CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« 国際理解とは、知識でなくハートでわかること 〜 府中市立第二中学校「国際理解」 | Main | タイに学校を作ろうプロジェクト 〜 平第三中のオリジナルカード運動 »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
育てよう一本の木 〜 草野中 〜 いわき生徒会長サミット[2012年11月22日(Thu)]
2012年11月10日、いわき生徒会長サミットの第2回全体ミーティングが開かれました。

副議長 合津君の「このサミットは、一人も欠けることなしにがんばりましょう!!」との力強い言葉で開会。

市教委の川村先生から、「生徒会長サミットにはいろいろな活動がありますが、全体で取り組むことができるのはワンコインPJだけです。今日は課題を洗い出しみんなで解決していきましょう!」とのお話がありました。


「カード運動」に取り組んだ、草野中学校の生徒会長さんより実践報告:

kusano1.jpg



(津波の浸水境界線を)「絶望の境界線から、未来の境界線にかえていこう。」
kusano0.jpg</div>

kusano.jpg

活動を通して、詩が生まれました。
楢葉中から同校に避難している生徒が作った詩だそうです。



「育てよう一本の木」

わたしたちは 地球で生まれる おなじ人間
人間は 枝分かれして たくさんの人がいる
わたしたちは 人から生まれる  若葉
若葉は  未来への希望
わたしたちは たくさんの明日へ 生きる
わたしたちは 同じ人間として つながる
人は  おなじ世界を  みる
わたしたちは  おなじ  いっぽんの木を 育てる



発表の後、シニア会員から
「先生や生徒の取り組みによってはこのように素晴らしい活動ができるのですね。
今日この場に参加のみなさんもそれぞれ学校に持ち帰り、先生方、全校にみなさんの想いを伝えてください」
とのコメントがありました。



Posted by aefa at 00:52 | いわき生徒会サミット | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aefa/archive/1660

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント