度折込ながら見る必要あり)

TPPに関する企業の意識調査(帝国データバンク)

自社業界では4割弱企業の65%と3社に2社が日本にとって
TPP参加を必要と認識。TPPに参加しなかった場合、7割超の企業が
景気に「悪影響あり」と認識。悪影響無しはわずか5.4%に留まる。

農業で稼ぐ!経済学(淺川芳裕, 飯田 泰之)

<画像:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gde3O-URL._SL500_AA300_.jpg>


TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、長年にわたり「政府の保護による衰退」を続けてきた日本の農業を覚醒させるきっかけとなった。「本書の執筆動機はきわめてシンプルです。経済学の考え方を使って、『農家の経営』ひいては『日本の農業』の今を正しく分析し、もっと“よくする”ための新たな議論を提起することです」(抜粋

TPP亡国論(中野 剛志)

<画像:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31fc7mN5u%2BL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg>


TPP(環太平洋経済連携協定)参加の方針を突如打ち出し、「平成の開国を!」と喧伝した民主党政権。そして賛成一色に染まったマス・メディア。しかし、TPPの実態は日本の市場を米国に差し出すだけのもの。自由貿易で輸出が増えるどころか、デフレの深刻化を招き、雇用の悪化など日本経済の根幹を揺るがしかねない危険性のほうが大きいのだ。いち早くTPP反対論を展開してきた経済思想家がロジカルに国益を考え、真に戦略的な経済外交を提唱する。(抜粋

ローカルな領域で行動をしていますが
その背景はグローバルに広がる領域を持っていることを
意識していきたいと思います。

Posted by agreen at 08:40
| 次へ