CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
agreenスタッフ紹介! [2010年09月17日(Fri)]
こんにちは、agreen事務局です。

晴耕雨読ならぬ、晴労雨読
ちょっと強い秋雨とともに涼しくなった毎日ですが
皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、スタッフ紹介第2弾!

今日は、agreenの事業推進局で、官民朝勉強会や
交流会の企画運営を主に担当している
戸田さんのご紹介です!



私は、東京生まれの東京育ち。
これまでの職歴から地方とは
無縁の生活を過ごしてきました。

それでも子供の頃は、

家族で田舎に行き、春は筍掘り、夏は川で泳ぎ、
秋は農作物の収穫、冬になると雪かきをする思い出が
いまでも心に残っています。

当時は、地域資源を遊び場にすることしか
思いつかなかったのです。

大人になるにつれ、
都内近郊に温泉施設や人工スキー場、
アミューズメントパークが増え、

更に、海外旅行が主流になり
遊び場としても地方に触れることが
少なくなりました。



社会人5年目の頃、新潟県の生産工場で、
地元の人材を採用する仕事に
携わる機会がありました。

県内の中心街以外は採用難で、
通勤圏内30分以内でなければ応募すら至らないのが課題でした。

人は職を選択するときに、労働条件だけではなく
職場環境・人間関係・想いに共感して、
決断する一歩を踏み出します。

表の条件では分からない、
地方だからできる職がまだまだ溢れていることを知りました。



日本は四季折々が美しい国です。季節の食材を扱ったスイーツ。
今では年中食べられるようになり豊かな時代であると感じます。
しかし、彩豊かなスイーツもほとんどが輸入食材である。

砂糖ですら北海道や沖縄で生産できるにも関わらず、
価格と採算があわないことから輸入に頼っているのが現状です。
日本で安定し生産できる食物ってなんでしょう。

小さな菜園で一人でも多くの人が始めることからでも
チャレンジしていく場を発信していければと思います。

「触」「職」「食」を通じて、
地方と都心そして、人と人の出会いを
創造していきます。

戸田さんプロフィール

2002年 大学卒業後、大手商社の子会社で一般職として入社。2004年求人広告会社に営業職として転職。町工場から全国小売店の採用支援を担当。後に、チーフ職として50名以上のメンバー育成に取り組む。2008年製菓学校に入学。働きながら、菓子の概論から製作まで学ぶ。2009年 求人広告会社退職及び、製菓学校卒業

ちなみに戸田さんは、女子力を日本力に、というブログを運営されています!
agreenのブログ左側リンク集から是非ご覧下さい!

次回も、スタッフ紹介です!

Posted by agreen at 08:52
この記事のURL
https://blog.canpan.info/agreenjapan/archive/18
コメントする
コメント