CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« タイに学校を作ろうプロジェクト 〜 平第三中のオリジナルカード運動 | Main | カード運動をがんばりました!〜錦中学校〜 いわき生徒会長サミット »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
ひとの思いは、ひとに伝わる 〜 平第三中〜 いわき生徒会長サミット 第2回全体ミーティング[2012年11月22日(Thu)]
「ひとの思いは、 ひとに伝わる。

わたしは、いわき生徒会長サミットのシニア会員(現在高校1年生)のみなさんからの思いを受け、この活動に参加したいと思った。
そして私たち生徒会が、その思いを先生方や全校生徒に伝えることで、周りに広がっていく。

生徒会長サミットの活動、ワンコイン・スクールプロジェクトが、いわき市全体の中学校の活動として定着したら、すごいと思います」 (平第三中の発表より)



taira.jpg


発表を受けて、シニア会員からは
「人に伝える、ということは本当に難しい大変なことです。
でも、今の発表は、よく伝わってきてすごいと思いました。
みんなそれぞれ、自分たちの課題や悩みがあると思います。
平第三中は、草野中の活動を参考にして自分たちの活動を始めました。
このように、ほかの学校も経験を共有していきませんか?
そうすることで、伝わりやすくなるし、活動が広がっていくと思います」 とのコメントがありました。


<平第三中・・・カード運動の感想より>
・1つのことをみんなでやると思うと、校内の取り組みのみならず、いわきへ、世界へ広がっていると思うとうれしい。

・自分の立てた目標を達成できる・できないはあったけれど、小さなことの積み重ねが大事だと思った

・達成して寄付をしたら、気持ちよかった。

・小さな取組でも、だれかの役に立つ、助かる人がいると思うと、少しの力でもがんばろうと思った

・(お金は寄付できなかったけど)生徒会の取り組みは素晴らしいと思った

・自分の頑張りが、人のためになる。タイの子供のためになると思うとうれしかった。

Posted by aefa at 18:28 | いわき生徒会サミット | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aefa/archive/1659

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント