CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
AEFAアジア教育友好協会はインドシナ半島での学校建設とその建設した学校と日本の学校の国際交流を推進しています。このブログはアジアの子ども、日本の子どもたちのために活動しているAEFAスタッフの活動日誌です。

« ありがとう!ベトナムの子どもたち!〜福島県飯舘村より〜 | Main | ラオス・ピアラー小学校の子どもたちのために »

プロフィール

アジア教育友好協会 AEFAさんの画像
■ホームページ■
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
https://blog.canpan.info/aefa/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/aefa/index2_0.xml
AEFA理念を支える三本の柱[2011年11月04日(Fri)]

***AEFA理念を支える三本の柱***

AEFA理念図を見ていただきたい。この図には書き込んでないが、三階建て理念を支える三本の柱がある。Passion・Action・Donationである。



@Passion=勉強したい、教えたい、読み書きができる子供なって欲しいという生徒・先生・親たちの情熱であり夢と希望という柱である。そしてそのための学校を建設したいという我々NGOや支援者の熱意=Strong Willでもある。世界はつながっているのだという認識のもと、世界の仲間を助けたいという情熱である。

AAction=関係者すべてが自ら汗を流す覚悟と行動である。議論するだけや情熱だけでは世界は動かない。自らが行動を起こすことである。それぞれの立場で自分ができることを行動に移すのだ。

Bそして、第三の柱Donation=支援金が加わる。資金がなくては何もできない。広く日本国内の寄付者の気持ちを汲み上げ、夢を実現する。戦後、日本は復興のため長期に亘り多大な支援を海外からいただいた。今度は我々が支援するときが来たのだ。

C更にこの建物には4つ目の大切な要素Communicationという屋根が掛かっている。みんなの気持ちがひとつになるにはコミュニケーションが必要、心が通じ合うことが必要である。心が通じ合うことでプロジェクトは半ば達成できたも同然だ。困難は必ず克服できる。


日本財団の支援で創設されたAEFAは第二の創業=理念の進化を目指している。進化とは深化でもある。3つの柱は大きく太くなり、輝きを増す。それぞれが進化するのである。それがAEFA第二の創業の中身であり目差すところであろう。4つの要素が、我々の中で次のように進化するのである。



@情熱は一層の広がりと深まりを増しMission=使命感へ発展する。世界は人間の相互信頼を基礎に前向きに活動すれば平和になる。それぞれが自分の持ち場で全力を尽くす。淡い夢を追うのではなく、志を持つようになる。

A行動はDevotion=献身的活動へと発展する。関係者の心の中で活動の喜びが一層深まり、活動の自覚が自己有用感を高め、より積極的行動・献身的活動へと進化する。

B単なる資金寄附を超えてParticipation=事業の共同推進者としての参加意識を促す。受益者と支援者がお互いの顔が見える関係で結びつき、プロジェクト推進者としての自覚も生まれる。

Cそうした進化を経て、屋根部分は単なるコミュニケーションではなく、理解と思いやりの心=Understandingへと深まる。
こうなると、AEFA事業も本物だ。

学校は、Community=地域社会という土地の上に建てられている。この土地の地盤がしっかりしていないといけない。地域とスクラムを組んだ共同作業である。学校建設事業という枠を超えて、村人が助け合い、村の発展に協力し合う。村自体が自立しないといけない。私たちAEFAが目指すものはこうしたことである。これらが達成できれば、学校はSelf-sustainable School となり、CommunityはStrong and Independent Communityとなる。AEFAが目指すものはこれである。この目標に向かって一層の努力を続けたいものである。

Posted by aefa at 16:58 | 理事長の独り言 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/aefa/archive/1394

トラックバック

※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント