CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(5/28) ウクライナの町、イジュームで家を失った家族が安心して避難生活を送れるよう支援しました。 [2022年05月28日(Sat)]


ウクライナとロシアの間で
戦争が始まって3ヶ月以上が経ち、
ウクライナの方々はさまざまな
人道危機にさらされています。

ハルキウ地域の町、イジュームも
町の80%が破壊され、
多くの住民が家を失い、
また多くの方が犠牲となりました。

町はロシア軍に支配され、
住民の多くはロシアに
強制連行されています。


イジュームで家を失ったある家族が、
キロヴォフラード州の
クロピウヌィーツィクィイ近郊の
村に逃げてきました。

戦火から着の身着のまま逃げてきた彼らは
この村で見つけた壊れかかった家で、
しばらく避難生活を送ることにしました。


彼らが安全に避難生活を送れるよう、
アドラはボランティアと協力し、
この家の屋根や、
落ちかけていた天井を直し、
また暖を取るための薪を
集めるお手伝いなどをしました。


ADRA_UkraineResponse_避難家族1.jpg



この家には調理ができるコンロも
なかったため、ボランティアが協力し
小さな調理用電気コンロを購入し、
また食料、衛生用品、ベッド用品なども
支援しました。


ADRA_UkraineResponse_避難家族3.jpg



この家族のように、ウクライナ各地では
自分の住んでいた町から命からがら避難し、
落ち着いて住む場所も、
生活に必要な物を買う十分なお金もなく
苦しい避難生活を強いられている方々が
たくさんいます。


ADRA_UkraineResponse_避難家族2.jpg



アドラはウクライナ全域で
このような状況にある方々
一人ひとりに寄り添い
彼らが必要としている支援を
届けています。


皆さまの温かいご支援により
このような活動を
継続できていること、
心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。

詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

<<1日33円からのご寄付で
一人も取り残さない未来を実現する
ADRAフレンド>>



このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:45 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ