CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« プレスリリース | Main
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2022年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(7/4) ウクライナで心理ケアを受けるマリアさんのストーリー [2022年07月04日(Mon)]





ADRA_UkraineResponse_photocredit.jpg


「こんにちは。相談したいことがあります。
私は障害のある夫と2人の子どもを連れて、
戦争から逃げてきました。

いろいろな感情が溢れ出てしまい
耐えられません。

体調も崩してしまい、不安でいっぱいです。」


このように、ウクライナでアドラの提供している
無料カウンセリング用のホットラインには、

戦闘下に暮らす人々や、
避難生活を送っている人々からの
心理的なカウンセリングを求める
問い合わせがあとを絶ちません。


アドラは、18人の心理カウンセラーたちが
それぞれの得意分野を生かしながら毎日、
女性、男性、子ども、定年退職者などの
グループや個人に対して、

対面やオンラインなどあらゆる手段をつかい
無料の心理ケアを提供しています。



今日は、心理ケアを受けている女性の一人、
マリアさんのストーリーを紹介したいと思います。


高齢のマリアさんは、今も自宅で暮らしています。

73歳のお兄さんがいますが、お兄さんは現在
戦闘地にいるため1ヶ月以上
連絡が取れていないそうです。


マリアさんは何度もお兄さんの説得を試み、
自分のところに避難して来るように伝えましたが、
そのたびにお兄さんに断られていました。


お兄さんと全く連絡を取ることが
できなくなってしまった今、

マリアさんは、まだ避難することができた頃に
お兄さんを説得しきれなかった罪悪感を抱え、
常にストレスを感じながら
過ごしてきました。



アドラの心理ケアの中で、
マリアさんは抱えている心配事を
すべて口に出して話すことができました。


またアドラの心理カウンセラーは、
今抱えている罪悪感に対処する方法や
心の健康の維持の仕方、
感情のバランスのとり方のほか、

ストレスによって崩してしまった体調を
取り戻す方法などのアドバイスを伝え、

彼女自身が心の中に拠り所を見つけられるよう
彼女とのセッションを繰り返しました。



この心のケアを通して、
マリアさんは心を落ち着かせることが
できました。


そして、心が穏やかになることで、
自分を信じて人生を立て直そうという気持ちを
持つことができました。


受け入れたくない現実が目の前にあっても、
前に進んでいかなければならない方々に
寄り添い、生きる気力をもう一度
持っていただけたことを心よりうれしく思います。


私たちがこのような支援が継続できるのも
皆さまからの温かいご支援のおかげです。
心より感謝しています。


マリアさんのように心理ケアを必要としている
一人でも多くの人に支援の手を届けられるように
今後も、ウクライナの人々に寄り添い
取り組んでまいります。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。



E794BBE5838F1-thumbnail2.png


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 18:35 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/24) ウクライナのがん患者15人を治療のために近隣国の病院へ [2022年06月24日(Fri)]


ウクライナでは4か月に及ぶ戦闘により
多くの病院が砲撃等の被害を受けています。

施設は破壊され、
電気や水道の供給は安定せず、
医薬品や医療機器も不足しているため、

ウクライナ国内では高度な治療は
ほとんど受けることができない状況に
なっています。

このような中、がんなどの重い病気を
抱えている方やその家族が、
先の見えない不安な毎日を過ごしていました。

そのため、アドラは
皆さまからのご支援のもと、

ウクライナにおいて重篤な患者のケアを
行っている団体"Helping to Leave"や、
キーウにある国立がん研究所、
リンパ腫連合(Lymphoma Coalition)と協力し、

がん患者が治療を受けられるよう
海外の病院へ移送する支援にも
取り組みはじめました。

今回の移送支援では、15人のがん患者を
状況が深刻な東部のドニプロと
中部のヴィーンヌィツャから、

情勢が比較的安定している
西部のリヴィウまで安全に
移送することができました。

リヴィウでしばらく休んだあと、
治療のための病院があるイタリアまで
患者さんたちを送り届ける予定です。



ADRA_UkraineResponse_photocredit.jpg


道中ずっと付き添いをしている医療従事者は、
アドラの運転手が、がん患者たちへ
ずっと気配りを欠かさず、
ここまで快適に移動ができたことを
感謝していると語ってくれました。


皆さまの温かいご支援により
これからもアドラはウクライナの方々に
寄り添い、活動を続けていきます。

心より感謝いたします。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



PEACE WALK 参加者500人募集中!
参加費無料で1人当たり最大1600円の寄付になります。
参加登録はこちらから



Picture1.png

https://congrant.com/jp/peacewalk/index.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 14:44 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/22) ウクライナ中部で住宅の修復支援をはじめました [2022年06月22日(Wed)]





Slide9.JPG


2022年2月24日にウクライナの情勢が
著しく悪化してから3か月以上が
経過しました。

ウクライナ各地では
激しい空爆や砲撃を受け、
多くの死傷者が報告されると共に、
公共施設や商店、民間人の住宅エリアなどの
建築物も大きな被害が出ています。

水、食料や生活物資も不足し
多くの道路や建設物が破壊され

このような戦禍で、またいつ激戦が
始まってしまうかもわからない不安と共に
人々は生きるための生活を強いられています。

中部に位置するチェルカースィ州でも被害は大きく、
多くの家屋が破壊されてしまっています。



アドラは皆さまからのご支援のもと、
ウクライナ国内で、人々が命をつなぎ、
笑顔を取り戻すためのあらゆる支援に
取り組んでおり、

この地域で食料や生活用品の配布、
避難所支援、破損した家屋のドアや窓などを
修復する事業などにも取り組んでいます。

今回、アドラチームは、
このチェルカースィ州の3つの村で暮らす
59世帯へ住宅の修復のための金券を配付しました。

これに先駆けて、アドラは対象地域の家屋を
一軒一軒訪問し、建物の被害状況を把握しました。

支援額は2万円〜6万円程度と
建物の被害状況により異なりますが、
家屋の修復や再建のために必要となる建材と
交換することができます。



Slide10.JPG


支援を受けた人々は、
寒さの厳しい冬がやってくる前に
家屋の修復を完了させるため、
今の大変な状況の中、作業を進めています。



Slide11.JPG


このような支援が継続できるのも
皆さまからの温かいご支援のおかげです。
心より感謝しています。

今後も、ウクライナの方々に寄り添い
必要とされている支援に
取り組んでまいります。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



PEACE WALK 参加者500人募集中!
参加費無料で1人当たり最大1600円の寄付になります。
参加登録はこちらから



Picture1.png

https://congrant.com/jp/peacewalk/index.html

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:52 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/20) ウクライナ東部で対象者へ現金給付をはじめました [2022年06月20日(Mon)]





Slide9.JPG


ウクライナでは、2022年2月24日に情勢が
著しく悪化してから4か月近くが経とうとしています。

アドラは皆さまからのご支援のもと
命をつなぎ、笑顔を取り戻すための
あらゆる支援活動に取り組んでいます。

活動のひとつに、現金給付があります。

これは文字通り、支援物資ではなく
現金による支援です。

物流がなかったり、人々の移動が
困難な場面では、食料や生活に必要なものを購入し、
届ける支援が有効ですが、

必要な食べ物の種類や生活用品には
家庭ごとや一人ひとりに異なるニーズがあるため、

2月の情勢悪化以降、
現金を配付できる場合には、
現金給付の支援に取り組んできました。



ウクライナでは現在、国民の3人に1人が
支援を必要としているといわれています。

特に今も激戦状態が続くウクライナ東部では
状況がより深刻化しています。

毎日のように交戦が続き、
医療施設やマーケット、住宅街などへの
爆撃による死傷者も報告されています。

アドラは、この地域でも以前から
危険と隣り合わせに暮らす人々に
水や食料、衛生用品、衣料品や医薬品などの
支援物資を配付し、

また、移動手段の提供など現場の多様な必要性に応じ
できる限りの活動を展開してきましたが、

人々の被災生活も3か月を超え、
これまでの支援の継続の必要性に加え
個々の世帯の事情によって異なる多様なニーズにも
対応する必要性が高まってきました。

そこで、ウクライナ東部の激戦地となっている
ドネツィク、ルハーンシク、ヘルソン、
ザポリージャ地域の方々を対象に、

一般的な支援物資には含まれていない
薬や医療品、乳幼児のための衛生用品の購入や
病院に通うためのタクシー代等に
役立てていただくため、
現金給付をスタートしました。

この活動は現在、障害を持つ方、
50歳以上の特別なニーズを持つ方、
妊娠中、または乳幼児に授乳している女性、
慢性疾患を持つ方、戦闘により負傷した方、
戦闘地域から避難してきた子どもたち、
孤児たち、子だくさんの家族を対象に
行っています。

日々、数万件のリクエストが
アドラには寄せられており、
このような支援を求めている方が
本当に多いことを体感しています。



必要な支援を必要としている方々に
届けることができるのも
皆さまからの温かいご支援のおかげです。

心より感謝いたします。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



PEACE WALK 参加者500人募集中!
参加費無料で1人当たり最大1600円の寄付になります。
参加登録はこちらから


Picture1.png


https://congrant.com/jp/peacewalk/index.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 19:25 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/19) ウクライナの首都キーウにて追加食料品900セットを配布しました [2022年06月19日(Sun)]





Slide8.JPG


ウクライナでは2月から続く戦争により
多くの死傷者が報告されています。

北部に位置する首都キーウでも
各地で病院などの施設や交通網などが破壊され、
商店や家屋なども砲撃により大きな被害を受け、
その中で暮らす人々は
生活に必要な水、食料や衛生用品などを
手に入れることも難しい生活を強いられています。

砲撃もまだ不定期に続いています。

命がけで戦闘から脱出してきた人々は、
心に傷を負ったまま、避難先で毎日の生活への
不安を抱えながら暮らしています。

アドラは、人々の不安を少しでも減らしたい。
温かい食事をとれる安心感を提供したい・・・

と、国連世界食糧計画(WFP)と協力し
ウクライナ危機の影響を受けている方々へ
食料配布をおこなっています。

4月から現在までに、
国連WFPとの連携の元、8つの州にて
合計265トンの食料を届けました。



Slide11.JPG


6月7日、キーウにて追加食料品の900セットを配布しました。
各セットには白米、パスタ、調理油、缶詰などが
含まれています。
この日も食料を求めて多くの人々が集まりました。



Slide10.JPG


少しでも多くの人々がこの食料を通して
落ち着いた時間を過ごせますように。

皆さまからの温かいご支援により
このような必要な支援を届けることができ
心より感謝しています。

これからもアドラはウクライナの方々に
寄り添い、活動を続けていきます。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



PEACE WALK 参加者500人募集中!
参加費無料で1人当たり最大1600円の寄付になります。
参加登録はこちらから


Picture1.png


https://congrant.com/jp/peacewalk/index.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 15:09 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/16) ウクライナ東部で市民の足となる巡回バスをスタートしました [2022年06月16日(Thu)]


ウクライナ・ドネツク州は東部の激戦地に位置し、
2月の情勢悪化から絶え間ない砲撃が続き、
生活するのが困難な状況が続いています。

アドラは危険な地域からの
避難を希望する方々のために
避難バスを走らせ、

避難したくてもできない方々には
食料や衛生用品など、生活に必要な
物資を届けてきました。

ですが、ドネツク州周辺の13の遠隔地の村々では
公共の交通手段はすべて運行休止し、
買い物に出られないというだけでなく、

基本的な社会インフラである
医療や社会・行政サービスなどのアクセスから
完全に切り離された日々が続いていました。

そこでアドラは、
このような遠隔地の村々をつなぐ
巡回バス支援をスタートしました。

この事業は6月に始まったばかりですが、
ドネツク州周辺の三方面へそれぞれ
週1回ずつバスが運行します。



Slide11.JPG


このバスを利用したラリーサさんは、

「アドラの巡回バスの提供により、
ようやく町に出ることができました。

この村に住むほとんどの住民は年金生活者です。
自分たちの少額な年金では、
高額なタクシーを頼むことはできません。

でも、村には何もないので、
私たち高齢者でも村役場や病院へ行くためには
出かける必要があるんです。

お店にだって行く必要があるのよ。
ほら、私はアイスクリームも
買うことができたの!」

と嬉しそうな笑顔で話してくれました。



Slide12.JPG


村長のマリーニチさんは、
このバスの利用者の管理を手伝いながら、

「多くの人々が安全を求めて移動し、
残されたお金は1銭たりとも無駄にできない
この状況下で、アドラの巡回バス支援は
タイムリーに人々が必要としている支援です」

と重要性を語ってくれました。


同様のニーズは他の地域でも高いため、
アドラはこの支援の手を広げられる方法を
検討しています。

これからも一人ひとりに寄り添い、
活動を続けていきます。

皆さまの温かいご支援に
心より感謝いたします。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



PEACE WALK 参加者500人募集中!
参加費無料で1人当たり最大1600円の寄付になります。
参加登録はこちらから



Picture1.png

https://congrant.com/jp/peacewalk/index.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:31 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/15) 写真でつなぐウクライナ応援。国際NGOがチャリティグッズやウクライナカラーの写真をTwitterで募集開始 [2022年06月15日(Wed)]
告知画像5案.jpg

認定NPO法人ADRA Japan
(アドラ・ジャパン、所在地​:
東京​都渋谷区神宮前1−11−1)は、

2022年6月15日(水)から
7月14日(木)まで、
ウクライナ支援のチャリティグッズや
ウクライナカラーの写真を
Twitterで募集します。

応募方法は特定のハッシュタグをつけて
Twitterに投稿するだけ。

写真に込められたウクライナを
応援している方の想いを
1本の動画につなげ8月に公開。
ウクライナの支援地へも届けます。


2022年2月24日にウクライナの情勢が
著しく悪化してから3か月以上が
経過しています。

平穏な生活が突然奪われた状況に
多くの方が心を痛め、
今も、何か力になれることはないかと
探している人は少なくありません。


アドラ・ジャパンは、
現地ウクライナ支部や
周辺国のアドラ支部と連携し、

ウクライナ危機の影響を受けた方に
寄り添う支援を 
迅速に開始・継続しています。

現場では命をつなぐあらゆる支援が
必要とされている中、
多くのご寄付が寄せられると同時に、

さまざまな企業や団体から、
ウクライナへの支援を目的とした
チャリティグッズが販売されており、

多くの方がウクライナの方への
思いやりや平和を思う気持ちを、
募金やチャリティグッズの購入
という形で表現されています。


アドラ・ジャパンへは、活動への
応援メッセージと共に

「チャリティ企画の支援先に
アドラを選びました」という声や、

「チャリティグッズの購入で
初めて親子でお揃いの品物を購入した。
せっかくなのでSNSに投稿できるような
キャンペーンなどしてほしい」
という声も寄せられています。


そこでアドラ・ジャパンは
SNSを使うことで、活動資金という
「お金」だけでなく、
平和を願う日本の皆さんの気持ちも

ウクライナの方に届けることができる
と考え、特定のハッシュタグをつけて
写真をTwitterに投稿する
キャンペーンを開始します。


Twitterに投稿された画像は、
アドラ・ジャパンのボランティアメンバー
を含む広報チームが
1本の動画に編集してSNSに投稿し、

また現地で活動を続ける
ウクライナチームにも届ける予定。

動画は2022年8月24日(水)
までの完成を目指しています。


キャンペーンには、
ウクライナ支援のために募金をした方、
チャリティーグッズを購入した方、

そのほかウクライナの方々の支援や
平和を願う気持ちがある方なら
どなたでも参加可能です。

チャリティグッズを
購入されてない方でも、
ウクライナカラーの背景やアイテム、
平和へのメッセージだけの
投稿でも大歓迎です。

Twitterへの投稿企画であるため、
参加費等は不要です
(インターネット接続料等は
自己負担となります)。


参加方法は、
チャリティーグッズや
ウクライナカラーの入った写真を、

2022年7月14日(木)までに
ハッシュタグ
「#ウクライナカラーの写真で参加」
をつけてTwitterに投稿するだけ。


企画の詳細につきましては
下記リンクの企画募集要項にて
ご確認いただけます。
多くの皆さまの
ご参加をお待ちしております。


【「つながる!
ハッシュタグキャンペーン 
#ウクライナカラーの写真で参加」概要】

写真募集期間:2022年6月15日(水)
〜7月14日(木)23:59まで

動画投稿予定日:2022年8月24日(水)

参加費:無料(インターネット接続料、
および通信料は投稿者の
ご負担となります。)
企画募集要項:
https://drive.google.com/file/d/1jsL-Xgy4HiWu0V5u0SADkcKXHvQX7tZD/view?usp=sharing

このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 14:09 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/12) ウクライナでの心のケア。心理カウンセラーよるサポートプログラム [2022年06月12日(Sun)]


今でも終息が見えず
激しい戦禍の続くウクライナでは、
物資や避難などの物理的な支援に加えて
精神面でのサポートも多く必要とされています。

アドラは避難生活を続けている方々の
心のケアにも取り組んでおり、
6月5日にはキーウにて、
大人向け、子ども向けそれぞれの
サポートプログラムを実施しました。

この日のプログラムには、
200人以上の方々が参加し、大人も子どもも
楽しみながら心のケアにつながる
活動に取り組むことができました。



Slide13.JPG


大人を対象にしたプログラムでは、
心身の健康を保つ秘訣を
楽しみながら学べるように設計しており、

血圧測定、身長、体重測定のほか、
食べ物の試食やストレスに効く
マッサージも提供しました。

また、心理カウンセラーによる
幸せホルモンにについてのレクチャーや、
不安な感情がでてきたとき、
心が動揺しているときに役立つ
エクササイズやその実践のコツなどを伝える
簡単なトレーニングを実施しました。



Slide12.JPG


子どもたちを対象にしたプログラムでは、
さまざまな楽しいワークショップや
アニメーションゲームのほか、

フェイスペイントやシャボン玉、
プレゼントが当たる抽選会など、
楽しい企画を盛りだくさん用意し、
子どもたちに楽しい時間を
過ごしてもらえるよう工夫しました。

子どもたちには、別の日の
プログラムの案内もし、
遊ぶ約束を楽しみに待つワクワク感も
持ってもらうこともできました。



Slide14.JPG


アドラは、皆様からのご支援により、
命をつなぎ、笑顔を取り戻すあらゆる支援を
届けることができています。


今後も引き続き、
ウクライナの方々に寄り添い
必要とされている支援に
取り組んでまいります。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



PEACE WALK 参加者500人募集中!
参加費無料で1人当たり最大1600円の寄付になります。
参加登録はこちらから



Picture1.png


https://congrant.com/jp/peacewalk/index.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 17:21 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/10) ユニセフと協力して子ども達への支援をおこなっています [2022年06月10日(Fri)]


ウクライナ危機から3か月以上が経ちました。

国連人道問題調整事務所(UNOCHA)の報告によると
6月8日現在、約680万人が国外に避難し
約710万人が国内での避難生活を余儀なくされています。

ウクライナ西部にあるトランスカルパティア州は
比較的安全な地域であり、
危険を逃れて避難してきた多くの家族が生活しています。

この中には多くの子どもたちも含まれているため、
アドラはユニセフ(UNICEF:国連児童基金)と
協力し、トランスカルバティア州にて、
子どもたちを対象にした支援をはじめました。



Slide10.JPG


2月の情勢悪化から、緊迫した状況の中、
不自由かつ不安定な避難生活を強いられてきた
子どもたちは今、心のケアと必要としています。

何よりも大切なのは、子どもたち一人ひとりが
何も心配せず、子どもらしく過ごせる時間を
少しでも取り戻すことです。

私たちは活動を開始した最初の一週間で、
避難している子どもたちが過ごしている
幼稚園や学校を対象に、

応急処置セットや衛生用品などの
保健衛生に関連する物資と、
乳幼児期の子どもの発育を支える玩具や、
文房具、遊具などを提供しました。



Slide9.JPG





Slide8.jpg


支援物資を受け取った子どもたちは
ワクワクしながら新しい文房具や玩具の
パッケージに手を伸ばし、
目を輝かせていました。



皆さまの温かいご支援により
さまざまな組織とも連携しながら
ウクライナの方々に必要な支援を
届けることができております。

心より感謝いたします。


(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。



E794BBE5838F1-thumbnail2.png


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 19:01 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
(6/8) 国連世界食糧計画(WFP)と協力してウクライナの方々に食料を届けています。 [2022年06月08日(Wed)]


ADRA_UkraineResponse_WFP1.jpg



ウクライナ危機から3ヶ月以上が経ち、
ウクライナの方々は今もなお
危険と隣り合わせの日々を過ごしています。

また、長引く砲撃により多くの町は破壊され、
人々は生活に必要な食料や物資が手に入らず、
苦しい生活を強いられています。


アドラは国連世界食糧計画(WFP)と協力し
ウクライナ危機の影響を受けている方々へ
食料を届けています。



これまでにキーウ、スームィ、
チェルニーヒウ、ポルタヴァ、オデーサ、
ザポリージャ、ムィコラーイウ、
ドニプロペトロウシクの8つの州で

パンを225万本以上配付したほか
パスタ、白米、缶詰、調理油、塩などを含む
食料キットを3,188セット、
合計265トン届けました。


ADRA_UkraineResponse_WFP2.jpg



オデーサ州とスームィ州では、、
新たに、生後6か月から23ヵ月の赤ちゃんを
対象にした食糧支援も開始しました。



さまざまな組織と連携することで
アドラだけでは実現することができない
支援を届けることができ、感謝しています。


このようにウクライナの方々に
必要な支援をお届けできるのも
皆さまからいただいている
温かいご支援のおかげです。

心より感謝いたします。



(文責:広報・マーケティング担当 永井温子)



【〜ご案内〜】
友達を助けるように
被災された方や難民の方に寄り添う
「ADRAフレンド」募集中!

アドラでは、世界各地での支援活動を継続的に
支えてくださるADRAフレンドを
募集しています。


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

画像1.png


詳細とお申し込み方法は以下のリンクから
ご覧いただけます。

https://www.adrajpn.org/ADRAFriend/Friend.html?blog


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 16:36 | ウクライナ緊急支援 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ