• もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(6/8) 国連世界食糧計画(WFP)と協力してウクライナの方々に食料を届けています。 [2022年06月08日(Wed)]


ADRA_UkraineResponse_WFP1.jpg



ウクライナ危機から3ヶ月以上が経ち、
ウクライナの方々は今もなお
危険と隣り合わせの日々を過ごしています。

また、長引く砲撃により多くの町は破壊され、
人々は生活に必要な食料や物資が手に入らず、
苦しい生活を強いられています。


アドラは国連世界食糧計画(WFP)と協力し
ウクライナ危機の影響を受けている方々へ
食料を届けています。



これまでにキーウ、スームィ、
チェルニーヒウ、ポルタヴァ、オデーサ、
ザポリージャ、ムィコラーイウ、
ドニプロペトロウシクの8つの州で

パンを225万本以上配付したほか
パスタ、白米、缶詰、調理油、塩などを含む
食料キットを3,188セット、
合計265トン届けました。


ADRA_UkraineResponse_WFP2.jpg



オデーサ州とスームィ州では、、
新たに、生後6か月から23ヵ月の赤ちゃんを
対象にした食糧支援も開始しました。



さまざまな組織と連携することで
アドラだけでは実現することができない
支援を届けることができ、感謝しています。


このようにウクライナの方々に
必要な支援をお届けできるのも
皆さまからいただいている
温かいご支援のおかげです。

心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

画像1.png


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 16:36 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
【参加無料】ウクライナ支援チャリティウォーク500人大募集!「PEACE WALK」6/7(火)よりエントリー開始 [2022年06月08日(Wed)]
PEACE WALK2.png


歩くことで寄付ができるスマートフォンアプリ「minpo」を使ったウクライナ支援のためのチャリティウォーク「PEACE WALK」が開催されます。
8つある支援先団体の1つとして、ADRAも参加します!

参加エントリーが500人に到達した時点で日本寄付財団からアドラ・ジャパンのウクライナ人道支援への80万円の寄付が確定し、2022年6月18日(土)から7月1日(金)までの期間に参加エントリーしたメンバーがウォーキングまたはランニングした合計歩数のランキングによって、最大200万円の追加の寄付の可能性がひらきます。

一人ひとりの一歩がウクライナ支援につながる企画です。
たくさんの方のエントリーをお待ちしています!!

281152180_5525449184142376_8903158767348467266_n.jpg


【参加資格】
どなたでも【無料】で参加可能。


【こんな方におすすめ】
・ウクライナを支援したいがどんな方法がよいのかわからなかった方
・もっと支援したいと思っていたけどできていなかった方
・現金で支援する以外の方法を希望していた方
・ランニングやウォーキングが趣味の方
・面白い企画なので興味がわいた方

通勤通学、買い物、トレーニングなどを兼ねて、歩いたり走ったりするだけで、
気軽に支援につながります。ご参加をお待ちしています。


【イベント詳細】
■歩いてウクライナ難民を支援しよう|PEACE WALK by 日本寄付財団
https://congrant.com/jp/peacewalk/


【事前登録開始日】
2022年6月7日[火]


【チャリティウォーク開催期間】
2022年6月18日[土]から7月1日[金]まで


【寄付される仕組み】
今回の企画は、参加人数・歩いた歩数によって日本寄付財団より寄付されるイベントです。
参加される方への負担金は発生しません。

・ADRAを支援する参加者が500人超えると80万円の寄付が確定します。
・さらに、参加者の総歩数が団体ごとにカウントされ、合計歩数でランキングされます。
・1位〜5位の団体に順位により200万円〜10万円の寄付金が加算される仕組みです。


【参加方法】※支援団体をADRAにお願いします!
手順@
https://congrant.com/jp/peacewalk/
このサイトから参加エントリーする。

手順A
minpoのアプリをダウンロードしてログイン

手順B
ADRAのPEACE WALKの「参加する」を押して招待コード(ADRA1985)を入力

banner-peace2.png

\ たくさんのご参加お待ちしています! /



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 10:00 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/6) ウクライナで移動クリニックを展開 [2022年06月06日(Mon)]





2月から続いているウクライナとロシア間の
戦争により、ウクライナ全土で
甚大な被害が出ています。


激しい砲撃による街の崩壊、
水・食料や生活用品の不足、
戦火からの命がけの避難、
非人道的な体験による心の傷、
長引く避難生活でかかる心の負担、
大勢の方の犠牲…。


アドラは戦争が始まる前から
これらの最悪の事態に備え、

実際に戦争が始まった日からは
ウクライナ全土で命を守るための
あらゆる支援に取り組んでいます。



その中でアドラは、
ウクライナでの支援活動をより効率的に、
そして包括的にできるよう、
同じ志を持つ市民団体への資金支援も
行っています。


そのうちの一つとして、
「アンジェリア(天使)」という
団体が運営している
移動クリニックを支援しています。


この移動クリニックは、
総合診療医、耳鼻咽喉科医、
産婦人科医、精神科医、
そして、循環器系、消化器系、
脊髄脊椎の専門医からなるチームで

チェルニウツィー州とキーウ州にある
8ヵ所の避難所を回り、
患者の診療を行っています。



移動クリニックでは、必要に応じて
血液検査、血糖値検査、尿検査、心電図、
超音波、耳鏡検査などを実施し、


診断結果によっては薬を出したり、
注射や簡単な治療も行っています。


これまでに895件の診療を行い
そのうち703件が女性、
571件が高齢の方、
また5件は障害を持った方でした。



日本の皆さまからの温かいご支援のもと、
医療の専門家たちと協力することで
多くの方に、アドラのスタッフだけでは
提供することができなかった支援を
届けることができています。


Yahoo!ネット募金や
ZOZOTOWN様のチャリティTシャツ、
そのほかの企業や個人の皆さまからの
温かいご支援により、

このようにウクライナの方々の
命を守る活動ができていること
心より感謝いたします。


活動の様子は上の動画でもご覧いただけます。
ご賛同いただけたらぜひ「いいね!」やチャンネル登録を
お願いいたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

画像1.png

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:01 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/4) ウクライナ西部で避難所運営を支援しています。 [2022年06月04日(Sat)]


ウクライナ全国の町や村は、
長引く戦争により
大きな被害を受けています。

アドラは戦争が始まる前から
最悪の事態に備え、
実際に戦争が始まった日からは
ウクライナ全土で、
物資支援、避難支援、避難所整備、
カウンセラーなどによる精神面でのサポートなど
さまざまな支援を行っています。


一人でも多くの方に、このような支援を
より効率的に、そして包括的に
届けることができるよう、
同じ志を持つ市民団体への少額資金支援を
通じた活動も行っています。

そのうちの一つは、
ウェスタン・カンファレンスです。
もともと持っていた施設を活用し、
ウクライナ西部で避難所の運営を行っています。



現在この避難所には100人の方が
身を寄せており、そのうち62人の方は
戦争で収入源を失ってしまった方々です。


86人の方が継続的に支援を受けており、
そのうち女性が53人、子供が28人、
高齢者が15人、障害者が3人、そして
持病を患っている方が10人いらっしゃいます。


この避難所では、
アドラの少額資金支援を活用して
避難してきた方々が安心して
避難生活を送れるよう、
水道設備を整備しました。

また、熱いお湯が使えるよう
ボイラーを設置してシャワーも
浴びられるようにし、
調理ができるよう電気コンロを購入しました。

そして着の身着のまま避難されてきた方々の衣類や、
避難所で使っている寝具の洗濯ができるよう、
洗濯機も設置しました。

避難されている方々の
生活に必要な食料や物資も
購入しています。



皆さまの温かいご支援により
同じ志を持つ団体と連携しながら
ウクライナの方々に必要な支援を
届けることができていることを
心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。


画像1.png


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:00 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/2) ウクライナで精神科医によるカウンセリングを行っています。 [2022年06月02日(Thu)]


ADRA_UkraineResponse_カウンセリング.jpg



ウクライナでは、
今でも続く激しい戦闘、
長引く地下シェルターでの避難生活、
家や財産、また大切な人を失った失望感、
水や食料の不足による苦しい生活、
あらゆる非人道的行為による被害・・・

このような悲惨な状況の中、
不安障害、トラウマ、パニック障害、
不眠症、激しいストレスなど、
精神的に不安定になる方々が
多くいらっしゃいます。

アドラは18人の精神科医と協力し、
ウクライナ全土で戦争の被害にあっている
大人と子どもを対象に、
無料でカウンセリングを
提供しています。


カウンセリングは
アドラの専用ホットライン
(直接相談できる電話やチャット窓口)を通じて
ウクライナ国内外どこからでも
受けることができます。


また、精神科医のチームが
親と離れ離れになってしまった
子どもたちや孤児が集まる施設を訪れ、
訪問カウンセリングも行っています。



ウクライナでは、物資や避難などの
物理的な支援に加え、
このような精神面でのサポートも多く
必要とされています。

そしてその必要性は、
今後ますます増えるとされています。


アドラは、皆さまからのご支援により
さまざまな形でウクライナの方々に
支援を届けることができていることに
感謝いたします。

今後も引き続き、ウクライナの方々に
寄り添い、必要とされている支援を
行っていきます。

皆さまの温かいご支援に
心より感謝しいたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。


画像1.png


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:25 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/1) ウクライナ南部の村から命がけの避難 [2022年06月01日(Wed)]


ADRA_UkraineResponse_命がけの避難1.jpg



ウクライナ南部の主要都市へルソンでは
長い間激しい戦闘が続き、
現在はロシア軍により
支配されているとみられています。

この町の近くにある
ドニエプルバグ河口付近の村でも
多くの市民が、物資不足や非人道的な
行為により、苦しい生活を強いられています。


先月、この村から避難してきた方々を、
ドニプロペトローウシク州の
クルィヴィーイ・リーフで受け入れました。

彼らは避難の際、主要道路は地雷が
埋められているため使えず、
舗装されていない草原の中を
車で走って逃げなくてはいけませんでした。

目立たないよう、夜暗くなってから、
車のヘッドライトを消して運転するため
他の車と衝突しながら、
それでも何とか無事に村を出ることが
できました。

このように命からがら逃げてきた彼らは
クルィヴィーイ・リーフに
辿り着いた時には身も心も
疲れ切っていました。

彼らは、アドラが設置した滞在所で、
温かい食事をとり、
ゆっくり休むことができました。


また、恐怖で怯えていた子どもたちは
専門家によるカウンセリングを受けました。


ADRA_UkraineResponse_命がけの避難2.jpg



そして翌朝には、ウクライナ西部の町
リヴィウを目指し、出発しました。


アドラはボランティアの方々と協力し
ウクライナ各地でこのような滞在所や
避難シェルターを設置し、
戦火から命がけで避難してくる方々を
受け入れ、支援しています。

戦争が長引くウクライナでは、
このような支援を必要としている方々が
たくさんいます。

アドラはこれからも彼ら一人ひとりに
寄り添い、活動を続けていきます。

皆さまの温かいご支援に
心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 14:50 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)