CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(5/31) ジンバブエ教育・大切な基盤を築く活動にあと一押しをお願いします [2022年05月31日(Tue)]
こんにちは!現在ジンバブエにいる高橋です。

私たちの取り組みを応援してくださっている皆さまに改めて感謝申し上げます。

1.jpg

新規事業地のカリバ地区にあるカリバダムにて
ここは活動地に多いトンガ族の方々の歴史ともつながりの深い場所



近年SDGsが世の中に浸透していく中で、「オーナーシップ」「持続可能性」といった言葉が本当によく聞かれるようになりました。

では私たちはどのようにしたら「持続可能な取り組み」や「支援を受ける人々が当事者としてオーナーシップを持つ活動」を実現することができるでしょうか?


ADRAがジンバブエで目指していることは、地域の村人たちと学校関係者とともにパートナーとして、学校開発を進める基盤を築いていくことです。

そうすることで、私たち外部の支援者がいなくなった後にも、学校と村人たちが自分たちで開発を進めていく力をつけることができるからです。


私たちは村人や学校関係者との対話に根差した活動を通して、この基盤づくりを実現しようとしています。

こうした対話はすでに現地スタッフとともに学校で実践しており、少しずつ変化が見える中で、私たちもとてもワクワクしています。


例えば、今までは学校で校長先生に「こんな問題があって大変なんだよ〜」と言われると、そのまま鵜呑みにして「どうにかしてこの問題をADRAで解決できないかな?」と事業チームで話し合っていました。


しかし、今は「もう少し学校に詳しく聞いてみた方がいいんじゃないか?」という声が現地スタッフから上がるようになり、

再度学校に戻り「前に同じようなことがあった時はどうしたの?」といった聞き込みができるようになってきています。


こうした深堀りができるようになると、学校の校長先生も「実は前は自分たちでこんな風にしてやりくりしたんだよね〜」と思い出すようになり、

そこからADRAが何か言わなくても「あ〜そうか!前もしたみたいに今回も自分たちでやればいいのか!」と発見して自ら動くようになります。


私たちが言う「学校とパートナーとして基盤を築く」というのは、こうした日々の対話の積み重ねの中で学校との関係性を構築していくところから始まります。


2.jpg

「教員の離職率が大問題!」と訴える先生に過去の具体的な教員数の聞き込みをしている


3.jpg

学校の過去の取り組みについて校長先生と副校長先生に聞き込みをする現地スタッフ


4月にこのファンドレイジングを開始してから、本当に多くの皆さまに応援いただき、そして温かいメッセージで背中を押してもらってきました。


3年3か月に渡って活動してきたゴクウェ・ノース地区での今後の活動のモニタリングや、4月に開始したカリバ地区での学校訪問において、

事実質問を使った対話を基にする活動をスタッフが少しでも多く実践し繰り返すことで、

地域の方々がもともと持っている自分たちで課題を見つけて取り組む力が今まで以上に発揮されるようになります。


クラウドファンディングもあと残り10時間となりました。


皆さまからの応援が、ジンバブエの遠い村で子どもたちの未来のために奮闘する村人と学校、そして彼らを支えるADRAスタッフの力となります。


どうぞ最後の一押しをよろしくお願いいたします!


【2022年5月31日 23:00まで】
クラウドファンディングにて
皆さまの応援を募っています。

詳細をこちらのページでご覧いただけます。
最後の応援・お申し込みをお待ちしております。


278cadb5c5a600fd354bbb4a32acf34407bf98f0.png



ジンバブエ事業は、皆さまからの温かいご寄付と、日本NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています。皆さまのご理解と温かいご支援に心より感謝申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 09:49 | ジンバブエ便り | この記事のURL | コメント(0)
(5/30) ウクライナでアドラの物資支援を受けているヴァレリーさんからのメッセージ [2022年05月30日(Mon)]


ADRA_UkraineResponse_ヴァレリーさん.jpg



ウクライナ南部の主要都市
へルソンに近いミコライウでは、
長期間に渡りロシア軍による
激しい砲撃が続きました。

その結果、町のほとんどは破壊され
生活に必要な食料や物資が手に入らず
住民の方々は、苦しい生活を強いられています。

ここでもアドラは住民の方々へ
物資支援を行っています。


この町でアドラの支援を受けている
ヴァレリー・コルニーチュクさんから
このようなメッセージを頂きました。



「ある時、ロシア軍が私たちの町に
やってきて、1週間にわたり毎日
砲撃をしてきました。

少なくても5回、
私たちの家の上をミサイルが
越えていきました。

私たちは毎日祈りながら、
地下シェルターへ避難を繰り返す
日々でした。

なんとか生き残ることができたのは、
神様のおかげだと思っています。


そして、今生活ができているのは
アドラの支援のおかげです。

今では町に店が一軒しか
残っていません。

その店でさえ、戦争が始まって以来
物はなく、私たちは基本的な
衛生用品やオムツやベビーフードなど
何一つ手に入りませんでした。

そんな中、私たちを支援をしてくれた
アドラに心から感謝しています。」



ヴァレリーさんの感謝の言葉は、
アドラの活動を支えてくださっている
皆さまへ向けられた言葉でもあります。

皆さまの温かいご支援により
これからもアドラはウクライナの方々に
寄り添い、活動を続けていきます。

心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>>




このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 14:08 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(1)
(5/29) ウクライナ南部の都市、ミコライウで地下シェルターを設置しました。 [2022年05月29日(Sun)]


2月に始まったウクライナと
ロシアの間での戦争により、
ウクライナの多くの町が
激しい砲撃を受けました。

現在ロシアの支配下にあるとみられる
ウクライナ南部の主要都市
へルソンから少し離れた
ミコライウでは、長い期間に渡り
連日激しい砲撃が続きました。

アドラはボランティアの方々と協力して、
ミコライウにあるアドラ関連組織の施設の
地下を避難シェルターとして整備しました。


200平方メートルほどのこのシェルターには
周りの町から避難してきた方々、
またはミコライウの住民の方々など、
常時20〜30人が避難し
多い時は70人ほどになりました。

地下での長引く避難生活による
心身の負担を少しでも軽減するため、
洋服が洗える洗濯機と
暖かいシャワーが浴びれるよう
ボイラーを購入し、設置しました。


ADRA_UkraineResponse_ミコライウ避難シェルター.jpg



ウクライナでは、今現在も
激しい戦闘が続いている地域で、
また戦闘により全てが破壊されてしまった地域で、
多くの方々が苦しい生活を強いられています。

アドラは今後も、長期的に
ウクライナの方々に寄り添い
支援を続けていきます。


これらの活動を支えてくださっている
皆さまの温かいご支援に
心より感謝いたします。




(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>>




このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:11 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(5/28) ウクライナの町、イジュームで家を失った家族が安心して避難生活を送れるよう支援しました。 [2022年05月28日(Sat)]


ウクライナとロシアの間で
戦争が始まって3ヶ月以上が経ち、
ウクライナの方々はさまざまな
人道危機にさらされています。

ハルキウ地域の町、イジュームも
町の80%が破壊され、
多くの住民が家を失い、
また多くの方が犠牲となりました。

町はロシア軍に支配され、
住民の多くはロシアに
強制連行されています。


イジュームで家を失ったある家族が、
キロヴォフラード州の
クロピウヌィーツィクィイ近郊の
村に逃げてきました。

戦火から着の身着のまま逃げてきた彼らは
この村で見つけた壊れかかった家で、
しばらく避難生活を送ることにしました。


彼らが安全に避難生活を送れるよう、
アドラはボランティアと協力し、
この家の屋根や、
落ちかけていた天井を直し、
また暖を取るための薪を
集めるお手伝いなどをしました。


ADRA_UkraineResponse_避難家族1.jpg



この家には調理ができるコンロも
なかったため、ボランティアが協力し
小さな調理用電気コンロを購入し、
また食料、衛生用品、ベッド用品なども
支援しました。


ADRA_UkraineResponse_避難家族3.jpg



この家族のように、ウクライナ各地では
自分の住んでいた町から命からがら避難し、
落ち着いて住む場所も、
生活に必要な物を買う十分なお金もなく
苦しい避難生活を強いられている方々が
たくさんいます。


ADRA_UkraineResponse_避難家族2.jpg



アドラはウクライナ全域で
このような状況にある方々
一人ひとりに寄り添い
彼らが必要としている支援を
届けています。


皆さまの温かいご支援により
このような活動を
継続できていること、
心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>>



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:45 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(5/27) 勇敢で優しい笑顔のリュシュクくんの笑顔に触れ、気持ちを新たに。 [2022年05月27日(Fri)]


ADRA_UkraineResponse_男の子.jpg



ウクライナは長引く戦争により、
国内各地で大きな被害が出ています。

現在も砲撃を受けている町、
戦闘は落ち着いたものの、
すべてが破壊されてしまった町。

各地でさまざまな支援を
必要としています。


先日、アドラがトラックに乗せた
支援物資を国内の被災地に届けたところ、

リュシュク・マラットくんが、
お父さんと一緒に荷下ろしを
手伝ってくれました。


彼自身も戦争の被害者であり、
食べ物や生活用品が手に入らず
苦しい生活を強いられています。

そんな中、笑顔で力いっぱい
荷物の運搬を手伝ってくれる
彼らの姿にスタッフは心を打たれました。



ウクライナでは今もなお、
子どもを含む多くの人々が
苦しい生活を強いられています。

この日、リュシュクくんの勇敢で
心優しい笑顔に触れ、スタッフ一同、
これからもウクライナの方々
一人ひとりに寄り添い
支援を続けていこうと
気持ちを新たにしました。


ウクライナでの活動を支えてくださっている
皆さまの温かいご支援に
心より感謝いたします。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:00 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(5/26) ウクライナの隣国、ルーマニアからも支援を届けています。 [2022年05月26日(Thu)]


アドラはあらゆる方面から
ウクライナの方々への支援を
行っています。

ウクライナでは、長引く戦争により
町の機能や流通が崩壊し、
住民は食料や生活用品を
手に入れることができず
苦しい生活を余儀なくされています。


アドラは、これまでのブログで紹介した
隣国スロバキアからの支援に加え、
ウクライナの南に位置する
ルーマニアからも物資支援を
行っています。

戦争が始まって3日以内に
支援物資を乗せたトラックが
ルーマニアからウクライナに
入りました。


ADRA_UkraineResponse_ルーマニア1.jpg



335人のボランティアと
104の団体と協力し、

2月27日から5月5日までの間に
36回に渡り物資を輸送し、
2万6千人以上の方に
食料、衣類、衛生用品、医薬品、
マットレス、毛布、また
発電機などの支援を
届けることができました。


物資は、まずウクライナ西部の町、
ムカチェヴォとチェルノフツィにある
3つの倉庫へ運び、

そこから現地スタッフと協力して、
支援を必要としている地域に
運送しています。


ADRA_UkraineResponse_ルーマニア2.jpg



これまでウクライナに届けた
物資の総額は5千万円以上に及び、
その量は342トンを超えました。



ウクライナへの物資支援の他に、
ルーマニアに避難してきた
ウクライナ国民の方々や、
隣国モルドバ共和国に
滞在しているウクライナの方々にも
物資支援を行っています。


アドラは多くのボランティア、
またさまざまな団体と協力しながら
ルーマニアからの支援も
継続していきます。

皆さまの温かいご支援により
多方面からウクライナの方々へ
支援を届けることができていること、
心より感謝いたします。


ADRA_UkraineResponse_ルーマニア.jpg



アドラは引き続きウクライナ緊急支援への
寄付金を集めています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

<<ウクライナ緊急支援のご寄付はこちらから>>



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 06:30 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(5/25) ウクライナの首都、キーウでも活動を続けています。 [2022年05月25日(Wed)]


2月に始まった戦争により
ウクライナの多くの町は
破壊され、たくさんの市民が
犠牲となっています。


首都キーウでは現在は
砲撃は落ち着いているものの
ウクライナ全域で流通システムが
破壊されてしまったことから、

いまだ多くの市民が
生活に必要な物資を
手に入れることができず
困難な生活を余儀なくされています。



アドラはボランティアの方々と協力し、
キーウでもホットライン(非常用直通電話)を
設置し、住民の方々が
直接アドラに支援を求めることが
できるようにしています。

住民の方々からは、医薬品の支援要請が多く、
その他には食料、衣類、衛生用品などの
要請があります。


ADRA_UkraineResponse_キーウ物資支援1.jpg



連絡をいただいた方へは、
IPOSTというウクライナの宅配便会社の
協力のもと、必要な物資を
無料で配達しています。


ADRA_UkraineResponse_キーウ物資支援2.jpg



現在、車いすや松葉杖の在庫が少なく
今後これらの物資も調達していく
予定です。


キーウでは、これまでに1箱15キロの
支援パッケージを約900人の方に届け、
合計15トン以上の物資を配付してきました。


ADRA_UkraineResponse_キーウ物資支援3.jpg



皆さまからの温かいご支援により、
被害にあわれている方
一人ひとりに寄り添い
必要とされてる支援を迅速に
届けることができていること、
心より感謝いたします。


ウクライナでの戦争が長期化する中、
避難先の国、或いは戦闘が続く国内で
苦しい避難生活を余儀なくされている方々へ
今後も長期的な支援を行っていきます。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>>




このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:41 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(5/22)ジンバブエの14歳の女の子の夢は「みんなが学校に行けること」 [2022年05月22日(Sun)]
content_82360202a9ea2e04a43509eefd11ffeafb1e5d84.jpeg


私たちが取り組んでいる活動に関心を持ってくださる
皆さまに、心より感謝申し上げます。


今、私たちが教育支援に取り組んでいるジンバブエの学校の一つに、
クザイ・チズバラさんという14歳の少女が通っています。

7年制の小学校の最高学年(小学7年生)で、
学校には1時間かけて歩いて通っています。

content_dab109d1092b5c0f260de23bd37ceba886a7484e.jpeg


クザイさんが通う学校は、以前はかやぶきの屋根しかなく、
天気次第で学校が休校になることも多くありました。


そのため、1年間で学ぶはずの内容の半分しか授業が進まず
他校との教育格差が大きくなってしまう問題がありました。

また、教える先生にとっても過酷な職場環境であるため、
先生が定着しないという課題もありました。


またこの地域は貧しい家庭が多く、子どもを学校に行かせるよりも
労働力として働かせることを優先する家庭も少なくありません。


学校の見た目がみすぼらしく、実際の授業も行われないことが多くて
授業も進まないとなると、子どもを学校に通わせ続けるのをやめて
退学させてしまう家庭もあります。


学校に通っていない子どもは、1日中畑で働くなど子どもらしい
時間を持てなくなってしまうほか、犯罪組織に取り込まれたり、
犯罪に巻き込まれたりする恐れも高まってしまいます。

content_d30fedf0c551ff73c6dc5bcb652975064611260b.jpeg


クザイさんの学校は今、立派な校舎が建ち、天候によって
授業が遅れることはなくなりました。


新型コロナウイルスの影響で休校が余儀なくされたときには、
家庭用の学習キットが配付され、授業ができない分の学習を
家で進めることができました。


クザイさんには、尊敬するムラムワ先生という存在もでき、

「ムラムワ先生はとても親切で、適切な指導やカウンセリングで
心あるアドバイスをしてくれるため信頼していています。」

と話してくれるほどです。


学校の休み時間には、「ノホド」や「チュティ」といった
ジンバブエの伝統的な遊びを楽しむ子どもたちの明るい声が響き、
クザイさんもその輪の中で、楽しい時間を過ごしています。

content_949d99da20e6bb3b6505ddc04b2128fa43764851.jpeg


クザイさんには、学校を卒業した後の大きな夢があります。


「学校を卒業したら、人道的な仕事をして、恵まれない子どもたちが
学校に行けるようにしたいです。

そして、もし学校に行ってない子どもを見かけたら、
学校に行くように絶対に勧めます。

学校の先生にも、立派な学校ができるように助けてくれた
皆さんにもそう約束します。」


と力強いなまなざしで語ってくれました。

content_a2d0f6c1f5e01572ec0d9460ce35354a9cb4a582.jpeg


クザイさんのように、学校で学べる喜びを知った子どもたちは
きっと、学ぶことの楽しさや大切さを誰よりも強い言葉で
伝えていくことでしょう。


学ぶ環境が整ったクザイさんの学校が、今後、外部からの
支援がなくとも自分たちの力で適切に運営されていくように、
私たちは今取り組んでいるジンバブエの学校関係者の方々との
対話をあと少し続けたい!と考えています。


今のこの地道な積み重ねが、子どもたちの次の10年、20年を
支えることになります。


皆さまのお支えとともに目標金額を達成し、活動を
やり切ることができるよう、皆さまのお力をお寄せ
いただけましたらとても心強いです!


応援してくださる皆さまに、心より感謝申し上げます。



【お知らせとお願い】
2022年5月31日まで、
クラウドファンディングにて
皆さまの応援を募っています。

詳細をこちらのページでご覧いただけます。
応援・お申し込みをお待ちしております。

278cadb5c5a600fd354bbb4a32acf34407bf98f0.png


ジンバブエ事業は、皆さまからの温かいご寄付と、日本NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています。皆さまのご理解と温かいご支援に心より感謝申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 21:00 | ジンバブエ便り | この記事のURL | コメント(0)
(5/22)上映会付きリターンをご紹介します! [2022年05月22日(Sun)]
こんにちは!


クラウドファンディングをスタートして約1か月、

温かいメッセージとともにご支援をお寄せいただき
感謝しております!


本日は、リターンの一つ、


==============================

C 映画『Poverty Inc〜あなたの寄付の不都合な真実〜』

上映付き座談会コース!|オンライン座談会にご招待いたします 
 

content_600ca2d69fdc8393d661c8e346d4bf226382d2a8.jpg

(画像:https://unitedpeople.jp/povertyinc/ より)

==============================


についてご紹介いたします!



皆さんは今回のリターンの映画

『Poverty Inc〜あなたの寄付の不都合な真実〜』を
ご覧になったことはありますか?


映画の副題にある「〜あなたの寄付の不都合な真実〜」
という言葉を見て、え、私の寄付は大丈夫?と
感じる方もいらっしゃるかもしれませんし、

寄付を募り、現地へ届け、支援を行っている
私たちからしても見過ごせないテーマです。



映画の紹介文章のなかにも、


「貧困援助」がビックビジネスに?

あなたの“善意”が、誰かを傷つけているかもしれない

私たちの「支援」がもたらす問題は?

正しい支援のあり方とは?

途上国とどう向き合うべきなのか?


など、国際協力に関心の高い方には
気になるテーマが並んでおり、


寄付や援助について、深く考える
きっかけになること間違いなしです。



映画鑑賞後の私たちスタッフとの座談会では、
ぜひ率直なご意見やご感想をシェアしていただき、

よりよい支援の形や未来について
皆さまとお話していきたいと考えています!


この映画は2014年制作で、
映画館ではもう上映されていないため、
アマゾンプライムやネットフリックスで検索するなど、

鑑賞する機会を探していたという方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


上映会は、
2022年8月のいずれかの木曜日19時からで
調整する予定にしています。


ジンバブエでの活動を力強く応援しながら、
国際協力や支援、寄付のあり方についても考えを深め、
ご自身の寄付の価値を確かめていただけるリターンです。



映画を題材に皆さまと活発な意見交換ができるのを
楽しみにしております!



【お知らせとお願い】
2022年5月31日まで、
クラウドファンディングにて
皆さまの応援を募っています。

詳細をこちらのページでご覧いただけます。
応援・お申し込みをお待ちしております。

278cadb5c5a600fd354bbb4a32acf34407bf98f0.png


ジンバブエ事業は、皆さまからの温かいご寄付と、日本NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています。皆さまのご理解と温かいご支援に心より感謝申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 10:00 | ジンバブエ便り | この記事のURL | コメント(0)
(5/21) スロバキアで避難生活を続けるウクライナの方々を支援しています [2022年05月21日(Sat)]


ADRA_UkraineResponse_スロバキアでの避難民6.jpg



戦争が始まって以来、
多くのウクライナの方々が
国内の戦禍から逃れるため
隣国に避難しています。

国連の発表によると、
その数は600万人以上と
言われています。



隣国のスロバキアでは
ウクライナへの物資支援や、
国境を越えて避難してくる方々の
受け入れ支援などに加え、

スロバキアで避難生活を続けている
ウクライナ人の方々への
支援も行っています。

(物資支援や国境での受け入れ支援
の内容については、5月10日、17日の
ブログでご覧いただけます。)


ADRA_UkraineResponse_スロバキアでの避難民3.jpg



スロバキア国内8ヵ所にある
アドラのヘルプセンターを拠点に、
食料、衣類、靴、衛生用品、
子どものおもちゃなどを
避難所へ届けています。

これまでに、約4千人の方に
物資を届けることができました。


ADRA_UkraineResponse_スロバキアでの避難民2.jpg



スロバキアで避難生活を送っている
ウクライナの方の数は
正確にはわかっていませんが、
4月末の時点で、
32万人以上に及ぶと
推定されています。



避難生活が長引く中、
彼らへの支援は、
今後ますます必要になってきます。


アドラは引き続き、隣国へ避難している
ウクライナの方々への支援も
継続していきます。


ADRA_UkraineResponse_スロバキアでの避難民4.jpg



ウクライナ緊急支援へのご寄付については
以下のリンクをご覧ください。

皆さまの温かいご支援に
心より感謝いたします。


<<ウクライナ緊急支援のご寄付はこちらから>>



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:23 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ