CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年12月 | Main | 2022年02月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(1/31) 【ネパール便り】正しい情報で命を守れ!クラスターを防ぐためにネパールの村で大切なこと [2022年01月31日(Mon)]


ADRA Japanは2021年7月以降、
ネパールで最初の感染爆発が起きた
バンケ郡・バルディヤ郡において
新型コロナウイルス対応能力強化のための
支援活動を実施してきました。




バンケ郡では2021年4月から6月にかけて、
新型コロナウイルス感染のクラスターが
複数地域で発生し、
感染が急速に広まりました。


この背景には、地域の住民の間に
新型コロナウイルスに関連する
正しい知識が不足していることがありました。


例えば、他の人からうわさで聞いた
感染対策や、ネット上の間違った
新型コロナウイルスへの対処法を信じ、
実施していたことがクラスター発生の
原因のひとつになっていました。


そのため、
このような間違った情報からの感染拡大
(インフォデミックによるパンデミック)
が繰り返されることのないように、
ADRA Japanは地域住民の健康を支える
大切な役割を担っている


「女性地域ヘルスボランティア
(詳細は「ネパール便り vol.45」参照)」
と協働することにしました。


彼女たちは、住民一人ひとりと丁寧に
会話をする草の根の啓発活動に取り組むなど、
これまでも住民の健康を守ってきました。


そのため、新型コロナウイルス感染症に
関しても住民の身近な相談役である
彼女たちから正しい対応策を伝えてもらう
ことで、住民が適切な感染予防を行い、


感染症への誤認や必要以上の恐れに由来する
受診控えを防ぎ、間違った情報による
感染拡大に歯止めをかけることができます。



1.ネパール_コロナ.png


家庭訪問を行う女性地域ヘルスボランティアの様子(コロナ禍以前)




協働にあたっては、まず初めに、
コロナ禍で彼女たちの活動は
どのように実施されているのか、


バンケ郡内のさまざまな地域で活動している
女性地域ヘルスボランティアに
聞き取り調査を行いました。


その結果、彼女たちは新型コロナウイルス
関連啓発活動を行うための知識やツールを
持っていないという現状が明らかになりま
した。


彼女たちの声の一部をご紹介します。



2.ネパール_コロナ.JPG


女性地域ヘルスボランティア(右)に
聞き取り調査を行う事業スタッフ(中央)と駐在員(左)



「感染対策としてソーシャルディスタンスを
保つことや手洗いは何となく知っているけれ
ど、これまで新型コロナウイルスに関する
オリエンテーションや研修は受けたことは
ない。」
(ジャナキ村・女性地域ヘルスボランティア)


「毎月の母親グループ会合(町内会のような
集まり)で新型コロナウイルスをテーマに
取り上げたいとは思ってきたけれど、
教材のようなものが欲しい。」
(ネパールガンジ市・
女性地域ヘルスボランティア)


「コロナが流行っていても夜中でも、
私たちボランティアは産気づいた妊産婦に
付き添ったり、急に発熱した地域の子どもを
病院に連れて行ったりしなければならないの
で懐中電灯が欲しい。」
(バイジャナ村・
女性地域ヘルスボランティア)




ADRA Japanはこのような
女性地域ヘルスボランティアの意見をもとに、
新型コロナウイルス感染症に関わる啓発教材や、
感染対策のために手指消毒剤等の衛生用品を
含んだ啓発キットを作成しました。


啓発キット内の啓発教材では、
一般的な“新型コロナウイルスの予防方法”
だけでなく、


“新型コロナウイルス感染症と母乳栄養の
関係性”や


“新型コロナウイルス感染症と産婦・新生児
の健康管理”についてなど、
彼女たちが良く関わる妊産婦と新生児への
啓発教材も含めました。


そして、バンケ郡内すべての
女性地域ヘルスボランティア、
790名にこの啓発キットを届け、
活用方法を伝えました。



3.ネパール_コロナ.jpg


作成した啓発キット一式




4.ネパール_コロナ.jpg


女性地域ヘルスボランティアと啓発教材を確認する駐在員




5.ネパール_コロナ.jpeg


新型コロナウイルスの啓発内容について話す事業スタッフ




啓発キット配付して2か月ほど経った頃、
ドゥドゥワ村の女性地域ヘルスボランティア
を6年間務めているバサンティ・ヤダブさん
にお話を伺う機会がありました。


「今日ちょうど母親グループ会合だったんで
すよ。
手洗いや家庭での衛生管理の話をしてきました。


会合は毎月定期的に開催してますし、
新型コロナウイルスに関わる啓発教材を
使って既に地域の母親たちに話しました。」


「コロナ疑いの症状がある人々には
検査を受けに行くように声かけをしています。
幸いにも、全員陰性でした。」



6.ネパール_コロナ.jpeg


バサンティ・ヤダブさんの自宅前にて



また、13年前にラプティソナリ村の
女性地域ヘルスボランティアに任命された
クリシュナ・サルキさんは、
教材の中の“SMS
(Social distancingソーシャルディスタンス、
Mask マスク、Sanitizing手洗いや手指消毒、
の頭文字)”


が特に住民に分かりやすく、
説明しやすかったと語ってくれました。


他にも、マスクをしないで産前・産後健診に
来訪する妊婦たちや母親グループメンバーに、
啓発キットのマスクを配って感染予防の重要性
を話しているそうです。



7.ネパール_コロナ.jpg


クリシュナ・サルキさんと6か月の息子さん、駐在員



 今現在(2022年1月上旬)、
ネパールでのオミクロン株検出や、
国内での第3波の感染拡大の兆候が
見られ始めています。


世界でもいち早くデルタ株が流行し、
全国各地の医療崩壊が起こった事態が
再び繰り返されないよう、


女性地域ヘルスボランティアたちは今日も懸命に
活動を続けています。



8.ネパール_コロナ.jpg



※本事業は皆さまからのご支援とジャパン・プラットフォームの助成を受けて実施しております。



(執筆:ネパール事業担当 大西由香)

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 12:00 | ネパール便り | この記事のURL | コメント(0)
(1/28) 【人材募集】事業部スタッフ募集 [2022年01月28日(Fri)]


ADRA(アドラ)はキリスト教精神を
基盤とし、「人間としての尊厳の回復
と維持」を目的として緊急・開発支援
を行う国際NGOです。


世界の約120か国に支部を持ち、
活動しています。


ADRAの日本支部である
ADRA Japanでは現在、
事業部スタッフを募集しています。




【募集告知日】
2022年1月28日(金)


【募集職種】
事業部スタッフ


【業務内容】
事業部スタッフとして、
下記の海外事業地及び日本国内の
業務の両方に従事する。

ただし入職後最初の数か月〜1年程度
は、原則として日本国内での業務を行う。


【海外事業地】
・ 事業地における事業運営
(活動の進捗管理、事業会計管理、
現地スタッフの人事管理、
セキュリティ管理、報告書作成など)
   ⇒ 現地の事業責任者(駐在)として、
   現地スタッフをまとめ、
   プロジェクト全体の運営管理を行う。


・ 現地諸機関(国際機関、NGO等)
との交渉、調整
   ⇒ 事業責任者(駐在)として
   現地のパートナー団体や現地政府
   などと調整を行い、事業を進める。


【日本国内】
・ 現地に駐在する事業責任者の業務
のサポート
   ⇒ 事業の進捗確認
   (現地でのモニタリングを含む)、
   報告書作成、事業会計作業など


・ ドナーや他団体との連絡調整
   ⇒ 担当事業に関するドナーへの
逐次報告やNGOネットワークを
通しての他団体との連携


・ 資金調達
   ⇒ 案件作成及びドナーへの
   案件申請作業、また団体や
   担当事業の広報やファンド
   レイジングのサポートなど


・ その他の事業に関わる業務
   ⇒ 国内緊急事業のサポートや
    事業部全体に関わる作業
    (事業評価やナレッジマネジメント
に関する取り組み)など


*事業部スタッフの条件や応募方法
などについての詳細はこちらから


【募集人数】
 若干名


【応募締切】
 2022年2月13日(日)


【応募受付・問い合わせ】
(特活)ADRA Japan

〒150-0001 
東京都渋谷区神宮前1-11-1

TEL: 03-5410-0045
FAX: 03-5474-2042

E-mail: recruit@adrajpn.org

※メールの件名には必ず
「事業部スタッフ希望」
と記入してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 09:55 | 人材募集 | この記事のURL | コメント(0)
(1/26)【ネパール】コロナに感染した患者さんが自宅隔離中に自身の症状を確認できるよう、市町村保健所にホームケアキットを配付しました! [2022年01月26日(Wed)]


ADRA Japanは2021年7月以降、
ネパールの中でも特に感染拡大防止の
要所となるインド国境沿いの
バンケ郡・バルディヤ郡において


新型コロナウイルス対応能力強化のための
医療機材・物資配付支援を実施してきました。




ネパールでは、新型コロナウイルスに
感染した患者さんの重症度によって
以下の対応が取られています。


・重症
中等症患者は新型コロナウイルス病棟の
ある病院に入院


・中等症
軽症患者は市町村保健所の運営する隔離施設
に入所


・無症状患者は自宅隔離




自宅隔離の患者さんの対応には、
各地域に担当の保健医療従事者が配置され、
患者から要請があった場合、


保健医療施設のパルスオキシメーター
(血液中の酸素飽和度をはかる機器)や
体温計、聴診器を持って自宅訪問を行います。


ところが、バンケ郡・バルディア郡を含む
地方の農村部では家庭に体温計を備えている
家も少ないため、


自宅隔離患者が症状の悪化に気づくのが遅れ、
迅速に対応できない恐れがありました。


また、地域担当の保健医療従事者も
対応できる患者さんの数には限りがあり、


さらに、本来ならば隔離施設に入るべき
症状であっても、感染拡大ピーク時など
満床の場合には入所できず、
自宅隔離を余儀なくされる有症状者も
多く出てしまう状況にありました。


そのため、自宅隔離の患者さんが
自分自身の症状を的確に確認できるように
するサポートが必要とされていました。




そこでADRAは、保健医療従事者などの
専門家でなくても自宅で容易に使用できる
パルスオキシメーターや体温計、


さらなる家庭内での感染を防ぐための
手指消毒剤とマスクを入れた
ホームケアキットをバンケ郡とバルディヤ郡
の市町村保健所に配付し、


自宅隔離の患者さんに貸し出せるよう
支援しました。



1_ネパール_コロナ_ADRA.png


市町村保健所に配付したホームケアキット




実際に自宅隔離の患者さんがこのキットを
活用できているかどうかを確認するため、


ADRAスタッフは、新型コロナウイルスに
感染して自宅隔離11日目の、
バルディヤ郡マドゥワン町に住む
バグワティ・パウデルさんを訪問しました。



2_ネパール_コロナ_ADRA.jpeg


屋外で距離を取りながら
インタビューを行うADRAスタッフ





ADRAスタッフ
「いつ、どのようにして新型コロナウイルス
に感染したことが分かりましたか。」



バグワティさん
「私は2回のワクチン接種を済ませて
いましたが、熱が出て、味覚や嗅覚が
段々となくなってきて
新型コロナウイルスに感染したかな
と思いました。


ティハール(ネパールの連休期間)
前だったので陽性判定が出ることが
怖かったですが、検査を受けに行き、
感染が判明しました。」


ADRAスタッフ
「ご家族とはどう過ごされていましたか。」


バグワティさん
「私たちは7人家族ですが、
陽性の結果が判明するまで家庭内で
隔離して過ごしていませんでした。


70歳の義母や2人の孫にうつらなくて
本当に良かったです。」



ADRAスタッフ
「ホームケアキットを使ってみて
どうでしたか。」



バグワティさん
「陽性となってからは家族と離れて
過ごすようにしていましたが、


パルスオキシメーターと体温計を使って
自分で状態を確認することができています。


家の周りを散歩したりトイレに行ったり
した後など、少し息苦しく感じたら
パルスオキシメーターで酸素飽和度を
確認するようにしていました。


今は日に日に良くなってきていることを
感じます。」




3_ネパール_コロナ_ADRA.jpeg


自宅隔離中のバグワティ・パウデルさん




自宅隔離を始めて10日目の、
バンケ郡コハルプール町に住む
アニル・チャウダリさんにも話を聞きました。



4_ネパール_コロナ_ADRA.jpg


ホームケアキットを持つ
アニル・チャウダリさん





ADRAスタッフ
「新型コロナウイルスに感染したことが
分かった時はどうでしたか。」


アニルさん
「最初の症状は咳から始まり、
味覚・嗅覚障害も出始めて、
5日目で検査を受けに行きました。


呼吸が苦しく感じたことはなく、
レントゲン撮影上も異常がなかったので
自宅隔離するように言われましたが、


どのように過ごしたらいいか
最初は分かりませんでした。


新型コロナウイルスの診断から2-3日後に、
コハルプール町の新型コロナウイルス担当者が
ホームケアキットを届けて
色々と説明してくれました。」



ADRAスタッフ
「ホームケアキットは
どのように使いましたか。」



アニルさん
「家族と離れて過ごすようにしてから、
ホームケアキットをいつもそばに置いています。


パルスオキシメーターで酸素飽和度を
一日に2-3回チェックして、
熱も頻繁に測っています。


酸素飽和度はいつも97-98%を
キープできています。


私自身にはホームケアキットが
とても役に立ったので、
地域の感染した人がまた同じように使えるように、
隔離期間が終わったらきちんと返却します。」



5_ネパール_コロナ_ADRA.jpg


パルスオキシメーターを使う
アニル・チャウダリさん




コハルプール町保健所の
新型コロナウイルス担当者
ゲハ・プラサド・カナルさんは、


ADRAが郡保健事務所とセット内容を
決めたホームケアキットが


「画期的に自宅隔離患者の管理を
しやすくしてくれた」



と話してくれました。


また、彼は


「ホームケアキットのおかげで患者たちが
必要以上にパニックにならず、
安心して自宅隔離できるようになっている」


とも語ってくれました。



※本事業は皆さまからのご支援とジャパン・プラットフォームの助成を受けて実施しております。


(執筆:ネパール事業担当 大西由香)


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:00 | ネパール便り | この記事のURL | コメント(0)
(1/25) 【ご連絡】1月28日に発送します寄付金控除に使える領収証について [2022年01月25日(Tue)]


2021年もADRA Japanが
海外・国内で実施する支援活動のために
皆さまから心温まるご寄付を
お寄せいただきありがとうございます。


活動地では学校に通うことができなかった
子どもが教育の機会を得られたり、
新しい校舎で授業を受けることが
できるようになりました。


また、赤ちゃんや子どもたちの健康を
守れる環境を整えることができ、
新型コロナウイルスの感染症拡大や
医療崩壊を抑える一助となることも
できました。


続く自然災害の被災地では、
被災した住民に寄り添った支援を
実施することもでき、
皆さまのご支援が活動の大きな支えに
なっています。


本当にありがとうございます。




さて、2021年の領収書を送る時期に
なりました。


昨年1月1日から12月31日までに
当団体が受領したご寄付の領収証は、
今月の1月28日に発送します。


ADRA Japanは「認定NPO法人」として
認定されておりますので、
皆さまからのご寄付は寄付金控除の対象に
なります。


寄付金控除を受けるための確定申告には、
当団体からの領収書が必要になりますので、
領収書が届きましたら、
確定申告まで大切に保管してください。


寄付金控除を受けるための確定申告では、
例えば個人の方が「税額控除」を
選択した場合、


(年間の寄付金合計額−2,000 円)×40%


の額が所得税から控除され、還付されます。


もし、年間の寄付金合計額が
10,000円だとすると3,200円になる計算です。
詳しくはこちらをご覧ください


寄付金控除を受けるためには、
最寄りの税務署へ確定申告を行なう必要が
あります。


確定申告書の提出期間は、
毎年2月16日〜3月15日までの1か月間が
原則ですので、お忘れになりませんように、
よろしくお願いいたします。




その他、ご質問等ございましたら、
以下の連絡先までお気軽にお問い合わせください。


 特定非営利活動法人 ADRA Japan (アドラ・ジャパン)
 TEL: 03-5410-0045  FAX: 03-5474-2042
 E-mail: support_adra@adrajpn.org


今後もブログやADRA Newsなどにおいて、
ADRA Japanが現地で実施している活動を
ご報告していきます。


どうぞ、ご期待ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

(1/18) 『知られざる世界の手洗い。知って、動いて、世界を変える!〜手洗いソングを歌って、現地に届けよう〜』を開催しました!! [2022年01月18日(Tue)]


ADRA Japanでは、
昨年12月9日(木)に


『知られざる世界の手洗い。
知って、動いて、世界を変える!
〜手洗いソングを歌って、
現地に届けよう〜』


という会場とオンラインで行う
ハイブリッドのイベントを
開催しました!!




ADRA Japanでは
コロナ禍になってから
オンラインイベントをはじめ、
今回が9回目の開催となりました。


新型コロナ感染者数も
落ち着いてきたタイミングで
久しぶりに皆さまと
直接お会いできる機会にしたくて、


今までのオンラインイベントでの
経験を基に、
皆さまに更に活動について
知って頂けるように
今回はオンラインと会場との
同時開催のイベントを行いました。


当日は、オンラインで
6名にご参加頂き、
会場にも2名の方に
足を運んで頂きました。




今、世界中が新型コロナウイルスの
猛威により大きな影響を受ける中、
自分で出来る感染症対策である
手洗いが大きく見直されています。


今まであまり気に留めていなかった
手洗いを世界の事情と照らし合わせて
考え直すとても良い機会になりました。




当日は、まず世界や日本の手洗い事情を
勉強して驚いたり感心したり。


意外と私達って
日本の事を知らないのだなぁ
と驚く情報や、


活動国からの
かわいい手洗い動画など
内容も充実していました!


参加者の方が熱心に
世界の手洗い事情に
耳を傾けて下さり、


中にはメモを取りながら
聞いて下さる方も
いらっしゃいました。


また、オンラインでも
可愛らしいお子様達が
驚きながら
学んでくれていました。




そして後半は
楽しく手洗いが学べる
手洗いソングを練習して、歌って、
最後には会場とオンラインの参加者と
一緒になって


ADRAの活動地を思いながら
手洗いの歌を歌い、
素敵な時間の共有が出来ました。



ADRA_イベント写真1.jpg



『ハッピバースデートゥーユー』
の曲に合わせて皆さんもぜひ、
ご自宅で歌いながら
手を洗ってみてくださいね^^


1)    Let's wash hands, the palm side,   
  (手を洗おう、手のひらを)      
    let's wash hands the back side,  
  (手を洗おう、手の甲を)            
    let's wash hands near pinkies,   
  (手を洗おう、小指の下もね)            
    let's wash thumbs left and right.  
  (手を洗おう、左右の親指も)         


2)    let's wash between fingers,          
      (手を洗おう、指の間を)    
    let's wash nails like a cat,            
  (爪も洗おう、ネコみたいにね)           
    let's wash wrists left and right,              
  (手首も洗おう、右・左)
    let's wash with water.                            
  (水で洗おう)


ADRA_イベント写真2.png



録画した皆さまの歌は
活動地にしっかり届けてきます。


現地の子ども達が喜ぶ姿が目に浮び、
とても楽しみです。


この歌は今の不安の多い状況が
終息した世界への祈りや願いとなり
ADRAの活動地に届くと思います。



ADRA_イベント写真3.jpg



終了後のアンケートでは、



『ハッピーバースデーの曲で
せっけんソングとは!考えましたね♪


日本の子供たちが
英語を覚えるのにも役立つ
「せっけんソング」だなあと
思いました。』



『オンラインイベントを
女性スタッフのみで運営するなんて
スゴイ!と思います。』



など、

ありがたいご意見を頂き
スタッフ一同も嬉しい気持ちで
いっぱいです。




会場にお越しの参加者の方、
オンラインからご参加頂いた方、
皆さま本当に
ありがとうございました。


また皆さまとお会いできる日を
楽しみにしております!!



(執筆:ADRA Japan イベント担当 米谷)


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:00 | イベント情報・報告 | この記事のURL | コメント(0)
(1/17) 頻発する災害。私たちの在り方は【1月17日は防災とボランティアの日】 [2022年01月17日(Mon)]


1995年1月17日に発生した
阪神・淡路大震災。


あの時、多くの人々が
「自分にできることを」
との思いから、


ボランティアとして
現場に駆けつけました。


その数は1年間で137万人
とも言われています。


そのため、1995年は
「ボランティア元年」
とも呼ばれています。




2011年3月11日に発生した
東日本大震災では
さらに多くのボランティアが
全国各地から駆けつけ、


定期的に現地に通う人や
長期滞在して活動する人も
いました。


災害ボランティアの内容も
泥出しや片付け、
炊出しだけではなく、


看護、鍼灸、美容などの
専門性を生かしたものから
誰でも参加できるサロン活動や
足湯ボランティアまで
さまざまでした。




そして2020年、
私たちの生活環境が
ここまで変わると
想像もしていなかった
新型コロナウイルス感染症流行下で、


令和2年7月豪雨が
熊本県を中心に
九州や中部地方など
日本各地で発生しました。


感染拡大防止のため、
災害ボランティアの募集範囲が
市町村内あるいは県内に
限られたことで、


ボランティアに駆け付けられる人の
数が限られたことも、
復旧・復興に時間を要したことの
一因となったと言われています。


ボランティアの力の重要性が
強調された一方、


ボランティアはあくまで
自発的なものであり、
業務として行うものではない
という意味で、
その限界も明らかになったように
思います。
 



そして今、世界の至る所で
災害が頻発しています。



米国_竜巻.png


米国での竜巻被害 (https://www.afpbb.com/articles/-/3380648より)



ドイツ_水害.png


ドイツの水害 (https://www.cnn.co.jp/world/35173986.htmlより)



フィリピン台風.jpg


台風により被害を受けたフィリピンのシアルガオ島




多発する災害への備えを
考える上では、
各家庭における備蓄や
避難経路の確認、


地域や職場での助け合いに加え、
身近なつながりを超えた
災害ボランティア活動を通しての
支え合いを強化していく
必要があります。


私たちは、
備えることで、
繋がることで、
強くなることができるのです。


しかし、今後さらに
災害が頻発すれば、


あるいは新たな感染症が
まん延することがあれば、


ボランティアの力に頼ることも
難しくなるでしょう。




ボランティア活動に
参加する上では、
その時の状況にもよりますが


原則的には自分自身が
被災しておらず、
家族の安否も確認できている
必要があるからです。


つまり災害の規模が
大きくなればなるほど、
ボランティア活動も
制限されることになるのです。


その意味では、
災害が今以上に多発しないために、
地球環境の保全を目的として、


私たちの現在の日常生活を
根本から見直す視点を持つことが
不可欠であると思います。




国連のIPCC
(気候変動に関する政府間パネル)
は昨年8月に報告書を公表しました。


その中で



「人間の影響が大気、
海洋および陸域を
温暖化させてきたことには
疑う余地がない」



と記し、


私たちの便利な生活が
地球温暖化を招いているとする
断定表現を初めて用いました。




スウェーデンの環境活動家、
グレタ・トゥーンベリさんは、
IPCCの報告書の公表に合わせて
次のように訴えています。



「報告書は何をすべきかを
教えてくれるわけではなく、
解決策を示してくれるわけでもない。


決断するのは私たちだ。


私たちは未来の生活環境を
維持するために
行動を起こす準備ができているのか。


危機は拡大し、刻々と深刻化している」




令和3年8月豪雨.JPG


2017年九州北部豪雨で被災した東峰村に集まったボランティア




現状を知った上で、
何をすべきかを考え判断するのは
私たち自身です。


私たちの、

私たちの子どもの、

孫の、

そのまた先に生まれてくる
子どもたちの未来のために、


今、私たち一人ひとりに
できることが問われています。




防災とボランティアについて
考えるこの機会に、
ご自身の在り方を振り返るとともに、
今後の世界について
考えてみていただけたら幸いです。



(執筆:国内事業課チーム)


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:49 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)