CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年04月 | Main | 2021年06月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(5/28) 【オンライン報告会「1円からできる支援〜コロナ禍のエチオピア難民キャンプに新しい手洗い場を!〜」が開催されました】 [2021年05月28日(Fri)]


4月21日(水)に

オンライン報告会
「1円からできる支援
〜コロナ禍のエチオピア難民キャンプに
新しい手洗い場を!〜」


を実施しました。


今回のイベントは、
以前からADRA Japanが
水・衛生分野で支援を行っている

エチオピア・ガンベラ州にある
クレ難民キャンプの学校に
手洗い場を設置する事業の
Yahoo!ネット募金に合わせて開催されました。

当日は、エチオピア駐在員1名、
東京本部の事業担当者2名を
パネリストに、

エチオピアの国や町の様子から、
南スーダンの人々が
難民となってしまった背景、

エチオピアの
クレ難民キャンプでの
実際の生活や課題について
お伝えしました。


今回は、報告会の内容をお伝えいたします。




エチオピア新型コロナ支援.jpg

(エチオピアについての紹介)




南スーダンは2011年に
スーダン共和国から独立した
世界で最も若い国です。


しかし独立以前に長く続いた内戦や、
その影響により
疲弊しきったインフラ、

識字率の低さ、貧困問題、
民族間や国境をめぐる問題など
様々な課題を抱え
非常に不安定な国でした。


そのような中、
2013年末に首都であるジュバで
武力衝突が発生しました。


衝突は国内各地に広がり、
南スーダンは人道危機に陥りました。


2017年には内戦激化に伴って
難民数が200万人を超え、

南スーダンの東側に国境を有する
エチオピアにも36万人以上の人が
難民として避難しています。




エチオピアイベント.png

(南スーダン難民についての説明)




ADRA Japanが
水・衛生分野にて支援を行っている
クレ難民キャンプは、

2014年に設立され、
現在約45,000人が生活をしています。


難民キャンプは人口密度が高く、
地方の農村部に住んでいた頃よりも
手を洗わなかったり
野外で排泄をしたりと、

不衛生な習慣がここに住む人々の
健康を害する要因になっています。


また、不衛生な習慣は
感染症の発生・拡大等を招く
重大な問題にもなっています。


さらに、石鹸や清掃用具、
水を貯蔵するポリタンクなどの
衛生用品も不足しています。


このような状況の中、
難民キャンプ内での
新型コロナウイルス感染症の
拡大も懸念されています。



エチオピアでは
2020年8月頃に第一波を迎え、
一旦は落ち着きましたが
2021年2月から再び感染が
拡大しています。




エチオピアコロナ状況.png

(エチオピアのコロナウイルス陽性者数推移)




4月の半ば現在では
1日2千人ほどのペースで
陽性者が増え、

これまで24万人以上の
コロナ感染者が確認されています。


クレ難民キャンプ内では
これまで39人の陽性者が出ています。


数にすると少ない印象を受けますが、
難民キャンプがあるガンベラ州では
2020年10月以降、検査がほとんど
行われていないことや

人口密度・衛生環境を考えると、
実際の陽性者数は
もっと多いと推測され、
油断のできない状況です。


ADRAでは以前から
難民キャンプの衛生環境を
改善するため、

正しい手の洗い方を広める
手洗いキャンペーンや
水貯蔵容器の洗浄キャンペーンを
実施したり、

世帯別トイレの設置を
行ったりしています。


今回は新型コロナウイルス感染症の
拡大を受け、難民キャンプ内の
5つの学校に手洗い場を設置する
計画を立てています。



エチオピア手洗いキャンペーン - コピー.png

(手洗いキャンペーン)


エチオピアなどの
発展途上国では、
手洗いが身近で取り組みやすい
感染対策として推奨
されていますが、

クレ難民キャンプ内での
トイレ後の手洗いは49%と
非常に低いです。


合計で約11,000人が学ぶ小学校は
キャンプ内で毎日最も人が集まる
場所のひとつであり、

感染するリスクが
高いにも関わらず、
手洗い場が一つもありません。




エチオピア難民キャンプコロナ禍の小学校 - コピー.png

(小学校についての説明)




そこで、ADRA Japanでは
手洗いという最も基本的な
感染対策を、

難民の子どもたちにも届けるため
資金を募っています。

大切な人命を守りたい気持ちは
ここ日本でも、
遠く離れたエチオピアの
難民キャンプでも同じです。


手洗い場の設置には
1機あたり約10万円が必要です。


クレジットカードだと100円から、
Tポイントカードだと1円から
寄付をすることができる
Yahoo!ネット募金を通して、
資金を集めておりますが、

イベントにご参加くださった
皆さまをはじめ、
既に534人の方にご寄付をいただき、

現在、約19万円、
手洗い場およそ2基分の支援を
集めることができています。

本当にありがとうございます。

今後もあたたかいご支援を
よろしくお願い致します。

募金はこちらから
Skype_Picture_2021_05_28T09_20_27_985Z.jpeg


最後に、イベント内で
お答えできなかった
参加者の方からのご質問3件に、
この場でお答えします。


Q1. エチオピア政府の
難民担当部署の関わり:
調整以外にも難民キャンプの
人々に対して実質的に何か支援
しているのでしょうか?


→私たちの活動する
クレ難民キャンプでは、

ARRA(Administration for
Refugee And Returnee Affairs;
エチオピア政府の難民担当部署)が
小学校の運営を行っています。

また、治安維持(警察のような、
喧嘩の調停や犯罪対応)も行っています。


Q2. 難民へのワクチン:
高リスクの難民に対する
ワクチンの実施予定は
ありますでしょうか?

→現在までのところ、
医療関係者、援助団体関係者のみに
実施されています。


Q3. 新型コロナウイルス感染症対策:
予防啓発以外に、
新型コロナウイルス感染症に
関する情報(症状など)は
共有されていますでしょうか?

→難民キャンプで行っている
啓発活動では、予防策のほか、
症状についてや、
感染したときにどうしたらいいか、
といった情報共有を行っています。

イベントでお答えしました
ご質問も合わせて、たくさんのご質問、
どうもありがとうございました!


またこのような機会を
作っていきたいと考えています!

皆さまと交流できるのを
楽しみにしております!

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:00 | イベント情報・報告 | この記事のURL | コメント(0)
(5/21) ネパール便り vol.54 【住民が安心できる保健環境を作っています】 [2021年05月21日(Fri)]


皆様、こんにちは。
ネパールに駐在しております
大西です。

2021年1月に
ネパールに戻ってこられたときには
14日間の隔離期間がありましたが、

今もこうして現地で
活動できていることに
感謝しています。


ADRA Japanは、2019年3月から
ネパールの南部に位置する
バンケ郡において

新生児・小児保健環境の
改善事業を実施しています。


本事業では郡内の赤ちゃんが
元気に育つように、

新生児・小児保健環境を
総合的に改善させることを
目指しています。


そのため、公立保健医療施設は
もちろんのこと、民間の病院や
診療所も巻き込んで、

お母さんたちが最初に頼る
保健医療従事者へのスキルアップにも
取り組んでいます。


ネパールでは新生児の死亡数が
1,000人に21人。毎日36人の
新生児が亡くなっているのです。

バンケ郡の新生児死亡数は
それを上回る1,000人に64人。

そして、度重なる妊娠・出産は
女性に大きな負担をかけています。


このため、
赤ちゃん1人1人が健やかに育つ
環境を作ることが急務に
なっています。



今回行なった研修では、各病院や
診療所で働く保健医療従事者の
スキルアップを目指して、

赤ちゃんの危険な兆候や栄養状態の
見極め方、下痢症や
重症呼吸器感染症など、

重篤になりやすい病気に
かかっていないかなどを確認する
方法、治療方法などについて
再確認しました。




IMG20210127133811 (1).jpg

[新生児を温める方法について講習している様子]


また、政府の基準に合った方式で、
新生児・小児の診療記録をまとめる
指導も行なっています。


さらに、
保健医療サービスの横のつながりを
強めて、救える命を増やすことにも
努めています。

これは、研修者自身が勤めている
病院や診療所以外にどのような
公的な保健医療サービスがあるか
理解してもらい、

必要な時には患者を
公立保健医療施設へ紹介してもらう
連携を促進するという
取り組みです。



以前、同じ研修に参加した
バンケ郡コハルプール市の
“AMCポリクリニック”という
医療機関に勤めている
ロシャンさんに会いに行くと、

「研修に参加して、ようやく
 正しい診療記録の付け方が
 わかった」

「研修が終わってからすぐ
 (政府様式の診療記録を)
 使い始めて、
 3か月間続けているよ」

と話してくれました。




IMG_20210404_105001 (1).jpg

[ロシャンさんと話す駐在員の大西]





IMG_5202 (1).JPG

[下痢症状のある子どもを診察するロシャンさん]

また、同じ研修を受けた
バンカトゥワ村のラムさんの元を
訪ねました。

ラムさんはたった一人で
「RG診療所」を毎日開き、
地域住民の健康を
守っている方です。


診療所では
高度な保健医療サービスは
提供できないものの、

他の保健医療施設で処方された
薬のことが分からなかった住民が
ラムさんを頼って、
数多く訪れます。

ラムさんは「研修では
抗生剤の投与方法を
学び直すことができた」と話し、
地域の方々の役に
立ち続けています。




IMG_5215 (1).JPG

[診療所を自ら運営しているラムさん(奥)と話を聞く事業スタッフ]





IMG_5227 (1).JPG

[地域住民に親身にアドバイスするラムさん]




地域全体の新生児・小児保健が
改善されるためには、

公立と民間の保健医療施設間の
連携を深め、情報を定期的に
共有し、

病気の赤ちゃんや子どもたちが
適切な治療を受けられるように
速やかに紹介されるように
することが不可欠です。

家族が子どもの治療ケアを
安心して任せられる
保健環境づくりを目指し、
ADRA Japanはこれからも
活動を続けていきます。


メルマガでも世界の情報を
お届けしていますので、
ぜひご登録ください。

引き続き、皆さまの温かい応援を
よろしくお願いいたします。



※ネパール新生児・小児保健環境の改善事業は、皆さまからのご寄付のほか、外務省NGO連携無償資金協力の助成を受けて実施しています。



(執筆:ネパール事業担当 大西由香



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:30 | ネパール便り | この記事のURL | コメント(0)
(5/11) ボランティアセミナーのご報告 [2021年05月11日(Tue)]


こんにちは。国内事業課の三原です。

今日は、3月に開催されたセミナーについてご報告します。

3月28日(日)11時〜12時半、渋谷生涯活躍ネットワーク・シブカツ(以下、シブカツ)しぶやボランティアセンター(以下、ボラセン)の共催で開催された「ボランティアセミナー」で、ADRA Japanのスタッフが講師を務めました。



シブカツとボラセンの共催は今回が初めてとのこと。記念すべき第1回目のセミナーでADRA Japanにお声掛けいただきました。

コロナ禍のためオンライン参加のみでの実施でしたが、15名の方にご参加いただきました。

今回のセミナーの実施にあたり、企画検討段階からシブカツとボラセンの皆さんとの話し合いに参加させていただきました。

同じ渋谷区にある団体として、このような機会をいただき大変嬉しく思います。



ボランティアセミナー (1).JPG


(セミナー中の様子)



セミナーでは、まずADRAの団体紹介およびADRA Japanの事業の中で一般のボランティアに参加していただく活動の例を紹介しました。

ADRA の事業では一般のボランティアの方にご協力いただき一緒に活動することが多々あります。

ネパール形成外科医療チーム派遣事業では医師や看護師の皆さまがボランティアとして渡航してくださり、国内災害への緊急支援では、誰でも参加できる炊き出しや足湯ボランティアに加え、専門知識を持ったボランティアが対象の福祉避難所での見守り等をお手伝いいただいています。

また、ADRAはボランティアから提案のあったアイデアを積極的に取り入れており、その実現例もお伝えしました。

さらに、ボランティアに参加する際の心構えについて国内の災害ボランティアを例にお話しました。

次いで、ADRAが事業を行っているジンバブエと回線をつなぎ、駐在員の小松がボランティアに対する想いと、現地の生の声をお伝えしました。

身を少し乗り出して聞く参加者の方の様子も見てとれ、興味を持ってくださっていることが分かりました。

私から小松に

「活動していてやっていて良かったと思う瞬間は?」

と問いかけると、

「はじめは距離があっても次第に心の距離も近づくことができる。何よりも現地の人の笑顔を見られた時」

との答えがありました。

現在、ADRAのジンバブエ事業では日本からのボランティアを受け入れていませんが、現地では住民に校舎建設などのボランティアに参加してもらっています。

「ボランティアに参加した住民の方はボランティアに参加するモチベーションがどこにあるのでしょうか。」

との問いかけには、

「“子どもたちが大きくなって、この地域の開発のために活躍してくれること”と答えてくれた住民がいました。」

との報告がありました。



スクリーンショット_(1).png


(小松の発表資料から。子供たちとの距離も近づく。)




スクリーンショット_(2).png


(三原の発表資料から。ボランティアからのアイデアを取り入れた例の紹介。)




セミナー後のアンケートから参加者の方の声をご紹介します。



「本日は貴重なお話をありがとうございました。ボランティア活動に限りませんが、スキル以前のマインドが肝心ですね。」

「ボランティア活動について自分なりに解釈していましたが、今回この会に参加してボランティアの原則や心構えなど、具体的に説明や紹介をしていただいたことで、自分の知識が不足していたことがわかりました。」



お伝えしたかったことが伝わり、ご参加者いただいた皆さま自身で考えていただき大変嬉しく思います。



ADRA Japanでは、学校や企業、団体等のご希望に応じて講師派遣も行っています。

ボランティア活動に限らず、国際協力について、防災減災についてなど様々な内容をご提供できます。

お気軽にお問合せください。


(執筆:国内事業課 三原千佳)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:46 | 国際協力啓発事業 | この記事のURL | コメント(0)