CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2021年01月 | Main | 2021年03月»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(2/15) 福島県沖を震源とする地震による被害状況について [2021年02月15日(Mon)]


2021年2月13日(土)23:07頃に発生した福島県沖を震源とする最大震度6強の地震は、津波の発生はありませんでしたが、福島県と宮城県の一部で物の落下、地割れ、停電、断水、屋根の瓦の落下、窓ガラスの破損などを引きおこしました。

東日本大震災時にADRA Japanが長期で支援に入った宮城県山元町は、一部報道では震度6弱とありましたが、ある研究所では山元町の笠野から坂元にかけての沿岸部中心に震度7を記録したと報告しています。



社協前道路_logo.jpg


(町内の地割れ)




体育文化センター付近の地割れ01_logo.jpg


(町内の地割れ)




オレンジハウス内01_logo.jpg


(以前現地に寄贈したトレーラーハウス内)




地震発生直後に、つながりのある山元町の住民の方など数名と連絡をとり、現地の状況を教えていただきました。

皆さんがおっしゃったのが、「かなり揺れた」、「物が落ちて部屋の中はぐちゃぐちゃ」、「町内の様々なところで地割れがみられる」という点でした。

「まさかまたこんな目にあうとはね」という声も聞かれました。

一方で、「津波がないから安心した」という安堵の気持ちや、「今回は携帯も通じるし、あの時と比べたらなんてことない」というたくましい言葉も聞くことができました。



とは言っても、山元町の坂元地区は2月15日(月)現在も断水が続いており、一部では液状化がみられるなどの被害もあります。

また、ご自宅の水道管が破損してしまったお宅は断水解消後も通常の生活ができないかもしれません。

そしてなんといっても東日本大震災から間もなく10年という節目を迎えるこの時期に、この規模の地震の発生によって、住民の方々の気持ちは不安でいっぱいでしょうし、フラッシュバックのような反応もみられているかもしれません。



現地ではスーパーマーケットのような店舗やコンビニは通常どおり営業しており、被害は限定的なもののようです。

ADRA Japanでは、現在ほんの些細な支援を検討しています。

現地と連絡をとりながら、またご報告いたします。



(執筆:国内事業課)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 16:19 | 国内災害被災者支援 | この記事のURL | コメント(0)