CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
意見交換会@江津市vol2 [2011年05月14日(Sat)]
こんにちは、agreen事務局です。
11日〜14日まで北海道沼町に出張に行っていました。
さて、今回は前回の続き島根県江津市視察 vol.2です。

視察2日目

江津市長や職員の方々との意見交換を行いました。
具体的に、商業施設や駅前開発など現状から
今後を含め議論が白熱。

さて、町の施設である水の国を職員のご案内で
視察させて頂きました。



左側はagreenの村上副理事長、
右側は江津市職員の中川さんです。



@館内の様子と現状

さて、水の国ですが平成9年に設立されました。
前日、視察メンバーが宿泊をした風の国と同時に
設立された美術館です。


当初、年間4万人弱の観光客が来場しており
主に、山陰地方や広島県から多く来ていたとの事。
しかし、今では年間2500人・・・。

水の国で1回のイベントを開催するにも
2000万円近い費用がかかる為、一般の入館料だけでは
催事で集客することも課題となっています。


江津市は、自然と環境が豊かなだけに
街がいかに自然をテーマに、その魅力を引き出すか
腕のみせどころとなっています。


次に、駅前の商業施設を視察

7000haの複合施設が駅前に開発。
幼稚園から高等学校、総合病院、市営住宅、
介護施設、スーパーが一角に集中しています。

大手化学工場も隣接しており
関東で言えば、千葉ニュータウンや
越谷レイクタウンのような街並みを髣髴させます。

今年4月から市街地の立て直しを進めており
また、スーパーの空きフロアーを有効活用すべく、
ドクターリセラ株式会社コールセンターを企業誘致に尽力。

また、地元の新卒高校生の
雇用促進にもつなげている。

数年後には50名近い地元人を雇用につなげていく
というお話もいただきました。

さて、

午後に入り、休みなく意見交換会を実施。





市職員側)

市から1つ1つそれぞれ課題や取り組みがあり、
参加企業からアイデアをいただきたい!



企業側)

まず、課題策を議論するのでなく、
企業に投資してもらえる事業案がなければ
企業は寄ってこない!

経営者から、するどい切り口から意見が交し始める。


企業側)

どの事業同士も連携していくかがテーマであり、
ないなら高度人材を雇用して掘り起こすことも
手立てとしてある。

視察施設を行政の管轄から民間企業から
派遣した高度人材が経営状況から組織運営をつくる。

ただ、企業から人材を派遣するだけでなく、
市の職員と組んで連携体制を
整えなければならない。

市職員側)

予算も検討しながら、新しい連携体制を
検討していきたい。

地方での事業モデルを設計、首都圏企業と結ぶ
事業連携を軸に今後の進展が楽しみです。


江津市から「事業コーディネーター」が発足の可能性が。
事業コーディネイター、及び高度人材に関しては
島根発 中山間地域再生の処方箋」という書籍に詳しいです!

Posted by agreen at 14:41
この記事のURL
https://blog.canpan.info/agreenjapan/archive/77
コメントする
コメント