CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年04月 | Main | 2022年06月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(5/10) スロバキアの国境の巨大テントを一旦クローズ [2022年05月10日(Tue)]


ADRA_UkraineResponse_スロバキアテント1.jpg



アドラはウクライナの近隣諸国でも、
ウクライナの方々への支援を
行っています。

そのうちの一つ、スロバキアでは
戦争が始まった直後から、
ウクライナ国内に残り被害にあわれている方々、

そして戦禍を逃れるため国境を越えて
スロバキアに避難してこられる方々の
両方を対象に、支援活動を行っております。



ウクライナと面しているスロバキアには
戦争が始まった2月24日以来
5月4日までに、38万人以上の方が
国境を越え避難してきたと
報告されています。


ADRA_UkraineResponse_スロバキアテント2.jpg



ウクライナの方々が危険をくぐり抜け、
長い旅路を経て避難されてきた際に、
すぐに休息できる場所として
国境沿いに大きなテントを張り、

日々多くのウクライナの方を
受け入れてきました。


ADRA_UkraineResponse_スロバキアテント4.jpg



このテントの支援センターでは、
避難してこられた方々に、
安心して体を休める場所や
言語が堪能なボランティアと協力して
情報を提供を提供したり、

ここから先の目的地を目指す方の
移動のお手伝いや簡単な医療ケア、
そして遊びを通して子どもたちの
精神面のケアなどを行ってきました。


ADRA_UkraineResponse_スロバキアテント5.jpg



4月以降、
国境を超えて避難してくる方々の数が減り、
公的なサービスで対応が可能になったため、
現在この国境の支援センターでの活動は
一旦停止していますが、

これまでこの場所を通して
多くの方に支援を届けられましたことを
心より感謝いたします。


こちらは3月に撮影したスロバキア国境の
支援センターでの活動動画です。

皆さまのご支援によって、
笑顔になれている子どもたちの様子など
ぜひご覧ください。
【ウクライナ緊急支援】スロバキア国境で皆さまのご支援のもと提供できている支援(Youtubeの字幕をONにしてご覧ください)



現在スロバキアでは、
国内8か所のADRA難民支援センターにて
ウクライナから避難されてきた方々が
必要とされる支援を把握しながら、
一人ひとりに寄り添った支援に取り組み、

また、ウクライナ国内に残る市民の方々に
必要とされている食料や生活支援物資を
毎週届ける体制のもと支援を続けています。


皆さまの温かいご支援により、
必要とされているさまざま形で
ウクライナの方々に支援を
届けることができていること、
心より感謝いたします。


アドラは引き続きウクライナ緊急支援への
寄付金を集めています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

<<ウクライナ緊急支援のご寄付はこちらから>>



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:23 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(5/10)【活動報告会】フィリピン台風22号被害 被災者緊急支援 [2022年05月10日(Tue)]


フィリピン_オンラインイベント.PNG


認定NPO法人ADRA Japan
(アドラ・ジャパン)は、
2022年6月1日(水)19時より


『【活動報告会】
フィリピン台風22号被害 
被災者緊急支援』


をオンラインで開催します。




フィリピン中部地域に上陸した
大型台風22号は、
被災者1,096万人、
倒壊家屋197万棟(政府集計値*)という
史上最悪の被害をもたらしました。


アドラは、
Yahoo! Japanのネット募金をはじめとした
皆さまの温かいご支援をもとに、
緊急支援物資配布等を行いながら、


被災状況が深刻である西ネグロス州の
イログ町とシパライ市の家屋修復支援に
入ることができました。


このイベントでは、
フィリピンで活動している
アドラ・スタッフが、


現地の様子や被災された
住民の今を、
ありのままお伝えします。


詳細は以下の通りです。




【活動報告会】
フィリピン台風22号被害 
被災者緊急支援概要


日時:2022年6月1日(水)
   19:00〜20:00予定


参加費:無料


場所:オンライン


参加方法:ご自宅等からZoomを使用
     ZoomのルームURLは
     イベント当日10時までに
     メールで送信


申込締切:5月31日(火)正午


申込方法:以下の専用フォームから
     お申込み
https://forms.gle/oioBrPdS7mCnND4R9


報告会スケジュール(予定):

18:50 ZOOM入室開始

19:00 
1.活動報告
2.質疑応答

20:00 終了


登壇するスタッフ:

小出 一博(こいで かずひろ):
国内、海外の緊急対応を担当。
これまでに、
2015〜2018年イエメン難民支援担当、
2018年西日本豪雨、
2019年台風15号、
2020年7月豪雨の被災者支援を担当した。
東京都出身。


杉本亜季(すぎもとあき):
マネージャーとして事業全体担当。
国際開発学コース卒業。
アフガニスタンを含む5か国に駐在経験あり。
愛知県出身。


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 14:10 | イベント情報・報告 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ