CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
東北出張記 亘理町編 vol.2 [2010年10月16日(Sat)]
前回からの続きです。

ところで、亘理町がどこに位置するかご存知ですか?
宮城県の南部、阿武隅川の河口に位置し、人口およそ3万5千人。



亘理町を展望している写真ですが
中山間地域とは違い平地が広がり果樹・花卉栽培が盛況で、
郷土料理のはらこ飯に注目が集まっています。



農業を支える広大な田園風景がある側で、
亘理町の一番の課題を象徴している土地があります。

それが、



経済状況から太陽光発電工場誘致の話が現在頓挫し、
万全の体制を整えるために急ピッチで更地にしたが今、まったく活用されていない
32.6ヘクタールにもわたる土地です。

10月14日に行われる官民パートナーシップ勉強会では
この土地の有効活用案のアイディアを募れればと、亘理町からのニーズでした。
(14日には色々と議論が行われました、その様子はまた後日。)


さて、役場の方に案内して頂いた町の様子をお伝えします。



この建物は、JR常磐線亘理駅に直結した郷土資料館です。
竹下内閣自のふるさと創生事業1億円を使用して建設された建物です。
中では、住民票や印鑑証明などの発行も可能。

そして、なんと最上階から町の景色、そして天気がよければ蔵王連峰も
見渡せるとの事。(既出の町の写真はここから撮影しました。)

続きます!

Posted by agreen at 15:47
この記事のURL
https://blog.canpan.info/agreenjapan/archive/28
コメントする
コメント