CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2020年12月 | Main | 2021年02月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
日別アーカイブ
最新10記事
カテゴリアーカイブ
<< 2021年01月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(1/27) オンラインイベント「忘れないでアフガニスタン〜第二弾〜」が開催されました [2021年01月27日(Wed)]

皆さまこんにちは。

学生インターンの佐久間萌花です。



2020年12月19日に「忘れないでアフガニスタン〜第二弾〜」がオンラインイベントとして開催されました。

ADRA Japanは、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(以下JPF)に加盟し、アフガニスタンで復興支援活動を行う16団体の一員として、イベントの実行委員を担当しました。

今回のブログでは、パネリストや基調講演をされた方々のお話をご紹介して、皆さまと一緒にアフガニスタンの「今」と「これからの復興支援」について考えたいと思います。



アフガンイベント1.jpg


(アフガニスタンでの医療に尽力した故・中村哲氏に感謝が述べられた)




イベントは共同通信社カブール支局通信員安井浩美氏、在日アフガニスタン大使館のバシール大使による挨拶から始まりました。

ここでは、アフガニスタンでは未だにテロ行為が止まないこと、今年発生したテロ組織による産院への襲撃など、非人道的で残虐な事件についての話がありました。

暗い気持ちになってしまう話題ですが、そのような状況でも自国を復興すべく奮闘してきたアフガニスタンの人々を忘れないでほしいというメッセージや、トルコで訓練を受けるアフガニスタンの女性警察官の存在などポジティブな変化もお話しされました。



続いてのパネルディスカッションでは特に女性や子供たちの権利の弱さについて強調されました。

アフガニスタンは女性の社会的地位が非常に低い国といわれており、国際連合が発表しているジェンダー指数(就学率などにおいて男女間の格差がどれほどあるかを示す指数)では世界で下から2番目となっています。

長い戦争の影響により一般的に女性たちは学校に行く権利がない、あるいは行けたとしても高等教育までは進めない、学べる科目が限られてしまうなど大きな制約があります。

この結果、読み書きができる女性の割合は37%にとどまっています。



また、アフガニスタンの女性達は文化的障壁など様々な原因から保健・医療施設を利用しづらい状況に陥っています。

妊娠高血圧症候群や産婦人科医の不足により多くの女性の命が奪われており、2000年から2010年までの間には毎年1万人以上の妊産婦が亡くなっています。



イベントではこれを受けてNGO職員として働く二人のアフガニスタン女性から、以下のようなメッセージが紹介されました。



「アフガニスタン女性は希望を完全に失ったわけではなく、今も様々な課題と戦っています。

いつかこれらの課題が解決され、保険・医療施設やより高度な教育へのアクセス、女性に対する暴力のない生活環境などが手に入る日が来ることを期待しています。」



次いで、Your Voice Organization代表のサビルラ氏(Sabirullah Memlawal)からのスピーチでは世界中に混乱を及ぼしている新型コロナウイルス感染症がアフガニスタンの人々にも大きな影響を与えていることについて照会がありました。

2020年の8月まで私立・公立共に政府によって学校は停止され、子供たちは教育の機会を、先生達は収入を失ってしまいました。

さらに輸入に強く依存しているアフガニスタンでは国境が封鎖されたことにより物の値段が高騰し、生活に余裕がなかった人々は必要なものさえも得られなくなってしまいました。

依然として支援を必要とする厳しい状況が続いていますが、アフガニスタンの人々が状況を変えるために努力していることやボランティア団体と共に人々のニーズを満たすべく活動していると語るサビルラ氏の声は力強いものがありました。



アフガンイベント2.jpg


(サビルラ氏による現地の生活の説明の様子)




イベント全体を通して、講演者皆さまからのお話だけでも未だに続くアフガニスタンの厳しい状況を痛いほど感じました。

しかし同時に発言者は皆、復興に向かって努力する活動の様子を説明されており、目の前の状況を変えていきたいという強いパワーが伝わってきました。

日本からは情報が得られにくいアフガニスタンですが、ADRA Japanはできる限り現地の情報を収集し、発信していくように努めます。

様々な課題に苦しんでいる人々、戦っている人々、そして希望を忘れずにいる人々のことを忘れずに支援を続けていきます。


(執筆:ADRA Japanインターン 佐久間 萌花)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:21 | イベント情報・報告 | この記事のURL | コメント(0)
(1/25)【協賛企業募集中】ネパールでの新型コロナウイルス感染症対策支援活動にご参加いただける企業さまを募集しております。 [2021年01月25日(Mon)]


特定非営利活動法人ADRA Japanは現在、ネパールでの新型コロナウイルス感染症対策支援活動にご参加いただける企業さまを募集しております。



本事業は、ADRAネットワークのネパール支部であるADRA Nepalと提携し、隔離期間中の人々への物資提供を行うものです。

事業は、株式会社トヨトミさまより原価にてご提供いただいた灯油コンロを配付する形で行います。



下記事業内容をご覧いただき、ご関心がおありの企業・団体さまはお問い合わせ、ご連絡をいただけますと幸いです。





【事業概要】


ネパールでは現在、新型コロナウイルス感染症が急拡大しており、大きな問題となっております。

日本の5分の1の人口にもかかわらず、感染者数は日本とほぼ同じ数(2021年1月6日時点)であり、医療レベルの脆弱性を勘案すれば危機的な状況です。



感染者が急増する隣国インドで働くネパール人の出稼ぎ労働者が続々と帰国する中、国境付近を中心としてネパール各地に感染の疑いがある帰国者・入国者用の隔離施設が多く設置されました。

これらの施設は元々設備や物資が不足している地域の庁舎や学校の校舎の部屋を割り当てただけの簡易的な滞在場所であり、食糧や生活用品、調理設備は用意されていません。

自宅隔離となっても通常の居住空間とは異なる離れや納屋で隔離する場合があり、人間らしい尊厳ある環境で隔離生活ができない人々も数多くいます。

隔離生活者に対してコンロを提供することで、隔離生活中に温かい食事をとることができます。



また、日本のように総菜や栄養バランス食品を手軽に購入できないネパールでは、隔離生活者はインスタント食品などに頼らざるを得ません。

コンロがあれば自炊もしくは食品を追加して栄養バランスのよい食事をすることができるようになり、生活環境改善の一助となります。



加えて、隔離生活者が施設内で調理を行うことで、飲食のために店へ行く機会が減り、感染拡大のリスクも減らすことができます。





【事業内容および実施方法】


株式会社トヨトミのコンロ540台と替え芯をネパール国内の5郡約88か所)の隔離施設やその他の場所にて隔離期間を過ごしている人々に配付します。

また、コンロの使用状況を定期的に確認し、必要なサポートをします。





【対象者】


ネパールの新型コロナウイルス対策の隔離施設
その他の場所にて隔離期間中の人々:63,585人
(支援活動の時点の状況により変動する可能性があります)



協賛企業さまへは、支援金額に応じて広報手段が異なるいくつかのプラン
(30万円から)をご用意しております。

詳しくは、以下の担当部署へお問い合わせ願います。

==========================
特定非営利活動法人ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
 担当: マーケティング部
 E-mail: marketing_adra@adrajpn.org
==========================

皆さまのご参加をお待ちしております。



ネパール・バンケ郡での新型コロナウイルス感染者用施設.jpg


[現地の隔離施設]




新型コロナウイルス感染症検査の様子.jpg


[ADRAが支援した物資を用いての検査]



(執筆:マーケティング部)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 07:48 | 協賛企業募集 | この記事のURL | コメント(0)
(1/19) 1月15日〜21日は「防災とボランティア週間」。災害伝言ダイヤルを練習してみませんか? [2021年01月19日(Tue)]


こんにちは。

事業部の鈴木です。



皆さんはどのような年末年始をお過ごしになったでしょうか。

私は、帰省を自粛したために比較的時間がありました。

この機会に災害時の「家族の安否確認」ができるよう、災害伝言ダイヤル(171)を体験してみることにしました。



災害伝言ダイヤル(171)とは、地震、噴火などの災害の発生によって被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。

電話でメッセージを録音する以外に、災害用伝言板(web171)というインターネットで伝言の登録や確認ができるシステムもあります。



<災害伝言ダイヤルの詳細はこちらをクリック>




災害伝言ダイヤルでは、災害発生に備えて利用方法を事前に覚えられるように、体験利用日が設けられています。

正月三が日も体験利用日だったので、私はそれを活用しました。

トライしたのは夫と、同居をしている私の母です。



私は仕事で以前に災害伝言ダイヤルを体験したことがあったので、大体の流れを把握できており、録音・再生ともに手間取ることなくできました。



しかし母は、


「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。」


というガイダンスが瞬時に理解できず、すぐに次の操作に入ることができませんでした。



<災害用伝言ダイヤル(171)伝言の録音方法はこちらをクリック>



母は私が最初に録音した、


「会社にいます、無事です。帰宅できそうならまた連絡します。」


というメッセージを確認することはできましたが、その返答として


「わかりました。気を付けてください。」


という返事を残していました。

このメッセージでは、母が生きているということは分かるものの、職場から帰宅できずにいる私や夫としては、もっと多くの情報を知りたい状況にあります。

そこで母に対して、自宅がどうなっているか、自分自身が無事なのかどうかも知りたい録音して伝えてほしい、というリクエストをしました。



また、保育園に通っている子どもを誰が迎えに行くかという話し合いもしました。

地方に住む夫の家族にも、東京が被災した場合は災害伝言ダイヤルに録音したメッセージを聞いて、私たちの状況を把握してほしいと伝えることもできました。



実際に災害が起きパニック状態に陥った中で、まず災害伝言ダイヤルの存在を思い出し、更に活用するためには、事前に体験をしておくことがとても有効だと感じました。

メッセージを録音する前に進行のイメージを持つことができ、頭の整理と心の準備が可能となります。



【災害伝言ダイヤル体験利用提供日】
・毎月1日,15日 00:00〜24:00
・正月三が日(1月1日00:00〜1月3日24:00)
・防災週間(8月30日9:00〜9月5日17:00)
・防災とボランティア週間(1月15日9:00〜1月21日17:00)



1月15日〜21日は「防災とボランティア週間」で、災害伝言ダイヤルを1週間体験できます!

みなさんもこの機会に、大切な家族や友人と災害伝言ダイヤルを試してみてはいかがでしょうか?



<災害用伝言ダイヤル(171)体験利用についてはこちらをクリック>



(執筆:事業部 鈴木知子)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:52 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)
(1/17) 1月17日は防災とボランティアの日 [2021年01月17日(Sun)]


1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。

あの時、たくさんの方々が「自分にできることを」との思いから、ボランティアとして現場に駆けつけました。

その数は1年間で137万人とも言われています。

そのため、1995年は「ボランティア元年」とも呼ばれています。



2011年3月11日に発生した東日本大震災ではさらに多くのボランティアが全国各地から駆けつけ、定期的に何度も現地に通う人や長期滞在して活動する人もいました。

災害ボランティアの内容も泥出しや片付け、炊出しだけではなく、看護、鍼灸、美容などの専門性を生かしたボランティアから誰でも参加できるサロン活動や足湯ボランティアまで様々でした。



そして昨年、私たちの生活環境がここまでかわると想像もしていなかった新型コロナウイルス感染症流行下で、令和2年7月豪雨が発生しました。

ボランティアは地域内の限定募集となり、私たちのような県外から被災地へ入りたいと考える支援団体も、当初は慎重な姿勢をとらざるを得ませんでした。



今回、令和2年7月豪雨の被災地における復興の遅れが生じているのは、ボランティア数が少なかったからだという声も一部では聞かれます。

2019年の台風19号により全国各地の広範囲に被害が及んだ際も同様で、ボランティア不足が一部で問題視されました。

確かに、ボランティアの力は非常に大きく、人手としてだけではなく、ボランティアが現地を訪れるだけで住民の方々が勇気づけられるという側面もあります。

しかし、ボランティア不足を問題視することについて、特に毎年のように災害ボランティアに参加している人からは複雑な想いが聞かれました。

というのは、ボランティア活動は、その語源が示すように、「自分自身の意志をもって始める活動」であって、誰かに強制されて義務として行うものではないからです。



ADRA Japan としては、コロナ禍において活動が制限されることを思うともどかしい気持ちになりますが、これまで災害ボランティアに参加してきた方々の想いが途切れないよう、また、まだ参加したことのない方々にもボランティア活動の素晴らしさを感じていただくことができるよう、機会を作っていきたいと考えています。



1_ADRA_東日本大震災.jpg


(東日本大震災被災者支援活動における炊出し)



2_ADRA_熊本地震.jpg


(熊本地震被災者支援活動における看護師による避難所巡回)




3_ADRA_佐賀_九州豪雨.jpg


(秋雨前線による豪雨で被災を受けた佐賀県での足湯およびサロン活動)




4_ADRA_鋸南_台風15号_台風19号.jpg


(2019年の台風15・19号で被害を受けた千葉県鋸南町での作業)




5_ADRA_令和2年7月豪雨_熊本_修繕_vol2.jpg


(令和2年7月豪雨の被害を受けた家屋の床の修繕作業)




今年もまだコロナ禍は続きそうです。私たち一人ひとりに何ができるのかが、今、問われているのかもしれません。

皆さんと一緒に、できる支援を増やしていきたいと思います。


(執筆:国内事業課 三原千佳)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 07:00 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)
(1/13) 寄付金控除等のための領収証発行について [2021年01月13日(Wed)]


事務局より、昨年の領収証発行について案内させていただきます。
2020年12月31日までに当団体が受領したご寄付の領収証を、
2021年1月28日に発送します。


ADRA Japanは「認定NPO法人」として認定されておりますので、
皆さまからのご寄付は寄付金控除の対象になります。


ご質問等ございましたら、
下記連絡先までお気軽にお問い合わせください。

 特定非営利活動法人 ADRA Japan (アドラ・ジャパン)
 TEL: 03-5410-0045  FAX: 03-5474-2042
 E-mail: support_adra@adrajpn.org



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ