CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« サボン小学校のお友だちのために〜岡山県・柏島小学校〜 | Main | レバンタム小学校の様子を報告しました!〜岡山県・水島中学校〜 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
自分たちにできる事を考えよう〜岡山県・柏島小学校〜[2012年12月19日(Wed)]
出前授業の最後に預かった交流作品。各学年で分担し、日本の紹介などを書いた冊子を子ども達が主体となって作成。外国人の英語教員の助けを借りながら、英語でまとめてくれました。写真を使いながら、日本の子どもたちの生活や学校の様子がとてもわかりやすくまとまっています。サボン小学校のお友だちも大喜びに違いありません揺れるハート

また、今回は運営委員の子どもたちが「募金をしてくれた人たちにお返しをしたい」と話合い、箸置きやお菓子などを地域の人から習い製作。授業参観日で来た保護者や地域の人たちに募金を呼びかけ、お礼を渡したそうです。

kashiwajima (5).JPG
「ラオスのことを紹介しよう」
地域や保護者の人たちにラオスの人をわかってもらおうと、掲示をつくりました。

kashiwajima (6).JPG
「募金活動の宣伝をしよう」
ポスターやチラシをつくったり、お昼の放送で宣伝したり。

kashiwajima (1).JPG
「募金箱もてづくりしよう」

kashiwajima (7).JPG
「募金してくれた方にお礼をしよう」
地域の人に習いながら箸置きやお菓子を作りました。
募金をしてくれた人たちがとっても喜んだそうです!

kashiwajima (2).JPG
10月27日の学校公開日に募金活動。
「サボン小学校の子どもたちのために募金活動をお願いします♪」

kashiwajima (3).JPG

保護者や地域の人たちが協力してくれてたくさんの募金が集まりました。

IMG_7253.JPG
交流作品の冊子を手にする柏島小学校藤澤校長先生(左)
「サボン小学校のみなさんへ」と書かれた封筒には心のこもったお金がたくさん入っていました。


「子どもたちがすごく頑張っていました。毎年5.6年生が話を聞く様にしているので、5年生はラオスやサボン小学校話を聞いて下地ができており、6年生になったら活動を開始しています。柏島小学校の子どもたちは“もっと良くしたい”と思う子たちなので活動が年々良くなっています。運営委員が下の学年にも呼び掛けてみんなで活動をしたいと思っています。」と藤澤校長先生。子どもたちが自発的に動きだしているそうです。

授業の最後に「サボン小学校のお友だちのためにどんなことができるかをみんなで話合いました。そして募金活動や交流作品ができました。サボン小学校との絆がもっと深まるといいと思います。」と話してくれた運営委員さん。

両校の絆がさらに深まるように、AEFAとしてもこれからもお手伝いしていきます!
募金や交流作品を届けた様子、またご報告しますねぴかぴか(新しい)

Posted by aefa at 16:45 | 交流ラオス | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aefa/archive/1679

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント