CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
団体について

大阪精神医療人権センターさんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
病棟撮影 [2013年03月17日(Sun)]
今日は新たなDVD作成のために
病棟の撮影に行ってきました。

DSC_0275.jpgDSC_0273.jpg
Posted by advocacy at 20:10
座談会にいってきました [2012年05月29日(Tue)]
先日、寝屋川市にある
地域生活支援センターあおぞらにいってきました。

定例で行われているメンバーミーティングの前半の時間をいただき、
病院訪問活動についてのDVDの上映、
その後、ご自身の入院体験や
ピアサポーターとして病院に訪問しながら感じていることなど
いろいろなお話を聞かせていただくことができました。
PC290003.JPG
定例のミーティングに参加させていただいたということや
いろいろな場で体験談を語りに行っておられる方も多かったことなどもあり、
みなさんどんどんと意見や感想、体験談をお話くださって
あっというまに時間がたちました。

ありがとうございました。
Posted by advocacy at 12:56
助成事業報告会にいってきました [2012年04月05日(Thu)]
先日、大阪市市民活動推進基金の助成事業の報告会がありました。

一番前の席だったので
こんな写真しか撮れず・・・ですが・・・


kaijyo.jpg

この基金の運営会議 委員のかたがたや
助成を受けた他の団体からや どこからかの関係者の方々(?)など 
50名ほどの参加だったように思います。

当センターではこの助成事業で
病棟訪問や面会のボランティアさんの
意見をきくための座談会、
座談会に参加できない方にはアンケート、
そして9/3にカリフォルニアで精神障害者の権利擁護活動をしてこられた
本間玲子さんをお招きしての講演会を開催しました。

事業全体を通して
ボランティアの方々のいろいろな声をお聞きすることができました。

これまでボランティアさんの協力のもと
「患者さんの声」をお聞きすることは大切にしてきましたが
その活動を支えるボランティアさんの
思いや意見は十分にきけていなかったことがわかりました。

このことは今後もしっかり続けていきたいです。


そして、この日はほかに7団体が発表されました。
sassi.jpg

違う分野の活動をしている団体同士でも
共通の課題をかかえていることを知ることができたり、
これまであまり考えたことのなかった社会問題を
知ることもできました。

市民活動を継続、発展させていくためには
すでに活動に参加している人たちが
元気になることも大切だということもよくわかりました。


よかったらご協力ください。
このクリック募金も大阪市の市民活動への助成事業につながります!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 あなたのクリックで市民活動を応援してみませんか!

  大阪市 市民活動のためのクリック募金

あなたの1クリックで3円が協賛企業より寄附されます!

   あなたに対する金銭的負担はありません!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



Posted by advocacy at 11:20
入院中の方への冊子づくり [2012年01月17日(Tue)]
当センターでは10年以上前に
「精神病院に入院している方へ」という冊子をつくりました。

今でも、病棟から
「(その)冊子を送ってほしい」
と、連絡をもらうことがあります。

ただ、冊子に掲載している
相談窓口の電話番号や住所がかわっているので
お断りの文章と
新しい情報をはさんで送っています。

いつか新しい冊子をつくりたい、
何年も前からそう考えていていました。

そして、今年度、大阪府福祉基金の助成で
新しい冊子を印刷することになりました。

今日は印刷業者さんと打ち合わせでした。

イラストや色のことなど
細かにアドバイスをもらうことができ、
版下を渡す締め切りも決めてもらい、
あとひとふんばりです!


Posted by advocacy at 17:03
座談会いってきました [2011年10月11日(Tue)]
先週の金曜日は
阪南市の地域活動支援センターにいってきました。

支援センターに入ってすぐの掲示板に
座談会のお知らせのチラシがはられ、
支援センター内のラックにもチラシが置かれていましたキラキラ

この日は、メンバーの方を中心に
ご家族3名、スタッフ2名のあわせて
15名ほどの方が参加してくださいました。

最初にDVDをみて残りの時間は
テーブルを3つに分けてお話をしました。

10年以上前の電気ショックのお話や、

「外泊から病院に戻ると
他の患者さんからお金をせびられて困った
(でもスタッフには言えなかった)」

などいろいろな思いや経験をきかせていただきました。

そして、ある方は
「10年ほど前に、自分の家族が入院した病院は
全体的に、自由もあり、職員も丁寧でいいところだった。」
と言いながら

「でも、これは仕方ないのかもしれないけれど。。。」
と前置きをしながら

「薬を詰所前にとりに行かないといけないことに対しては
どうかなあと感じた。(でもそのときは言えなかった)」

と言われました。

薬の渡し方については、入院中の患者さんからも「並ばされるのがいや」「しんどい」などの声があること、私たちが病院にいったときにも気をつけて確認していること、
最近ではスタッフが病室をまわって渡すところが増えていることをお伝えしました。

「そうですかー笑顔
その方の、ちょっとほっとされたような笑顔が印象的でした。



終わってからの様子。

Posted by advocacy at 14:00
座談会にいってきます [2011年10月07日(Fri)]
今日は泉南市の作業所に
入院体験などのお話をうかがいにいってきます電車


明日は前にもこのブログでお知らせした
障害者総合福祉法についての学習会があります!

Posted by advocacy at 11:14
ニュース準備など [2011年10月06日(Thu)]
今日はボランティアさんにきていただいて
10月号のニュースや明日の座談会の準備をしています音符



座談会をする泉南フレンドさんは
関空よりも南、和歌山と大阪の境目近くにあります。

さきほどお電話をしたら、
DVDを流すためのセッティングなど
すでにメンバーの方が準備をすませてくださっているそうです。

楽しみです音符
Posted by advocacy at 10:42
座談会にいってきました。 [2011年09月27日(Tue)]
昨日は座談会でした。
岸和田の地域活動支援サンターかけはしにいってきました。

参加者は
入院経験のある利用者さん、
入院経験はないけど「入院ってどんなだろう?」という思いでご参加くださった利用者さん、
家族会の方、スタッフの方、実習生。

自己紹介をしながら
DVDの感想や体験談をわかちあったら
あっという間の2時間でした。

25年ほど前に入院した病院では
自分の調子が悪いとき、
職員から「おまえ」と威嚇された。
今年になって同じ病院に入院したら
どんなときも「○○さん」と呼んでくれた。

毎日ケースワーカーが病棟に来てくれたから
困ったことは相談できた。

病院によってケースワーカーの人数や仕事内容はずいぶん違う、という話。

「(入院時)自由はあってもお金がなかった」

病院に1万円のお金を預けて
1ヶ月で管理料として3000円とか6000円とられるという話。

病院の玄関からその病棟にいくまでには
いくつも鍵のかかったドアを通らないといけなかった。

初めての入院である病院の閉鎖病棟に入ったときに
その「雰囲気、空気」に
「えらいとこに入ったな」と感じたこと。
それは治療する空間というより収容の場のようだったということ。

15年前の入院のとき、
週に1回、退院前には毎日のように
患者が掃除をしていたこと。
それが病棟の当たり前のルールになっていて
誰にも疑問を打ち明けられなかったこと。
そんなことをしたら保護室に入れられるかもしれないという怖さがあったこと。

作業所のある利用者さんのは
入院中に他の患者さんから、地域には「作業所」というところがあると聞いたそうです。
「なんで先生(主治医)はそういうことを教えてくれなかったのだろう?」
と言っておられたそうです。

初めて保護室を見たとき ショックをうけた。

ショック を言葉にする難しさ。。。
でもそれを言葉にすることの大切さ。。。

いろいろな話を共有し、一緒に考えることができました。

私自身、いろいろなことに気付くことができました。


Posted by advocacy at 10:47
フォローアップ研修でした [2011年09月26日(Mon)]
9/23はフォローアップ研修でした。
自己紹介をしながら病院訪問のときに困ったことなど話し合いました。


・自己紹介の方法

・最初のごあいさつ(何の話からしたらいいのか)

・患者さんからお話をきかせてもらうことはできるけれどもメモをとるのが苦手

・患者さんが安心して話せる場所は?

↑これらについて「どうしたらいいのでしょう?」

との問いかけに
参加者それぞれが
どう工夫しているか、いろいろな意見を出し合いました。

ペアになって活動したときに気づいた
相手の動きのいいところを伝え合うこともできました。

続けていくためには
不安を出し合ったり、いいところを認め合ったり
私たち自身の自信をつけていくことが
とても大切だと実感しました。






Posted by advocacy at 10:39
フォローアップ研修です [2011年09月23日(Fri)]
今日は病院訪問ボランティアさんの
フォローアップ研修(交流会)です。

事務所にて10名ほどで実施します。

お茶とお菓子の準備はできました!

みんなの体験をわかちあって
みんなでパワーアップします♪

また報告します。

この事業は大阪市市民活動推進基金の助成を受けて実施しています。
市民活動基金へのクリック募金は こちら → クリック

Posted by advocacy at 13:01
| 次へ
https://blog.canpan.info/advocacy-osaka/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/advocacy-osaka/index2_0.xml
最新記事