CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 第13回木材活用コンクール〜星山小が特別賞受賞! | Main | ベトナムの熱血先生 Part2〜フエ校長先生 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
「教育は、私の喜びです」〜ベトナムの熱血先生〜コバン先生[2010年04月21日(Wed)]
ベトナム 中部高原の熱血先生を紹介します!!



この分校では、少数民族バナー族の幼稚園児童と、小学1年生が学んでいます。
他の学年は2kmほど離れたところで、民家を借りて勉強しています。
トイレはなく飲み水もないため、子どもたちが雨水を飲まないよう、飲料水は購入しています。
雨が降ると雨漏りがする為、先生の机を移動しなければなりません。





小さい子どもたちはベトナム語がわからないので、細かいところまでの指導が必要です。
クラスには耳の悪い子が2人、知的障害の子が4人います。
この分校で教えるコバン先生は、自分の子どもと同じように生徒を愛し、教育しています。




子ども達が学習しやすいよう、ノートの色を教かごとに変え、カバーをつけ、今勉強しているところにクリップをつけるような工夫も惜しみません。




教室には植物が植えられ、コバン先生の指導で、
サンダルもきれいに教室の横に並べられています。





コバン先生は言います。
「教育は自分の喜びです。
天が健康を与えてくれているので、私のやるべき仕事に専念するのみです。
この子たちがいい子に育てば、社会もよくなると信じています。」



この稿、続く・・・

Posted by aefa at 11:47 | ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aefa/archive/966

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント