• もっと見る
 早期療育が必要な幼児の為の援助。ハンディのある子供達、青年達の為の生活サポートや、自立のお手伝いをして、余暇活動を中心にさまざまな地域活動を創出します。

 いい出会いから始まる、楽しい生活を送って欲しい・・!

<< 2024年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

取扱説明書を見ながら(笑) (11/03)
注射をブスッ! (02/11) ふじのカフェ
裏庭でそり遊び (02/18) 長谷川そら
プレイズホームのクリスマス会 (01/21) kosumosu
アフター会員の親睦会 (02/12) pekotyan
冬休み♪ (01/25)
月別アーカイブ
今年の節分は2月3日じゃない! 1773字 文字のみ(汗;) [2021年02月03日(Wed)]
今年の節分は2月3日じゃない!
節分といえば豆まきですが、最近は「恵方巻(えほうまき)の日」としても意識されるようになりましたね^^
2021(令和3)年の節分は、124年ぶりに例年より1日早い2月2日です!

今年の節分(恵方巻)が2月2日なのはなぜなのか?
今後も節分の日がずれることはあるのでしょうか?

国立天文台暦(こよみ)計算室が発表した情報などをもとに調べてみました。
まず、なぜ、立春の前日のみを節分と呼ぶのか?
「節分はいつ?」と聞かれたら「2月3日」と答える人が多いですよね?
でも、この日は固定ではなく、2021年には2月2日となるんです。
3日でなくなるのは1984(昭和59)年2月4日以来37年ぶり、2日になるのは1897(明治30)年2月2日以来124年ぶりのことだそうです。
あら〜節分が2月4日の時もあったんですね!
2日になるのは、そうですか!124年ぶりで、かな〜り!珍しい(汗;)

節分は季節を分けるという意味の雑節(ざっせつと読みます)で、本来は各季節の始まりでの立春・立夏・立秋・立冬の前日それぞれを指してました。今でいう『節分』は、そのうち立春の前日だけが残ったものとされているんだそうです。(だんだん解ってきましたね(笑)
つまり、国立天文台歴計算室によると「立春が定まれば節分もその前日として定まる」と言うわけです」

雑節とは?何でしょう?
日本人の生活や文化、季節の移り変わりを基に生まれた日本独自の「特別な日」のことなんだそうです。
立春、春分などの二十四節気(にじゅうしせっき)や、七夕(たなばた)、重陽(ちょうよう「菊の節句」)などの五節句のように中国から伝わったものではなく、おもに農作業に合わせた季節、気候が移り変わる時季の目安とされてきたのが「雑節」という事なんだそうです!

ちなみに五節句とは「1月7日の七草」「3月3日のお雛様」「5月5日の子どもの日」「7月7日の七夕」もう一つ、あまり馴染がありませんが「9月9日の菊の日」です。

またまた国立天文台暦計算室によると「立春は春分や秋分と同じく二十四節気の一つで、立春の前日のみが『節分』として残ったのは、立春が太陰太陽暦(旧暦)の正月に近くて、年の変わり目の意味合いが強いからと言われています」とのこと!
公転周期が1年きっかりじゃないことが原因なんですね。

それでは、節分の日がずれるのは、どんな理由からなのでしょうか?

「1年=365日と思っている人も多いと思いますが、地球が太陽を回る運動=季節のめぐりこそが、真の1年で、1太陽年(地球が太陽を1周する時間)は暦の1年ではなく、国立天文台暦計算室によると、およそ365.2422日=365日+6時間弱なのです」

この6時間弱という端数のために、立春の日の基準となる「立春点の通過時刻」は年々遅くなっていきます。4年経つとその累計がほぼ1日になるため、ご存じのように1日増やしたうるう年を作ることで、季節と日付が大きくずれていかないようにしているのです。

「このため、立春点の通過時刻も変動します。つまり、1年ごとでは1太陽年365.2422日と1年365日の差(約6時間)ずつ遅くなる一方、うるう年には4年前より少し早くなる、というパターンです。
またまたまた国立天文台暦計算室によると、この流れによって、しばらく2月4日の中に納まっていた立春が2021年には2月3日へ移り、その前日である節分も連動して2月2日へ移ったというわけです」かつては2月4日が節分だった年も存在した…と。

2021年の立春の時刻は2月3日23時59分で、2022(令和4)年はまた2月4日となります。このため前日の2月3日が例年どおり節分となり、これが2024(令和6)年まで続きます。
ところが2024年がうるう年にあたることから、翌2025(令和7)年の立春は2月3日に早まり、節分は4年ぶりに2月2日となるのです。

この『うるう年の翌年は2月2日が節分』という流れは以降、「当分は4年おき」(国立天文台暦計算室)に続くといいます。
こうした実情とのずれに対し、うるう年を使った補正の繰り返しによって節分も変動します。1900年代には2月4日(立春が2月5日)となる年もたびたび存在しました。

今年の「恵方」は南南東だそうです。124年ぶりの2月2日の節分は、暦の変動に思いを馳せて、恵方巻を味わってみた方もいたのではないでしょうか^^
まとめ(笑) 1年は、365日+6時間弱!
次の2月2日節分の日があるのは4年後です^^
Posted by after school at 11:05
この記事のURL
https://blog.canpan.info/after_school/archive/1200
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

特定非営利活動法人アフタースクール運営会さんの画像
Sakura Calendar
リンク集