CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 「お互いに助け合う」ということを続けていきたいです〜岡山県・倉敷西小学校〜 | Main | 初めての訪問〜島根県奥出雲町八川小学校へ〜 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
今年2回目の出前授業 港区高輪台小学校[2012年12月25日(Tue)]
シンチャオ〜!(ベトナム語で「こんにちは」)
元気なあいさつで、2回目の出前授業が始まりました。

東京都港区にある高輪台小学校では、2009年からベトナム・チューオレン小学校 と交流を続けています。毎年、3年生が出前授業を受け、チューオレン小学校の皆さんに素敵な交流作品を作ってくれています。

今年は、9/26(水)の1回目の出前授業に引き続き、12/20(木)に2回目が行われました。今回は、さらにベトナムについて理解を深めようと、一歩踏み込んだ内容の授業となりました。

クイズも交え、生徒たちが参加しながら授業は進みます。


Qこの竹の棒は何に使うのでしょう?
   ― 孫の手?靴べら?
天秤棒.JPG
A天秤棒のようにバランスを取りながら、汲んだ水を運びます。 

Qベトナムの国の花を使ったお茶。実際に匂いをかいでみましょう。これは何の花でしょう?   
   ― 菊? ハス? ハイビスカス? 甘い、すっぱい、うぇ〜・・・

ハス.JPG
Aハス。ベトナム航空のロゴにも使われています。 ー きれい〜 

Qベトナムの人たちにとって、人生の三大行事 とは何でしょう?  
   ― 成人式?結婚?離婚?お葬式?・・・
A (1)水牛を買うこと:水牛は大切な友だち、身近で愛すべき存在
  (2)結婚すること
  (3)家を建てること
 ― え〜っ!?

Q日常生活で言葉が通じなかったら、どんなことが起きるでしょう?   
   ― え〜、それは困る!!
バス.JPG
A正しい薬を飲めない、バスの行き先が分からない、等々・・・

日本では1つの言語・日本語を使って生活していますが、ベトナムでは複数の言語が使われています。
例えば、チューオレン小学校には、キン族(ベトナム語)、セダン族(セダン語)、バナー族(バナー語)の3つ民族の生徒たちが通っています。学校では、公用語・ベトナム語を習い、先生や友だちとコミュニケーションを取れるように。ベトナム語を学ぶことは、卒業してからも仕事に就く時など、生徒たちの将来の人生にとっても大切なこと。皆、熱心に学んでいます。


AEFAと一緒に活動している、ベトナムのNGO・NNAH。その代表のトランさんの人生を紹介し、ベトナムという国の背景や、人のために働くことについて考える時間も持ちました。2010年に、トランさんは高輪台小学校を訪問しています。

ベトナム戦争時に、生きるために南側・アメリカ軍の仕事をしていたトランさん。北側・ソ連(現在のロシア)の勝利とともに、命からがらアメリカへ渡りました。1時間2ドルの清掃の仕事から始め、やがて5軒ものレストランのオーナーとして成功。

一時帰国した時に、ベトナム戦争の爪痕が残る故郷の厳しすぎる生活状況を目の当たりにしました。これきっかけに、自分の店を売ってNGO・VNAHを立ち上げました。義手義足や車椅子を配布したり、学校建設などの活動を始めました。これまでに配布した義手義足は90000個、車椅子は30000台。

 「国は関係ありません。誰かのために働けるのは、とても幸せなことです。」 60歳を迎えた今も、ベトナムの子どもたちや障がい者のために走り回っています。
聞く.JPG
神妙な面持ちで、トランさんの人生の話に聞き入ります

   ― もし自分がトランさんの立場だったら・・・。
生徒のみなさんも、それぞれに思いをめぐらせました。


「カモ〜ン!」(ベトナム語で「ありがとう」)
この日はもう一つ、あいさつの言葉を覚えました。漢字で書くと「感恩」、なるほど。ベトナムも日本と同様に、漢字の文化を持っていました。

3年生の皆さんが作ってくれた、交流作品を預かって、2回目の出前授業は終了。日本の暮らしや文化、学校生活、花、スポーツ…。絵や写真を交えながら、楽しく紹介されています。今年も心がこもった力作ぞろい、チューオレン小学校の皆さんも、感激することでしょう!揺れるハート

Posted by aefa at 10:27 | 交流ベトナム | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aefa/archive/1684

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント