CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 早期療育が必要な幼児の為の援助。ハンディのある子供達、青年達の為の生活サポートや、自立のお手伝いをして、余暇活動を中心にさまざまな地域活動を創出します。

 いい出会いから始まる、楽しい生活を送って欲しい・・!

<< 2021年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
ふじのカフェ
裏庭でそり遊び (02/18) 長谷川そら
プレイズホームのクリスマス会 (01/21) kosumosu
アフター会員の親睦会 (02/12) pekotyan
冬休み♪ (01/25)
月別アーカイブ
「苦手の近くにある出来る事を探す」 [2020年12月23日(Wed)]
 「苦手の近くにある出来る事を探す」NO.7
                   八雲 七
私は小さい頃から文字を読むことが苦手だ。国語の授業で割り当てられた段落などを読むのにも一苦労だった。
読書感想文の「読書」は苦労したが「感想文」の方はスムーズに書けたという記憶がある。日常生活で文字を読む機会は意外と多い。しかし私は小説などの分厚い本は一切読まず(漫画は絵が多いので比較的読みやすい)新聞やメールは必要、興味のあるものだけと出来るだけ文字に触れない日常を過ごしている。
これは20才頃に分かった話だが、文字を読むことが苦手なのは脳性まひの障害のひとつで視線移動や空間把握に影響が出る人もいるとのことだった。まさに私はこれに当てはまった。
20才以前にこの事実が分かっていたら苦手なことを障害のせいだと逃げてばかりいたかもしれない。苦手なことをなんとか克服しようと試行錯誤し、いろんな経験を積むことで苦手なことを出来ることに変えてきた。
読書をしている人が文章を上手く書けるという世の中の偏見の壁を壊して、私はコラムを書いている。
Posted by after school at 06:00
この記事のURL
https://blog.canpan.info/after_school/archive/1187
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

特定非営利活動法人アフタースクール運営会さんの画像
Sakura Calendar
リンク集