CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 総務部 | Main | 協賛企業募集»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
記事カテゴリー
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(1/19) 1月15日〜21日は「防災とボランティア週間」。災害伝言ダイヤルを練習してみませんか? [2021年01月19日(Tue)]


こんにちは。

事業部の鈴木です。



皆さんはどのような年末年始をお過ごしになったでしょうか。

私は、帰省を自粛したために比較的時間がありました。

この機会に災害時の「家族の安否確認」ができるよう、災害伝言ダイヤル(171)を体験してみることにしました。



災害伝言ダイヤル(171)とは、地震、噴火などの災害の発生によって被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供が開始される声の伝言板です。

電話でメッセージを録音する以外に、災害用伝言板(web171)というインターネットで伝言の登録や確認ができるシステムもあります。



<災害伝言ダイヤルの詳細はこちらをクリック>




災害伝言ダイヤルでは、災害発生に備えて利用方法を事前に覚えられるように、体験利用日が設けられています。

正月三が日も体験利用日だったので、私はそれを活用しました。

トライしたのは夫と、同居をしている私の母です。



私は仕事で以前に災害伝言ダイヤルを体験したことがあったので、大体の流れを把握できており、録音・再生ともに手間取ることなくできました。



しかし母は、


「被災地の方はご自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。被災地以外の方は連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルして下さい。」


というガイダンスが瞬時に理解できず、すぐに次の操作に入ることができませんでした。



<災害用伝言ダイヤル(171)伝言の録音方法はこちらをクリック>



母は私が最初に録音した、


「会社にいます、無事です。帰宅できそうならまた連絡します。」


というメッセージを確認することはできましたが、その返答として


「わかりました。気を付けてください。」


という返事を残していました。

このメッセージでは、母が生きているということは分かるものの、職場から帰宅できずにいる私や夫としては、もっと多くの情報を知りたい状況にあります。

そこで母に対して、自宅がどうなっているか、自分自身が無事なのかどうかも知りたい録音して伝えてほしい、というリクエストをしました。



また、保育園に通っている子どもを誰が迎えに行くかという話し合いもしました。

地方に住む夫の家族にも、東京が被災した場合は災害伝言ダイヤルに録音したメッセージを聞いて、私たちの状況を把握してほしいと伝えることもできました。



実際に災害が起きパニック状態に陥った中で、まず災害伝言ダイヤルの存在を思い出し、更に活用するためには、事前に体験をしておくことがとても有効だと感じました。

メッセージを録音する前に進行のイメージを持つことができ、頭の整理と心の準備が可能となります。



【災害伝言ダイヤル体験利用提供日】
・毎月1日,15日 00:00〜24:00
・正月三が日(1月1日00:00〜1月3日24:00)
・防災週間(8月30日9:00〜9月5日17:00)
・防災とボランティア週間(1月15日9:00〜1月21日17:00)



1月15日〜21日は「防災とボランティア週間」で、災害伝言ダイヤルを1週間体験できます!

みなさんもこの機会に、大切な家族や友人と災害伝言ダイヤルを試してみてはいかがでしょうか?



<災害用伝言ダイヤル(171)体験利用についてはこちらをクリック>



(執筆:事業部 鈴木知子)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:52 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)
(1/17) 1月17日は防災とボランティアの日 [2021年01月17日(Sun)]


1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災。

あの時、たくさんの方々が「自分にできることを」との思いから、ボランティアとして現場に駆けつけました。

その数は1年間で137万人とも言われています。

そのため、1995年は「ボランティア元年」とも呼ばれています。



2011年3月11日に発生した東日本大震災ではさらに多くのボランティアが全国各地から駆けつけ、定期的に何度も現地に通う人や長期滞在して活動する人もいました。

災害ボランティアの内容も泥出しや片付け、炊出しだけではなく、看護、鍼灸、美容などの専門性を生かしたボランティアから誰でも参加できるサロン活動や足湯ボランティアまで様々でした。



そして昨年、私たちの生活環境がここまでかわると想像もしていなかった新型コロナウイルス感染症流行下で、令和2年7月豪雨が発生しました。

ボランティアは地域内の限定募集となり、私たちのような県外から被災地へ入りたいと考える支援団体も、当初は慎重な姿勢をとらざるを得ませんでした。



今回、令和2年7月豪雨の被災地における復興の遅れが生じているのは、ボランティア数が少なかったからだという声も一部では聞かれます。

2019年の台風19号により全国各地の広範囲に被害が及んだ際も同様で、ボランティア不足が一部で問題視されました。

確かに、ボランティアの力は非常に大きく、人手としてだけではなく、ボランティアが現地を訪れるだけで住民の方々が勇気づけられるという側面もあります。

しかし、ボランティア不足を問題視することについて、特に毎年のように災害ボランティアに参加している人からは複雑な想いが聞かれました。

というのは、ボランティア活動は、その語源が示すように、「自分自身の意志をもって始める活動」であって、誰かに強制されて義務として行うものではないからです。



ADRA Japan としては、コロナ禍において活動が制限されることを思うともどかしい気持ちになりますが、これまで災害ボランティアに参加してきた方々の想いが途切れないよう、また、まだ参加したことのない方々にもボランティア活動の素晴らしさを感じていただくことができるよう、機会を作っていきたいと考えています。



1_ADRA_東日本大震災.jpg


(東日本大震災被災者支援活動における炊出し)



2_ADRA_熊本地震.jpg


(熊本地震被災者支援活動における看護師による避難所巡回)




3_ADRA_佐賀_九州豪雨.jpg


(秋雨前線による豪雨で被災を受けた佐賀県での足湯およびサロン活動)




4_ADRA_鋸南_台風15号_台風19号.jpg


(2019年の台風15・19号で被害を受けた千葉県鋸南町での作業)




5_ADRA_令和2年7月豪雨_熊本_修繕_vol2.jpg


(令和2年7月豪雨の被害を受けた家屋の床の修繕作業)




今年もまだコロナ禍は続きそうです。私たち一人ひとりに何ができるのかが、今、問われているのかもしれません。

皆さんと一緒に、できる支援を増やしていきたいと思います。


(執筆:国内事業課 三原千佳)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 07:00 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)
(10/16) 明日10月17日は貧困撲滅のための国際デー [2020年10月16日(Fri)]


明日、10月17日は国際連合が制定した「貧困撲滅のための国際デー(International Day for the Eradication of Poverty)」です。

今日はADRA Japanが教育環境改善活動を行っているジンバブエから、貧困撲滅について考えてみたいと思います。



世界銀行によると、ジンバブエにおいて1日1.90ドル未満で生活する最貧困層は2011年の21.4% から2019年には40% まで上昇し、2020年には経済状況や失業等によってさらにこの割合は上がるだろうと言われています。



ADRA Japan が教育支援事業を行っているゴクウェ・ノース地区は、特に貧しく、多くの家庭が十分な収入を得られないため、子どもの学費を支払うことができていません。

それにより、学校の収入も減り、学校を運営する学校開発委員会の活動は制限されています。

ADRA Japanはこの地区の3つの学校にて収入を確保するための生計向上活動を支援しています。

今回はその生計向上活動について、現地スタッフのJoseph John(ジョゼフ ジョーン)が紹介してくれます。



@Joseph_John.jpeg


「Joseph John」:アシスタント フィールドオフィサー
*彼のADRAでの仕事に対する思いについては、バックナンバーのブログ「ADRA Zimbabweで働くスタッフたちの想い」を参照してください。




ゴクウェ・ノース地区は、ジンバブエのミッドランド州ゴクウェ・ノースにある行政区です。

同地区は綿花栽培が盛んで、この地域の多くの人が綿花栽培で生計を立てています。



A綿花の様子.JPG


(ゴクウェ・ノース地区の綿花)



ゴクウェ・ノース地区は雨季もありますが、一年を通じて暑く、乾季は特に気候が厳しいです。

ADRA Japanは、この地区のクシンガ、チリサ、ネニュンカという3つの小学校で活動をしています。

これらの学校は、政府からの資金援助がほとんどなく、子どもの保護者の多くが貧困のため学費を支払えません。

その結果、学校は教育インフラを整備する資金が不足しており、子どもたちは枝や土でつくられた小屋や木の下などで授業を受けています。

そのため、ADRA Japanは、教育支援の一環として、学校独自で校舎建設や教材の購入など教育環境が改善できるように活動をしています。

今回は学校の生計向上を目的とした養鶏・養卵活動のためにブッシュベルトと言われる種類の鶏を学校に搬入しました。



B養鶏場の様子@.JPG


(養鶏場の様子)




ブッシュベルトは、養卵用とされる現地の土着の鶏で、厳しい環境にも耐え、比較的少ない飼料でも生き延び、病気にも強いという特徴があります。



C養鶏場の様子A.JPG


(養鶏場の様子)




しかし、学校側はロードランナーと呼ばれる放し飼いの鶏には慣れていましたが、より管理が必要なブッシュベルトの養卵には慣れておらず、管理が十分でないことなどから鶏が病気で死んでしまうということもありました。

鶏の病気には現地の伝統的な薬を用い、また、鶏の世話についての研修も行った結果、管理の仕方は大きく改善されました。

この養卵による収入で、校舎等の建設に使う砂利を運ぶためのトラックを借りることも出来ました。



D砂利の採取.jpg


(砂利を運ぶためのトラック)




更に、この養卵による収入で、学校のセキュリティも強化されました。以前は資金がなく警備員を雇うことができませんでしたが、収入が増えたことで雇用が可能となり、子ども達がより安心して学べる場となりました。

また、学校開発委員会は、特に財務管理の知識がないため、学校財務管理の仕方も含めて、学校の運営管理能力強化のための研修も行いました。

この研修により、学校開発委員会は定期的に会合を持つようになり、学校の発展のために何を購入すべきか、どのように養卵事業を運営すべきかなど教育環境改善のための具体的な活動に取り組むようになりました。



E店先に並ぶ卵.JPG


(店先に並ぶ卵)




特筆すべきことは、学校は地元の市場や店で卵を売って得た資金で、ヤギも飼い始めたことです。

卵は10個で1ドルですが、ヤギを飼育して売れば、より収入が増え、その資金で学校を開発していくことが出来ます。

これは、養卵によって、しっかりとした収入の基盤が出来たからこそなし得たことと言えます。

支援対象の3つの学校は、以前とは違って、先生も子ども達も活き活きとしています。



Fシアクーバ・ティノテンダさん.JPG


(養卵の鶏を笑顔で抱く特別学級の保護者(養卵事業の管理に関わっている))
 



G購入したヤギ.JPG


(購入したヤギ)




コロナ禍の影響で、ジンバブエの教育環境改善活動は制限された中での実施となっていますが、9月末には最高学年から学校が再開されるなど、状況は少しずつ改善されています。

学校再開後も、生計向上活動で得た収入を使いながら、子どもたちが安心して学べるよりよい教育環境を、学校開発委員会が中心になり作っていってくれることを我々は信じています。



引き続き、ジンバブエの人たちの生活が改善されるように活動していきますので、どうぞご支援をよろしくお願いいたします。

是非、質問やコメントがありましたら、下記のコメント欄に投稿をお願いいたします。

また、ADRA Japanはスタッフ用ツイッターである「ADRA Japan(アドラ・ジャパン)スタッフ」を開設しましたので、フォローをお願いします。


※この事業は、皆様からのご寄付のほか、日本NGO連携無償資金協力の助成も受けて実施しています。



(日本語訳・執筆:ジンバブエ現地事業責任者 小松 洋



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 11:04 | 今日は何の日? | この記事のURL | コメント(0)
(10/6) 10月6日は国際協力の日 [2020年10月06日(Tue)]


皆さん、こんにちは!

10月6日は何の日か知っていますか?



正解は、日本が定めた『国際協力の日』です。

1954年、日本が初めて国際協力の援助国として、アジアや太平洋地域の国々を支援する国際組織「コロンボ・プラン」に加盟した日が10月6日でした。

今回は、国際協力に関連したトピックとして、世界の難民数とADRAが実施しているエチオピアでの難民支援についてご紹介します。



現在、住み慣れた場所から避難を余儀なくされている人々が世界に何人いるか知っていますか?



2019年末時点で7,950万人です。

これは日本の人口の60%以上になります。

このうち、母国を離れ、国外に避難している難民は2,600万人います 。

特に多くの避難民が出ている国はシリア(556万人)、アフガニスタン(237万人)、南スーダン(225万人)などです。



ADRA Japanは2014年からエチオピアで南スーダン難民への支援活動をしています。

南スーダンは2011年7月にスーダンから独立しました。

しかし、大統領(ディンカ族)派と副大統領(ヌエル族)派による政府内の派閥抗争から民族間の争いのような状況となり、2013年以降に数万人の死者と190万人の国内避難民、200万人以上の国外避難民を出しました。

その後は停戦合意とそれを覆す戦闘が繰り返され、2018年6月にようやく恒久的な停戦合意がなされ、2020年2月に暫定政権が発足しました。



ADRA Japanは、9月から南スーダンと国境を接するエチオピアのガンベラ州クレ難民キャンプで衛生状況を改善するための活動を行っています。

エチオピアには現在、約35万人の南スーダン難民がおり、2020年になってからも1万人以上の南スーダン難民が流入しています 。



写真1 クレ難民キャンプ_logo.jpg


[エチオピアと南スーダンの国境近くにあるクレ難民キャンプ]




クレ難民キャンプには約45,000人の南スーダン難民が暮らし、女性と子どもが人口の約80%を占めています 。

キャンプは開設から6年が経過し、長く使用できる衛生施設が必要となっています。特にトイレは、排泄物を一か所にまとめるので、野外排泄による感染症を防ぐことができます。

ADRAは、キャンプ開設後に設置されたプラスチック製の公共トイレから、難民の世帯ごとのトイレへの移行をサポートをしています。

女性と子どもにとって、公共トイレや野外排泄には安全上の危険がありますが、家から距離が近く、施錠ができる世帯トイレはこれらのリスクを軽減することもできます。 



写真2 世帯別トイレ_logo.jpg


[過去事業で建設した世帯ごとのトイレ]




難民はこれまでに住んでいた村の生活習慣から、手洗いをしないことや野外で排泄をしてしまうことが課題です。

さらに、新型コロナウイルス感染症が拡大しており、エチオピア国内の感染者数は7万人を超えています。難民キャンプ内での感染拡大を予防する必要があります。

そこでADRA Japanは、世帯トイレの建設と新型コロナウイルス対策手洗いキャンペーンなどの衛生啓発活動により、難民キャンプの衛生状況を改善し、住民がより衛生的な生活を自立的に送れるように支援を行っていく予定です。



写真3 手洗キャンペーン_logo.jpg


[過去の手洗いキャンペーン]
※ソーシャルディスタンスを保った上で、活動を実施する予定




世帯トイレの設置では技術のある難民がトイレの建設作業を行い、穴の掘削作業は難民がボランティアで行います。

また、衛生啓発活動では難民たち自身がキャンプ内で積極的な推進を担っています。

こうした難民の活動参加により、難民が自身の能力を高め、避難生活が長期化する中で、支援に依存してしまうことを防ぐことができると考えています。



これからもADRA Japanは難民キャンプの衛生環境の改善に努めていきます。

皆さまからの温かいご支援・ご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。


*本事業は皆さまからのご支援とジャパン・プラットフォームの助成金で実施しています。


(執筆:エチオピア事業担当 鈴木昌則



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 09:40 | 今日は何の日? | この記事のURL
(9/21) あなたにとって「平和」とは何ですか? 〜今日は国際平和デー〜 [2020年09月21日(Mon)]


本日、9月21日は国際平和デー(International Day of Peace)です。

国際平和デーは、国連が国際平和を祈念し、推進していく日として制定した「停戦と非暴力の日」です。



なぜ9月21日なのか、知っていますか?

国際平和デー提唱者のジェレミー・ギリー(Jeremy Gilly)さんは、



「私の祖父は戦争捕虜として長崎にいました。

国際平和デーを21日にしたのは、祖父の友人で長崎から祖国に帰ることができたのが
21人だったからです。

祖父と日本は、自分に平和へのインスピレーションを与えてくれた存在です」



と話しています。



「平和」に関して改めて思いを巡らせる機会は、日々の生活を送る中ではあまりないかもしれません。

また「平和」と聞くと、どこか遠い世界、もしくは過去のこと、と身近に感じにくいと思う人もいるかもしれません。

しかし、国家間の紛争も、内戦も、その火種となった暴力も、発端となった出来事は些細なことだったりします。



「平和教育」「平和構築」などの単語を頻繁に使う仕事をしていても、いかに家族や友人、自分のごく身近にいる人たちと平和な関係を築くこと、あるいは自分の中に平穏な心を保つことが難しいことであるか、時として大いに実感します。

でも、国際平和は結局のところ、そのような個人個人の平穏・平和から繋がり、作られていくものだと思います。



あなたにとって「平和」とは何ですか?



私たちが教育事業を行っているジンバブエとミャンマーの子どもたちに、「あなたにとって平和とは?」と投げかけてみました。



1._Mibsomme_Siamatuミブサム・シアマトゥ.jpg


「平和とは、有力者がその地域で私欲のために権力をふるわず、人々が抑圧を受けることなく住めること。平和であれば、人は制限を受けることなく、働きたい場所で働くことができる。」
ミブサム・シアマトゥ(ゴクウェ・ノース、ジンバブエ・17歳)




2._Chrystabel_Gonkaクリスタベル・ゴンカ.jpg


「平和とは、何の問題もなく他の人たちと一緒に住めること。そして、外部からの妨害を受けることなく、教育を受けられること。」
クリスタベル・ゴンカ(ゴクウェ・ノース、ジンバブエ・17歳)




3._Ashely_Ncubeアーシリー・ヌベ.jpg


「平和とは、紛争のない自分たちのコミュニティに住めること。そして、必要なときに、両親から無制限の援助を受けられるとき、平和を感じる。」
アーシリー・ヌベ(ゴクウェ・ノース、ジンバブエ・15歳)




4._Naw_Kit_Kit_Pawノー・キ・キ・ポー.jpg


「私にとって平和とは、戦争がなく、逃げ惑う必要もなく、どこにでも自由に行くことができて、平穏に暮らせる世界。」
ノー・キ・キ・ポー(ヤンゴン、ミャンマー・14歳)




5._Saw_Bwe_Mooソー・ブウェ・ムー.jpg


「平和とは、自由に、何の心配もなく暮らすことができること。」
ソー・ブウェ・ムー(ヤンゴン、ミャンマー・13歳)




住む場所、置かれている環境が違えば、平和の捉え方も違います。

それぞれが思う「平和」は人の数だけあると思いますが、それでも暴力のない世界、紛争のない世界を望む気持ちは誰でも一緒ではないでしょうか。



未だに争いが絶えないこの世界において、一日でもそのような国に平和が来ることを願い、そしてまずは身近な人たちとの関係から、平和を築いていく、そのような気持ちを新たに、個人としても団体としても活動を続けていきたいと思います。


(執筆:ミャンマー/ジンバブエ事業担当 堀 真希子)


ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 07:49 | 今日は何の日? | この記事のURL
(9/1) 9月1日は「防災の日」です [2020年09月01日(Tue)]


9月1日は「防災の日」です。

この9月1日という日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生して死者・行方不明者10万人以上を出した関東大震災に由来しています。

日本は自然災害が多い国です。

地震に加え、近年は毎年必ずと言っていいほど水害や台風など自然災害に見舞われています。



人吉市被災状況-2.jpg


[令和2年7月豪雨の被害を受けた熊本県人吉市の様子]




災害が起きると「あぁ〜、今回は大丈夫だったけど備えをしないといけないな」
と思う方が多いと思いますが、結局後回しになっていませんか?
 
私たちは、災害による被害をゼロにすることは出来ませんが、
努力をすれば被害を最小限に抑えることはできます。

「自らの安全は自ら守る」ことを基本に、
家庭の災害への備えを点検し、災害時の安全対策を確認しましょう。



今回は「備蓄のおすすめ3つ」を紹介します。



おすすめ1)「自分や家族に合ったもの」を揃える



食べ物には好き嫌いがあったりやアレルギーがあったりします。

非常食セットなどはお手軽ですが、嗜好にあわないと美味しく食べることもできません。

また、アレルギーがあれば症状を引き起こす要因にもなってしまいます。

またご家庭に乳幼児や高齢者がいらっしゃる場合には、食べるものだけでなく服装や道具などについても考慮が必要です。

利き手や体の大きさなども考え、自分たちにとって使いやすいものを揃えると良いでしょう。

防災用品セットや非常食セットに入っている品物を参考にしつつ、自分や家族に合ったものを併用して準備することをお勧めします。



match_20200116161305-00406.jpg




おすすめ2)ローリングストック法を実践する



ローリングストック法とは文字通りストック(備蓄)をローリング(回転)させることで、備蓄品を常に使用期限内に保つ方法です。

つまり、備蓄した食料を、食べた分だけ買い足していく方法です。

また、定期的に消費して、買い足すことでも備蓄に替えることができます。

非常食を普段の食事に活用しながら買い足していく方法もありますが、ここでは「家にある食料のローリングストック法」について、一般的なご家庭向けの例をご紹介します。



一般的なご家庭では普段から冷蔵(凍)庫にご飯や食パン、野菜、果物、肉・魚、冷凍食品などが入っていると思います。

災害時に冷蔵(凍)庫にある食品を優先的に消費することで、数日分の食事を賄うことができます。



ローリングストック法で大切なことは、ご家族が食べ慣れている乾物、缶詰、インスタントヌードル、フリーズドライ食品、レトルト食品、お菓子、飲料水などを少し多めに購入しておくことです。

それも「在庫が無くなってから」購入するのではなく、「在庫が無くなる前に」買い足しておくことが重要です。

さらに大事なことは「古いもの(賞味期限が近いもの)」から使っていくことです。



foods.jpg




おすすめ3)料理ができるように準備する



ローリングストック法を実施することで食材を確保することができていても、火が無いと料理ができません。

特に冷凍庫の食材は安全のためにもしっかりと火を通す必要があります。

そのため、鍋料理に欠かせない「カセットコンロ」と「ボンベ」を備えておくと、キッチンでガスコンロが使えなくなってしまったときに役立ちます。





今回は備蓄のおすすめについてご紹介しましたが、日頃から家族の安否確認方法、避難経路、避難場所の確認(地図の作成)なども行なっておきましょう。



ADRA Japanでは、防災減災セミナーの講師派遣などのご要望にできる限りお応えしたいと思います。

ご興味のある方は、ADRA事務局までご相談ください。


特定非営利活動法人 ADRA Japan (アドラ・ジャパン)
東京事務局 Tel: 03-5410-0045



(執筆:国内事業課)



ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

Posted by ADRA Japan at 13:01 | 今日は何の日? | この記事のURL