CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 開発支援 | Main | 台風19号 被災者支援(2019年)»
ADRA Japan団体概要

ADRA Japanさんの画像
最新10記事
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事カテゴリー
https://blog.canpan.info/adrajapan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/adrajapan/index2_0.xml
(10/18)〜台風15号千葉県被災者支援〜 現地調査から今までの支援活動について [2019年10月18日(Fri)]


9月9日に関東に上陸した台風15号の勢力は関東としては過去最大級とも言われ、
関東全域に甚大な被害をもたらしました。

家屋は強風によって屋根瓦が吹き飛ばされるなどで損壊し、
30,000件以上の家屋に損害を及ぼしました。

また、千葉県内で送電塔2本と電柱84本が倒壊したほか
推計約2,000本の電柱が損傷した影響で、
停電や断水が2週間以上続く地域も発生しました。



2019年台風15号南房総支援_被害の様子4.jpg

2019年台風15号南房総支援_被害の様子3.jpg

2019年台風15号南房総支援_被害の様子2.jpg



ADRAは9月12日から、被害が大きい千葉県南部にスタッフ2人を派遣し、
現地調査と支援活動を開始しました。
12日は南房総エリアで調査をし、今後の支援に向けて調整をしました。



調査する小出さん.jpg

<他団体の支援関係者と情報交換。今後の支援に向けて調整>



また、袖ヶ浦市にある三育フーズさまが、自社も被災している中で、
食糧支援物資の提供をしてくださいました。

支援物資はボランティアの方を通じて南房総市の被災者へ配付しました。



9月14日には民間企業と市民団体が連携して
緊急支援を行うSEMA(緊急災害対応アライアンス)
の協力を受け、食料の配付を行いました。

オイシックスさまから野菜ジュース、日本ハムさまからレトルトカレー、
サラヤさまからスポーツゼリーをご提供いただきました。

支援物資は鴨川市の被災者にお届けしました。



支援物資.jpg

小出さん.jpg



9月15日からはADRAスタッフが
鋸南町の災害ボランティアセンターの運営サポートに入りました(現在も派遣継続中)。



9月18日には南房総市の協力のもと、
市内の建築会社や技術関係者の方々が
破損した屋根に安全にしっかりとブルーシート張りができるよう、
ADRA主催のブルーシート張り講習会を開催しました。

ブルーシート張りは高所作業のため安全確保が重要です。
千葉では個人で対応しようとして100件以上の転落事故がおきています。
更には材料と張り方によって3か月から1年持たせることができます。
材料を揃え、質の良い張り方が、結果として耐久性のある張り方につながり、
住民の方々の生活を守ることになります。

講師は災害救援活動をしているレスキューアシストの代表です。
1時間の座学と30分の実技講習に加え、30分の質疑応答を行いました。

建設会社や技術関係者の方々がブルーシート張りを学ぶことにより、
被災者からの依頼にしっかりと対応できるようになります。

これにより、ご自宅が被災された方々が高所で危険作業をする必要なしに
屋根からの雨漏りを防ぐことに繋がればと考えています。



南房総_ブルーシート張り講習_ADRA.jpg

南房総_ブルーシート張り講習03.jpeg



9月28日には、ブルーシートによる効果的な家屋の応急処置を実施しておられる
DEF災害エキスパートファームのスタッフを講師にお招きし、
自衛隊員向けの講習会を開催しました。



Skype_Picture_2019_10_17T06_49_23_459Z.jpeg

Skype_Picture_2019_10_17T06_50_09_598Z.jpeg

<地元の神社の屋根を修理する「集結」(消防士が中心技術系ボランティア団体)、
と一般ボランティアさん>



10月7日からはLDSチャリティさまの助成も受け、
十分な材料を揃えることができました。



ブルーシート等の屋根補修のための支援物資.jpg

ブルーシートかけ.jpg



10月12日に上陸した台風19号の影響は千葉南部地域では、
張られたブルーシートの多くが、はがれたり飛んだりしてしまいました。

現在は台風19号の影響ではがれてしまったブルーシート張り替え相談の
受付を開始しています。



ADRAは今後も被災を受けた地域のニーズを丁寧にくみ取りながら
事業を実施していきます。
皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。


【Yahoo!ネット募金(2019年台風15号 千葉県被災者支援用)】
 Tポイント1ポイントから、もしくは100円からご寄付可能です。 
  ★★★ https://donation.yahoo.co.jp/detail/5186003/ ★★★


◆クレジットカードでのご寄付
  http://www.adrajpn.org/kifu_creditcard.html

◆郵便局からのご寄付(寄付対象事業のご指定が可能です)
  口座番号:00290-2-34169
  加入者名:(特活)ADRA Japan

※通信欄には「台風2019」とお書きください。

◆銀行からのご寄付(寄付対象事業のご指定が可能です)
  銀行口座への振込をご希望の方は、お手数ですが以下の問合せ先へご連絡ください。

特定非営利活動法人ADRA Japan(アドラ・ジャパン)事務局
TEL: 03-5410-0045(平日のみ)
E-mail: support_adra@adrajpn.org
 

(執筆:国内事業課)




ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ

(10/16) 【緊急募金のお願い】台風15号・19号の被災者支援にご協力をお願いいたします [2019年10月16日(Wed)]


ADRA Japan は日本全土に大きな被害をもたらした
2019年台風15号および台風19号の被災者の方々に対する支援を行っています。



2019年台風15号南房総支援_LDSチャリティ支援物資.jpeg

<千葉県南部への支援物資>



ADRA  丸森町、柴田町、村田町社協 支援物資配付.png

<ぞうきんと「水害にあったときに」の冊子
(震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)作成)を
宮城県丸森町(左)、村田町(中)、柴田町(右)へ緊急配送>




2019年9月に日本を襲った台風15号は、
特に千葉県に大きな被害をもたらしました。

ADRA Japanは千葉県南部にスタッフを派遣し、
支援活動を行ってきました。

しかし、さらに追い打ちをかけるように、
先日の台風19号が東日本を直撃しました。

どちらも、数十年に一度と報道される極めて大きな台風であり、
特に台風19号による豪雨では関東から東北にかけて数多くの河川が氾濫してしまい、
甚大な被害が発生しています。

ADRA Japanは、既に支援を行っている台風15号の被災者支援に加え、
台風19号で被害を受けた地域への支援活動を開始しました。



活動の実施状況はブログやメールマガジン、SNSにて随時報告いたします。
皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。
 
 
◆クレジットカードでのご寄付(現在は団体へのご寄付のみ受け付けております)
  http://www.adrajpn.org/kifu_creditcard.html
◆郵便局からのご寄付(寄付対象事業のご指定が可能です)
  口座番号:00290-2-34169
  加入者名:(特活)ADRA Japan
※通信欄には「台風2019」とお書きください。

◆銀行からのご寄付(寄付対象事業のご指定が可能です)
  銀行口座への振込をご希望の方は、お手数ですが以下の問合せ先へご連絡ください。
特定非営利活動法人ADRA Japan(アドラ・ジャパン)事務局
TEL: 03-5410-0045 
E-mail: support_adra@adrajpn.org
 
 
・ADRA Japanは、認定NPO法人です。皆様からのご寄付は寄付控除等の対象となります。
・必要な支援活動を実施するためにご寄付のうち最大20%を運営費として活用させていただきます。あらかじめご了承ください。


難易度の高い屋根の補修作業(元データ)LP.jpg




ADRA Japanのホームページはこちらです

ADRA Japanフェイスブックページ

ADRA Japan Twitterアカウント


このエントリーをはてなブックマークに追加

   ブログトップへ

 ↓ 事業・カテゴリ別記事はコチラ ↓
最新ニュース南スーダンジンバブエアフガニスタンイエメンシリア難民ミャンマーネパール形成外科医療チーム緊急支援イベント情報・報告人材募集ボランティア募集事務局からのお知らせ