CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

一般社団法人agreenさんの画像
最新記事
<< 2011年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
リンク集
カテゴリアーカイブ
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/agreenjapan/index2_0.xml
TPPは、徹底的にパッパラパーの略なのか? [2011年07月04日(Mon)]
こんにちは、agreen事務局です。

毎夜々々、自部屋のベランダで大運動会をするハクビシン
管理人、杉並区におりますが、犬猫はもちろん、タヌキ
そしてハクビシン、生物多様性社会です。



一見、猫のようですが中央にいるハクビシン
撮影できましたが次回は正面から撮ってみたいと思います。



TPPは徹(T)底的(T)にパ(P)ッパラパーだ

なんて声が、週末にいた某居酒屋の2つ隣から
酒も入っているのでしょう、非常に語呂・リズム共に
耳心地よく聞こえてきました。

TPP(Trans-Pacific Partnership)
日本語では、環太平洋戦略的経済連携協定(な、長い・・・)
賛否両論、議論が真っ二つに。

今日は、いくつか議論の参考になりそうな書籍、資料を。

一般生活者におけるTPP賛成/反対態度の根底にある意識構造の解明(中央酪農会議)

TPP賛成層はTPP反対そうに比べて「日本/日本人の内向性」に対する
否定の意識が強く「日本/日本人のグローバル化」に対して肯定的。
その一方で、TPP反対層はTPP賛成層に比べて「われを忘れて、外国に対する
追随すること」に対する否定の意識が強く、現状がまかり通る意味での
「グローバル化」に対しては否定的。

(なかなか生々しいデータがあがっている。調査をした団体の
性格上反対論をどう醸成するかという戦略の下での調査なので
言葉使い等や意味合い抽出はある程度折込ながら見る必要あり)

TPPに関する企業の意識調査(帝国データバンク)

自社業界では4割弱企業の65%と3社に2社が日本にとって
TPP参加を必要と認識。TPPに参加しなかった場合、7割超の企業が
景気に「悪影響あり」と認識。悪影響無しはわずか5.4%に留まる。

農業で稼ぐ!経済学(淺川芳裕, 飯田 泰之)

<画像:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51Gde3O-URL._SL500_AA300_.jpg>


TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、長年にわたり「政府の保護による衰退」を続けてきた日本の農業を覚醒させるきっかけとなった。「本書の執筆動機はきわめてシンプルです。経済学の考え方を使って、『農家の経営』ひいては『日本の農業』の今を正しく分析し、もっと“よくする”ための新たな議論を提起することです」(抜粋

TPP亡国論(中野 剛志)

<画像:https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/31fc7mN5u%2BL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg>


TPP(環太平洋経済連携協定)参加の方針を突如打ち出し、「平成の開国を!」と喧伝した民主党政権。そして賛成一色に染まったマス・メディア。しかし、TPPの実態は日本の市場を米国に差し出すだけのもの。自由貿易で輸出が増えるどころか、デフレの深刻化を招き、雇用の悪化など日本経済の根幹を揺るがしかねない危険性のほうが大きいのだ。いち早くTPP反対論を展開してきた経済思想家がロジカルに国益を考え、真に戦略的な経済外交を提唱する。(抜粋

ローカルな領域で行動をしていますが
その背景はグローバルに広がる領域を持っていることを
意識していきたいと思います。

Posted by agreen at 08:40
この記事のURL
https://blog.canpan.info/agreenjapan/archive/102
コメントする
コメント